■これがクラブでかかってる

February 27, 2013

これがクラブでかかってる その15:ソノーラ・カルセーレス

今日は明るい曲調で人気のソノーラ・カルセーレスとアドレセンテス・オルケスタの代表曲を使って踊りましょう。

ソノーラ・カルセーレスはコロンビアのバンド。1960年前後のごくごく短い期間に流行したブーガルーを現代に蘇らせました。

ブーガルーは流麗で豊穣なマチートやティト・ロドリゲスのマンボに端を発しながらよりストリート感覚あふれるサウンドで、空き缶をチャンチャカチャンチャカ鳴らすような騒がしいリズム、メジャーの音階、英語とスペイン語の混在した歌詞が特徴です。ニューヨークのスパニッシュ・ハーレムに暮らしていた若者の日常をそっくりそのまま音にしたもの、と解釈すればよいでしょう。

ソノーラ・カルセーレスは当初ブーガルーを前面に押し出した曲作りをしていましたが、現在はコロンビア人好みの疾走感あふれるハイスピードサルサを何より得意にしています。

ソノーラ・カルセーレスの代表曲といえばなんといってもミカエラと・・・




カチョンデアでした。




そしてそれを上回るほどのヒットになったLa Salsa LLego。
スピード感溢れるコロンビアサルサダンスにぴったりのチューン。




今、代表曲といえばLa Salsa la Traigo Yoでしょう。これがかかればフロアは間違いなく爆発します。ソノーラ・カルセーレスはとにかく元気いっぱい、生命賛歌の気概に満ちあふれているのです。




そして曲が人気なのかPVが人気なのか・・・Al Son de los cueros。同じフレーズを延々と繰り返しながらトランスに持ち込んでいくことができるのはバンドの実力の証。





コロンビアの人々が女性の躍動的な美に対してどれほど肯定的であるかがわかります。この映像は一般的に人々がサルサを漠然とイメージするときの「あのあれみたいなヤツ」を体現した「夢のビデオ」と言えるかもしれません。

アドレセンテス・オルケスタはベネズエラのバンド。彼らについてはこちらをご覧ください。

それではスタジオでお会いしましょう!




salsaconsul at 16:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

February 24, 2013

これがクラブでかかってる その14・・・ビクトル・マヌエル第2回

ビクトルマヌエル










威勢のいい「えええええ〜〜〜〜っ」の掛け声で存在感を示すプエルトリコの兄貴。クラブで人気の曲をご紹介するこのシリーズ、第一回は2006年5月にこの人で幕を開けました。それから7年の月日が流れ彼のヒット曲は順調に増えています。

先日レッスン後の飲み会で生徒さんの好きな曲を鼻歌で教えてもらいました。そこに登場した一曲がビクトル・マヌエルでした。そんなわけで今日は「アニキの今」をテーマにお送りしたいと思います。ヒット曲の多さとコンスタントぶりで他の追随を許さない、まさに「働くお兄さん」といったところです。
続きを読む



salsaconsul at 22:38|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

February 12, 2013

「はい、そうです」

昨日飲んでいたら「Yes I do」の曲名は何かではまり、「"Yes I do"じゃないのか」「なわけないだろう」「"Crazy for you"はどうか」「検索がヒットしすぎてわからん」と場が荒れてきた。

そこで最近すっかり有名になっている「今かかっているこの曲は何か」を探すアプリ"Sound Found"を立ち上げて

それに向かってみんなで歌うのはどうか


ということになった。

この「みんなで」というのはもちろんサルサバンドのオーケストラっぽさを鼻歌の人数で表現する作戦である。

そこで冒頭の「パっ パラっ パラ パっ パっ パっ」をクラリネット?オーボエ?っぽいモコモコした声で歌ってみたが

ヒットせず

次に

I still love you baby, Yes I do!!


と高らかに歌ってみたが

10秒以上歌わないと探せないそうな。

すっきりしないまま会はお開きとなり

家でCDを探してそこでまたもはまって朝になりたくない自分は早々に車内でマイパッドと向き合った。

そしてあっさり"I still love you"であることが判明。皆さんご存知のこれ。誰もが"Yes I do! "と叫んで通じてしまうためタイトルがおざなりになる典型です。





くしくもこの記事は久しぶりの「これがクラブでかかってる」になってしまった。進行中のカテゴリに格上げである。


さて、今日はOn2の日でして、レッスンではたとえばこんな練習をしています。




「On1とOn2ってタイミングをずらすだけでしょ?」ときかれたときなんて説明すればいいんですか、と生徒さんによく聞かれるのですが

On1はマラカスやギロのような1/3/5/7を強調するリズムに焦点をあわせ
On2は2と6を強調するコンガに焦点をあわせた踊り方です

と説明しただけで「なるほど」と思っていただくわけにもいかないんだろうなと思い

「On2のステップには1のタイミング重視で躍る部分をしょっちゅう混ぜます。その行き来の妙が楽しい」

みたいな説明も一つありかな、と思ってます。On2が難しいといわれるのはおそらく「だからといって1のタイミングを使わないかといったらむしろよく使う」というところにあるんじゃないかと思うのです。

この練習はオープンシャインに入ってからパチャンガのムーブメントを用いて、そこからスイングを使ったポジションチェンジを行っています。

パチャンガもスイングもOn2ならではの作法です。

相方のELLIEちゃんのパチャンガタイムの腕の伸ばし方は相当よいです。ここまで自然にはなかなかできない。

ただしスイングは滑りました。ワハハハハと笑っているのはそのためです。

スイングにはみんな苦労しております。ワタシも。十分なポジションチェンジを満たすことがまずは重要ですが、最終的には回転の際体が宙に浮く感じを出したい。太ももふくらはぎ足首。腹筋背筋。まだまだまだまだー。

そんなわけで今日もがんばりましょーね。女性の飛び込み歓迎です。



salsaconsul at 14:47|この記事のURLTrackBack(0)

July 30, 2006

これがクラブでかかってる その13・・・ティト・ニエベス

「音楽は私の天職だとわかっていた」と彼は言い切る。

「どうすればファニアのメンバーに入れるのか。

そのことだけしか考えられなかった」


いまや彼を出せばみんながひっこむ。

ただしお腹はひっこまないぞ。

腹囲・貫禄・レパートリー 三拍子揃った

「サルサ界のジョーカー」・・・Tito Nieves

続きを読む



salsaconsul at 12:44|この記事のURLComments(0)

July 09, 2006

これがクラブでかかってる その12・・・ヒルベルト・サンタ・ロサ

新聞配達を二週間。

これが彼の人生における音楽以外の唯一の仕事だった。

「ジェントルマン・オブ・サルサ」

・・・Gilberto Santa Rosa


 

続きを読む



salsaconsul at 03:40|この記事のURL

June 27, 2006

これがクラブでかかってる その11:ジェリー・リベラ

20年も歌ってると、サルサも飽きるぜ。

 

「サルサ界のプリンス」「黄金の子供」

そしてそのまんま「童顔」

そのお顔のかわいらしさと父がミュージシャンという

サラブレッドぷりから、やっかみも含んだ様々な愛称を持つ

プエルトリカン・ボニート・・・Jerry Rivera

続きを読む



salsaconsul at 00:45|この記事のURLComments(0)

June 12, 2006

これがクラブでかかってる その9:モンキー&アレッサンドラ

バチャータ。

うんとこどっしょい、すんとこどっしょい、と

四拍子でひたすら左〜右〜左〜右〜と揺れるダンス。

技?必要ない。

リード?しっかりと胸にかき抱けばよ〜し!

「おばあちゃん、バチャータはどうしてそんなに
シンプルなの?」

 「赤頭巾や、それはね、な〜んにも悩まずお前を口説く
ことに集中するためさ」

 

 

続きを読む



salsaconsul at 01:27|この記事のURLComments(5)

June 09, 2006

これがクラブでかかってる その8:エディ・ヘレーラ

 「メレンゲも好きだよ」という言葉はどこか胡散臭い。

でも、この男の声で踊るメレンゲはときにサルサの

快感を凌駕する・・・Eddy Herrera

続きを読む



salsaconsul at 12:00|この記事のURLComments(0)

June 07, 2006

これがクラブでかかってる その7:オスカー・デ・レオン

 

母親の愛するキューバンミュージックをシャワーの

ように浴びて育ったベネズエラの少年は成長して

「歌う海坊主」になった---Oscar D'Leon。

   

続きを読む



salsaconsul at 12:55|この記事のURLComments(0)

June 05, 2006

これがクラブでかかってる その6:エディ・サンティアゴ 2006年7月8日訂正版:かかっちゃったよおいっ

 

Mr.へなちょこ:EDDIE SANTIAGO。
1980年代、ポップで優しい歌詞とメロディーを持つ
「サルサ・ロマンティカ」がシーンを席巻。
エディーはその骨のない歌声で一世を風靡し、この週末も
休むことなくフロアでパワープレイされている。

そのうちパワープレイされなくなって久しいあの一曲が

ついに今晩エル・カフェでかかったぞい!

訂正部分が黄色になってます。

続きを読む



salsaconsul at 23:00|この記事のURLComments(0)
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索