■SALSA FRESCA泣き笑い

September 21, 2018

明日土曜はポエタマ@銀座ラスリサスよ

イベントページのディスカッションで内容詳細いれてますのでご覧になってね。
https://www.facebook.com/events/193436514770731/?ti=cl

イベント続きパフォーマンス続きでなかなかにきついぞ、ここのとこの日々は。でもなんか第三期「ほんとに踊っとる」デイズに突入した感があり、突き抜けてしまえば気持ちいいともいう。今日は娘さん二人の家族ぐるみでベビーシットしてくれる人との出会いがありました。こういう人を探していたよ!おいどん、これは千人力と思った。勇気百倍働くので、みんな生まれ変わった私のとこに躍りにきてくれい。サルサのすごさをとんとお見せしたるってもんよーーー!!



salsaconsul at 22:18|この記事のURLComments(0)

September 08, 2018

明日は新宿レオンにてレッスンとアフター開催です

気にしないようにしようとは思っても肩を締め付けるような不安から解放され、今日は体が急に軽くなりました。北海道情勢はまだ予断を許しませんが、注視をしつつやるべきことはやらねばなりません。

さて、明日はレッスンとアフターとその後の飲み会まで開催します。オン2らしさ、おどりこなしにこだわってプログラムを組んでいきます。達成感、さっぱり感をお土産にお渡しできるようにがんばりますね!

最近こどものことをあまり書いていませんが、四月に幼稚園の年齢になりました。そこまでの一年で戸惑いと失敗と先の見えない暗闇のなかでもがき続けてきましたが、幼稚園になって今度は規律のプレッシャーにこどもが敏感に反応し、行きたくない泣き叫びとの新たな戦いとなりました。

夏になり、おや、おとなになったのではない?という出来事がいくつか続きました。

いま、幼児教育が非常に注目されているのは皆様ご存じのことと思います。とくに水泳とダンスを筆頭とする運動と、頭をよくするというピアノ、さらにバイリンガル目指しての英語は人気があります。

そのようななか、たったひとつ幼児期に教えるとすれば何がいいのかを私なりに毎日考え続けてきました。それは裏をかえせば、私自身が何をこの時期にできるようになっているべきだったかと同じことです。

毎日こどもとたたかい続けときに怒鳴り、最終的にわたしがこどもにひとつだけ授けておこうと決めたものは語学でも音楽でも運動でもなく、「片付け」です。使ったものをもとに戻すということです。これがこの子をおそらく幸せにすると、私には私なりの確信があります。片付けは脳の訓練であり、他人への思いやりに直結します。

私はいまになってそのことがとてもよくわかるようになった気がします。つまり、ものごとがつながっているということが。片付けられるようになったら、もう一人前です。あと十年くらいかかるかもしれませんが、私なんかよりうまくやれるようになったらまあ上出来なんじゃないかな。







salsaconsul at 20:48|この記事のURLComments(4)

ご報告

厚真の親戚と今朝ようやく連絡がとれました。町から出られないそうですがとにかく生きてました。これで私にも日常が戻ってきました。ああ、時間が長かった!!



salsaconsul at 08:30|この記事のURLComments(0)

September 06, 2018

北海道の地震

実家は無事でした。
引き続き親戚友人と連絡をとっていきます。
ご報告でした。



salsaconsul at 05:47|この記事のURLComments(0)

August 29, 2018

いま好きなこがいる人へ

320

一回ひとりでこの映画見に行ってください。
それから好きな子を誘ってもう一回行ってください。
きっと成就します!
あ、映画はしっかり予約してね。
映画のあとはしみじみできるカフェや居酒屋さんがおすすめです。

うまくいったら教えてね!



salsaconsul at 16:16|この記事のURLComments(0)

August 27, 2018

衝撃

先日のラスリサスポエタマの前日に、みんなへの呼び掛けフェイスブックを投稿した。

今日、それが「自分だけに表示」になっていたことを発見。

それでもあんなに来てくれてありがとう。
でももし、「全員に公開」してたら、あと数人気づいてくれたのかな。
出かけようって思ってくれたかな。
みんなもっと楽しめたのかな。

痛い。痛すぎる。



salsaconsul at 17:02|この記事のURLComments(0)

August 06, 2018

車のなか

土日の二日間をみっちりびっしり踊ってすごすと月曜日は足腰がたちません。
今日はこどもを保育園におくる気力もなく、半分眠ったままプリキュアごっこに付き合ってきました。これがダンスなんかよりはるかにハード。
こどもは車で三十分の温泉系銭湯がいたくお気に入りで、「○○の湯いこうか」と誘ってきます。やつのあせももひどいし、私こそあに点々をつけた「あ(点々)ーーーっ」と温泉につかりたい。
積み重なる雑用をやっつけようやく出発したものの、こどもは助手席で爆睡。日はとっぷりと暮れてきました。駐車場で目覚めを待ちます。



salsaconsul at 17:41|この記事のURLComments(0)

August 03, 2018

一応お知らせしておくね。次回の8/5(日)のレッスンはこんな感じ。

両手オープン持ちは双方の距離がとれるためもっとも緊張感の少ない組み方。これを単純に見せないペアワークのパターンを引き出しにいれておくことは、男女双方のストレスを低減します。On2においては、男性が女性のターンに素早く自らターンを加えたり、飾りの「見せコーム」を加えることで、この組み方を簡単には見せない工夫をします。このやり方に加えて、女性が最後に両手を頭において高速スピンをしてまとめるパターンをご紹介します。苦しくないのに華がある、実に「らしい」スタイルをお楽しみに!レッスン詳細はこちら

続いてKzとのレッスンもございます。そのご案内はこちら

どーしてくれんのよってくらい毎日あついですけど、エアコンきかせた部屋でラテンをきくのはたまりません。酒、酒、酒・・・!!!さて、今日はパソコンの手入れをしまくりました。おかげで漬物石のように重かったパソコンがめっちゃ身軽になったよ!!アイチューンのインストールし直ししてやっと音が出るようになった瞬間に今度はiPadとの接続受け付けないってどういうことよ!?発狂しそうなところ、ネットにあれこれヒントを書いてくださる奇特なブロガーさんたちの存在に感謝。今日は「ドライバーの更新」ていう、見たことも聞いたこともないジャンルにチャレンジしました。そして見事成功!今日という日に思い残すことはございません。涙。



salsaconsul at 16:32|この記事のURLComments(0)

July 27, 2018

くらいわたし

こっちはフェイスブックに対して裏リオです。もともと裏の方が得意で、まあそんなことはみんな知ってることですけど、フェイスブックって裏が許されない世界なのでますます私にこのような裏世界があってよかった。

ただし書けないんです。かつてここを子育てブログにはしないと宣言しました。さて、現実はどうか。やっぱきついです。その理由はひとことではいえないんですが、最近「これかな」と思う調査を見つけました。なんでいま子育てはこんなに大変なのか。それは親が少子化して、姉妹同士で子どもをめんどうみあうことがないからなんですって。ちゃんとデータがあるんですよ、これ。私はこれが一番ふにおちました。共働きよりもワンオペよりも何よりも。もともと人類は男も女も、いやむしろ女のほうこそ、働き者でした。男は古代から家事なんかしないしぷらぷらしとりましたよ。だから共働きとワンオペは別にいまに始まった特殊な状況じゃないです。たぶん。特殊なのは、女手が組んでないってことです。たぶんね。あーさっぱりしたっ!愚痴でした!

私、こないだ西船橋のFちゃんのおうちに泊めてもらったんです。パフォーマンスのあと打ち上げの時間が10分しかなくて、これってめちゃめちゃ自分遠いとこに引っ越したもんだと改めて思いましたけど、そしたら助け船してくれたのでお世話になりました。これがほんとに、楽しかったんです。パフォの話しながらだらんだらんシャワー使わしてもらってシーツしいてもらって。「なんかしてもらう」っていうのがほんとに久しぶりで。こんなに幸せなのかとおもいました。毎日の私は泣き叫ぶ子どもにしてあげっぱなしです。ご飯も私が口にいれてやらないと食べないことがあるくらいなんですね。でもそれは、私があまりにもいつも朝から晩まで働いているからで、子どもはそうしないと私がそばにいてくれないと知ってるから、作戦としてやってるのですよ。甘えるってのもまた子どもにとってのサバイバルであると、もう若くない自分にはよくわかる気がします。

やつが生まれたときは生徒さんたちが本当にたくさんの贈り物をくださいました。それを思うと、本当に私のちびすけは果報者だと思います。この間書いたゆうあちゃんのことです、いま頭にあるのは。あれからずっとその後の経過を追いかけています。署名運動が実り、いま虐待防止の体制が変わりつつあります。ゆうあちゃんのあの筆力が国を変えているところです。あの魂の手紙をみると、何か深いところからマグマのようなエネルギーがわいてくるように感じます。

わたしも毎日、書いています。実はこのブログがめったに更新できないのは、私が手書きの添削業務を請け負っているからなのです。毎日赤ポールペンで何千という単位で文字を書いています。肩も首も目もぼろぼろなんですけど、これをしないとダンスを続けることができないんです。よくわからない因果関係だと思われるとおもいますが、いまこの国で私がダンスを続けるにはこれしかありませんでしたし、始めたものはそうそうやめません。だからいまは1日に五人か六人に、魂の手紙を書いていることになります。私のひとことで、また書こうと思うか、もうやめたと思うか、わかれるのですから。

机から離れられないので、かつ車で遠方まで毎日送り迎えがあるので、とうとうすごく太りました。でもこれが生きるってことなんだと思います。ダンスを週6日やっていたときと同じ体重でいられるわけはないのです。そして私は、いま総勢11人からなるパフォーマンスチームを率いていて、ラスリサスとゾナリブレとレオンで仕事をさせていただき、ぎんさんからご縁をずっといただきながら、ほかのイベントにも出させていただける、本当に幸せな境遇におります。私のいまの立場は安泰です。

ただ、あまのくんとコッシー、なかやまくんとくららちゃんがとうとう東京にまた戻ってくるのです。みんなもう十年前とは全然状況が変わりましたが、それを知って何もしないようなわたしではやっぱりいられないような、いい意味での焦りを感じています。あのときのみんなはいま幸せだと私は知っていますが、しあわせの裏には、私のブログのような世界がひとりひとりに必ずあります。私はそれをねちねち発掘するのが好きなのです。やっぱり根が暗いんですね。このままでは終わりませんから、リオさんなんかやってくれないかなと思っているひと、そりゃあね。このままなわけありませんよ、暗い私は。





salsaconsul at 17:14|この記事のURLComments(0)

June 10, 2018

今日も皆様ありがとう!

雨のなかお越しくださって嬉しかったです。
レオンが週末のラテンクラブのアブノーマルな感じを見事にまとって、最高の午後でした。酒と音楽とサルサダンス。ほんとに、たまらない。

今日は、少しだけ救われたことがあるのです。

目黒の結愛ちゃんのこと、みんな知っていますよね。なんてことでしょう。かがやくような生きた証を残して。この一週間、結愛ちゃんのことがあたまから離れません。

私はずっと、サルサでなければこれをしたかったと思っていたことがあって、それが虐待にかかわる仕事がしたい、ということでした。

それには専門の訓練と、おそらく武道も必要だろうと、そういうことを幾度も考えました。若い頃にしっていればよかったことのふたつが、サルサと、虐待にかかわる仕事につく可能性を見いだすことの二つです。

もし臨床心理士の資格をとるように、具体的になにかを知っていれば、やっただろうと思います。でも悔しいことに私はそれに気づけなかった。そしていまはひとつの命をまもるのに精一杯で、勉強どころではありません。

だから、虐待のことを聞くたびに悔しいおもいにとらわれます。そして、どの仕事もそうであるように、人と協力できることが、自らを豊かにし、ひとを幸せにできる根幹だろうと感じています。

今日救われたのは、ラティーノから結愛ちゃんのことを言われたことです。あの手紙のことを知っていて、心を痛めていました。

日本の外にでると、父親が違う、母親が違うということを人々があまり気にしていない景色をよくみます。彼らが嫉妬のような気持ちを持ち合わせていないはずはないのですが、間違いなく過去にこだわらないタフネスを持ち合わせていることは感じます。

日本人は「血」にこだわりすぎて、幸せになれるのにあえてなろうとしない面倒くささをかかえこんでいるようにみえます。私にも、そういう要素はもちろんあります。でも、こだわりは使い方を間違うと自らを閉塞感に閉じ込めます。

結愛ちゃんが命と引き換えに残した詩を、まだ正視できません。私は弱い。

今日はみんなのおかげで、目一杯ダンスを堪能しました。でも、結愛ちゃんのこと、忘れたくても忘れられるはずがありません。

結愛ちゃん、ありがとう。あんなに美しい言葉を残してくれて。こどもが親のことどんなふうに思っているか、あれほどわからせてくれるものはないよ。いつか会いたいな、結愛ちゃんに。天国で美味しいものいっぱい食べて、結愛ちゃんの大好きなおとうさんおかあさんにいっぱい甘えてね。よく頑張ったね。結愛ちゃんはみんながなりたくてもそうそうなれない、最高のアーティストです。ほんとだよー!




salsaconsul at 23:34|この記事のURLComments(0)
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索