■SALSA FRESCA泣き笑い

February 16, 2019

ひとつのおわり

今日がそういう一日でした。

父が亡くなって、その後始末で非常に忙しくなったのを機に、五年続けてきた内職を休止しました。もうこれでおしまいか、大変だったけどやりがいあったな、という寂しいおもいも残して雇い主に連絡したところ、どんなに仕事がちょっぴりでもいいから籍を残してほしいという有り難い引き止めを頂戴し、無期限の休養を頂戴していまにいたります。

札幌ツアーの主催がありますし、ロサンゼルスにチームで行くという大仕事もあり、この上半期はハンパなく大変だぞというプレッシャーは確かにあります。でも、それより何より、やっぱりこどもなのです。本当に毎日毎日よくまあこんなによりどりみどりで私を悩ませてくれる。

今日は「こんな家にうまれなければよかった!!!」と叫ばれました。四歳に。

いまは子育ての本や漫画がいろいろありますから、この時期のこどもが「悲劇のヒロインになりたがる」ということはかろうじて知っていました。知らなかったら、マジメちゃんの私は心が折れていたかもしれません。

私は妊娠半年の頃に内職をはじめました。ダンスインストラクターは会社員ではありませんので保育園争奪戦に弱い。何か社会的後ろ盾がないと入園は難しい。そう考えてはじめたのです。実家は遠く、もし子育てを一人で行えば私はきっと孤立する、心身の健康を損ねる、とわかっていました。それに、こどもが多くの人に出会うことはよいことだと思っていたのです。

それはあたっていましたが、内職とダンスの両立は想像を絶する激務でした。私はいつも締切に追われる毎日となり、妊娠後期から、出産を経ていまに至るまで、「一日こどもと心置きなくすごす」ということが一度もないまま五年の日々を送ってきました。

不眠、首のいたみ、不安感、焦り、何よりこどもとの時間を楽しめない。カレンダーには毎日「5」「6」「7」「8」とノルマが記入されており、一番多いときで「12」のときもありました。腰痛、肩と腕の痛み、こどもの泣きわめき。つらくてつらくて、どうにもならないと思ったことも何度もありました。

それでもサルサのレッスンの質は維持する、とそれだけは絶対に譲りませんでした。不思議とレッスンの間は体調の悪さを忘れることができるのです。生徒さんの身体をみることに集中していると、我を忘れる。

ご縁のある方がサルサの世界に私を引っ張り戻してくれ、そのあと様々なことがありましたが、私のレッスンを支持してくれる方が常に私をささえてくれ、組んだコーディネーターが私のいたらないところを責めずに待ってくださって、いまはすべてのレッスンが軌道にのり、順風満帆です。皆様のおかげです。

そして、十数年前の市川時代に生徒さんだったバリさんと幾度ものミーティングを交わした末に、先日のツダサルが大成功をおさめました。私はこれからおそらく千葉の地を離れることがなくなりましたから、そこで長く開催できるイベントを立ち上げることには大きな意義とやりがいを感じます。だから本当に力を尽くして準備をしましたが、それでも頑張り度合いはバリさんの半分にも及ばないと思います。人が何かひとつ、人生をかけてこれをやりたいと思ったときのエネルギーはすさまじいものがあります。ポエたまのギンさんしかり、バリさんしかり。二人とも私のもと生徒さんであり、その二人が私を通じて夢をかなえていることを喜びたいです。

イベントをやるときはいつでも本当に緊張するものですが、ツダサルにいたる数日間は、もう本当に、完全に眠れなかったなあ。ただ、私は津田沼には母集団はあると確信していました。それは両国時代に、津田沼に帰宅するお客様が一定数いたことを覚えていたからです。嗅覚というより単純な経験値です。

それから十年くらいたって、いまや津田沼は千葉県でもっとも暮らしたい街にまでなりました(ここか、印西のどちらかなんですね)。だからツダサルはいける、とほとんど確信していました。

予想をはるかに上回るパーティーが実現し、私はお客様の満足のこと、それにバリさんのこと、2つの意味で胸をなでおろしました。そこで産後はじめて、内職のノルマとイベントのプレッシャーの両方から解放されたわけです。これまではこの2つがともになくなることは一度もありませんでした。

打ち上げを終えて帰宅したあと、自分の体におこった変化は信じがたいものでした。私はノルマとプレッシャーで身体のあらゆる関節や筋肉がギュウギュウに縛られていたことを
、その夜はじめて自覚しました。それがパチン、パチン、と音をたててほどけていく感覚でした。よくやった、よくやったのだと、この夜は心の底から思えたのでした。

それから2日間、私はこどもに「いっぱい遊ぶぞーなんでも好きなことやっていいよー」と宣言して、遊びまくりました。産後はじめてです。そして、こどもがいちばんやりたいことは近所の公園で日がくれるまで私と遊ぶことだと知りました。動物園でも遊園地でも買い物でもレストランでもなかったのです。

そこには他のこどもも絡んできて、大きな声でうたったり、本気で追いかけっこをしたり、もう足がガクガクするほどの運動量でした。

同じ一日の中に「こんな家に生まれてこなければよかった」と、丸一日公園で遊ぶ、が共存しているところが子育ての現実なのであって、こどもが何かやたら大げさなことを言うときというのは、心が大きく変化、成長しているときであるのだということはなんとなくわかるのです。私は自信をもって「ばーか。おめーほどいい家にうまれたやつは世界中のどこにもいないよ。」と言い返せるのでした。

こどもはこれからも私になんだかんだと難癖をつけてくるのでしょう。でも、ノルマとプレッシャーから解放された私は、多分いままでよりもっとずっといいやつ、でかいやつになれると思うのです。こどものことをきいてやりながら、みてやりながら、堂々と、かーちゃんの真似をしていれば間違いない、と背中で示してやりたいと思います。







salsaconsul at 21:44|この記事のURLComments(5)

January 27, 2019

本納にいってきます!

今朝、一年間放送してきたアニメ『ハグっとプリキュア』の最終回でした。未来からきた赤ちゃん「ハグたん」と五人の女の子(含元アンドロイド)のお話だったんですが、そのお別れのシーンがあまりに切なすぎて、もう朝からわんわん泣いてしまいました。今でもまだ胸が痛いです。本納に着くまでに元気ださなくちゃ。明日からもうハグたんロスでどうしていいのやら。わーん、こんな気持ち、いつ以来だろう。



salsaconsul at 11:13|この記事のURLComments(0)

January 02, 2019

新年おめでとうございます

お正月のよさが、年々強く感じられるようになります。としだなあ。

子供のころ、すぐ近くにくらしていた祖母のところに皆で餅つきに集まりました。

料理上手な叔母のお惣菜もあわさって、正月のはなやぎのなか、いとこたちとテレビをみて、餅を丸め、おしゃべりに興じ。学校のことをすっかり忘れてすごす冬休みの毎日が、いま思えば本当に楽しかった。

その記憶が、いまとなってどれほどありがたいことか身にしみます。正月の記憶があるということが。

現代は、相当努力しないと、この形を作ることができません。私の子どもにも、近くに親戚はいないのです。

今朝、父が他界いたしました。

秋から続いた長い北海道通いも、これでかよいおさめとなるでしょう。

一緒に餅を丸めたいとこたちと、もう何年ぶりになるかわからない再会をし、通夜をともにすごします。

それが不謹慎ながら、楽しみなのです。
あつあつのあんこ餅でも食べられたらいいのですが。


仕事はじめは1/6日曜、ゾナリブレとなります。
どうぞおいでください!
サルサで出会った皆様は、私にとって第二の故郷です。
イベントページはこちらです。

そういえばお葬式も、イベントっちゃあイベントだねえ?
非公開でたててる方、いるのかなあ?





salsaconsul at 16:56|この記事のURLComments(2)

December 29, 2018

それから

結局北海道を離れることのないまま
今日にいたります。
毎日、命とは、家族とは、つきつけられる
のですが、病院の看護師さんたち全員が
北海道弁なのには癒されます。

いま、こどもと二人、ラーメン屋に来て
います。
入った瞬間に「セイユー セイミー♪」
エイティーズの有線、癒されます。

そしてメニューをみれば、味噌塩醤油が
全て同じ値段。
そう、北海道では味噌が五十円高いという
ちまちましたことはしません。
癒やされます。





salsaconsul at 17:16|この記事のURLComments(0)

November 29, 2018

ここ2日のどきどき

もともと、変な話をかきたくてブログをはしめました。
ダンスのために人を集めるなどというのは、私にとってほんとは二番目でよいのです。
そんな悠長なことはいってはいけないのでしょうが、サルサが大好きなことはもうどうやっても変えられないのですから、わざわざもう言葉を尽くしてしつこくしたくないのです。ほんとはね。
それより、この2日のあいだどきどきしてることを言いたい。

私が暮らすようになった街で、事件が起こったのです。
まだ田んぼも美しい地方都市でして、二十何階建てマンションといったら一棟しかございません。
そこにおける事件です。
朝のトップニュースで、報道されておるのです。

帰り道、車で走って参ります。
高層マンションの光が夜の空に浮かび上がります。
周囲にそれを超える建物はありませんから、煌々とあかりが夜を照らします。
ついつい、事件の起こった階に目がいってしまいます。
いかんいかんと戒めながらも、どうしても目が勝手にそちらに向いてしまうのです。

昨日に続いて今朝も、やっぱりトップニュースでありました。

様々な人生、様々な想いに気持ちをはせて。
今日も我々は、生きていかなくてはなりませぬ。
まとまるわけないが、いまどんな言葉が的確なのだ?

何があっても、我々は生きようとする。

どんぴしゃとはいえないが、生きろでも頑張れでもお気の毒でもなんでも、全部違うような気がする。

生きようとする。

これを暫定まとめとして、ランチ入ります。






salsaconsul at 11:36|この記事のURLComments(0)

November 19, 2018

うわーパソコンなおったーーー!!!!

この二か月です、パソコンで超足踏みしていたのは!!!

うつらん、うつらん、うつらん。。。。

うつらんのですよ、ディスプレイに。

ケーブルかえてみました
ディスプレイかえてみました
ネットカフェにパソコン持ち込んでテストもしてみました

そして無駄な買い物をたくさんたくさんしましたともさ。

そして先日、近くのパソコンショップですっごくよさげなところを見つけました!!

パソコンショップにいくのって何がこわいって、

いくらかかるかわからないところ

この一点につきません?
五万円ていわれたらどーしよって思うと腰がひけてしまうではないですか。

そのパソコンショップは、事例と、いくらかかったかと、その明細を、ばっちし細かくあげているところだったのです。

ほれますねーーー!!!
すてきですねーーー!!!

そしてこの先が大事なのですが。皆様に伝授。

パソコンを修理するときには

いくら以上かかるなら買い替える!

とあらかじめ決めて、その旨伝えて引き渡す。
これが肝要なのでございます。
何事も「ハラをすえる」姿勢が大事なのであります。

私の場合、それは超低ライン。

壱萬五千円

どーだー予算少ないだろーーーー!!!
というのもですね、ここまでさんざん、さんざんっぱら調べ上げてきましたからね、たいしたことではござらんというのは勘でわかっていたんでございます。作動はしっかりしておるのです。たんに、ディスプレイにうつらないだけなのであります。

持ち込みましたらね、町工場のつなぎのおじさんみたいな方が出てきてですね、これがまたいいのでございます。

そして小二時間ほどで電話がありまして、メモリーの不良のため二つ交換して16200円という回答でございました。おじさん、私が言った価格にばっちりのっけていらっしゃいましたね。これは、偶然なのか、大割引なのか、少々のっけてるのか、それはわかりません。しかし。

映らないパソコンが
映るようになって
壱萬六千二百円は安い


この点は皆様賛同してくださいますでしょ。
しかもですよ。私のパソコンは中古でして、もとウィンドウズ7だったそうでございます。
で、それを10にバージョンアップしてあるわけですが、そのライセンスを私は送信してなかったそうでございます。

知るかっ

私にとってパソコンは家電じゃい!
家電かってなんで権利を取得せなあかんねん。

で、工場のおじさんは張り付けてあったそのライセンス番号を送信してくださったそうでございます。

しつこいですが

ライセンス取得という
謎の作業がついて
壱萬六千二百円は安い


おかげさまで今日の私はうはうはごきげん。
超やる気まんまんでございます。

何事もその筋の方はすごい!
さあ、勇気百倍

今日からまた働くぞ!!!!!

そんな私のご機嫌が伝染したか、銀さんの筆も絶好調でございます。
これから年内のポエタマ&サルサゲートはありえない企画をぶちかまします。
とにかくこれを読んでね!!





salsaconsul at 14:16|この記事のURLComments(0)

November 06, 2018

久しぶりに帰省しています

父が入院したために急遽北海道にきています。来週から治療の内容が厳しくなるとのことで、いつもけんけんしている人が珍しく殊勝な様子でした。頑張ってねでもないので、小一時間話をしたりきいたりしてじゃあねと帰ってまいりました。

北海道は広い!改めて広い。隣の街に出向くのにグオーッと車をとばすこの感じが、アメリカンとまでいわずともやはり日本ではない。また、行く先々で何が何でも魚介類を食べてやろうとする心を抑えきれないのも毎度です。今回は千歳の居酒屋で活けホタテの刺し身、それにフェイスブックにもタグ付けのあった苫小牧ウトナイ湖の押し寿司という新しい発見に心踊らせています。見舞いをかりて思いがけずリフレッシュさせてもらっています。

千葉に暮らすようになりましたので、今回はじめて成田から新千歳入りをしました。きいてはいましたが本当に安いですね。世界一高い羽田札幌間に洗脳されてきたぶん、衝撃すら感じます。私達は一体何にだまされていたのやら。とはいえ、ビデオ放映にオリジナルラジオプログラムに機内誌にドリンクサービスに美しいアテンダントというパッケージがこたえられないという意見もありましょう。それが旅だという考えもそれはそれでありなのでしょうが、時代はやはりコスパに席巻されているといって間違いはないと思われます。今回利用した簡易ホテルには、荷造りのための計量器を無料貸出していました。航空券が安くなったら、持っていける荷物の量は限られます。それでもミニマムな旅はどのような年代の方にも抵抗なく受け入れられ、メジャーになると今回感じました。

ジャパコンで力を使い切りましたので、エネルギー補填の旅ができることはよかったです。チャージして、週末のラスリサスパフォーマンスと、レオンレッスンにはいつも以上の元気を持参します!



salsaconsul at 23:29|この記事のURLComments(0)

October 15, 2018

みんなの出来事と私の出来事

生きていくうちに自らの属するフェーズがいつの間にか激変しているのは、どれくらいよくあることなのか、ないことなのか。
よくある、というのが多分妥当だ。それくらいいま属している世界ははかないものにすぎないんだろう。

私は多分せいぜい十年前、こどもなんかかわいくない、じゃまだとおもっていたか、下手すると実際そう口にしていた。

そして昨日二人の女性が一歳のお子さんを連れてレオンにみえたとき、どうにもこうにも子ども達をあいくるしいと感じていた。私はたとえ自分のでなくとも、幼い子どもを抱っこすると胸がきゅんと痛くなることを経験で理解できるように、ここ数年で劇的に変化していた。これは、人間に本能的にすりこまれた「自らより先行きある命を守ろうとする力」によるものだと直感的にわかる。こうして生き物は集団として生き延びてきたと思われる。

ちょうど私の子どもがそれくらいの年齢だったとき、はじめての札幌ツアーがあった。ポエたまツアーだね。このとき、私は実家に子どもを二泊三日預けた。お母さんという人種はこどもが泣くと胸が物理的に痛むようにできている。こうしてヒトは赤ん坊から離れられないようにプログラミングされているのだ。だから、こどもを預けるかーちゃんはひたすら、どうか泣いてくれるなと祈る。泣かれると胸がいた苦しいからだ。

私はまだ全然しゃべることがなく、季節や曜日の概念がない子どもにカレンダーを持っていった。そして「これからかーさんは仕事でこの日とこの日は帰ってこないが、この日に帰ってくるからね」と指差しながら説明した。こどもはふんふんというわけではないなりに一応カレンダーの赤、青、黒ときっかいな形の文様(大人は数字とよぶ)とやたら説得熱心なかーさんを見ていた。そして私が立ち上がると、プイッと横をむいて勝手に遊び始めた。そして私がいってきまーすと言っても一切こちらを振り向かなかったのである。

これには驚愕した。通常私だけが出かけるとなれば大騒ぎである。こどもは私の話を理解したと考えるよりほかになかった。かーさんは出かけるがそのうち帰るし、その間はもう一人のもっとシワのある人がご飯をくれるしオムツを替えてくれるからあまり問題はない、という理解が。しかし「そのうち帰る」という状況を理解し、「じゃあ行けば」という態度がとれるのは、赤ん坊にとって楽ではない行為であるはずだ。

私はこのときばかりは、こどもの驚異的な能力に恐れ入るしかなかった。理解、共感、諦め、妥協、切り替え。これらがしゃべれない年齢のこどもにできるということは。ほとんど圧倒されながら私は札幌に向かったのだった。

このときから、私はこどもを尊敬せざるを得なくなった。この件をもって、こどもは一生通用する貸しを私に作ってしまったわけなのだった。

帰りの特急列車を、こどもはばーちゃんとじーちゃんと三人で待っていた。雪こそないものの、景色からすれば北の国からそのまんまの、あの田舎の国鉄の駅舎でもって。線路をまたがる階段をえっちらおっちらと降りていく。彼らはちょいと気をきかせて、改札口を通ってホームのほうにでてきてくれていた。こども特権をふりかざしてそういうことを無理クリやらせてもらったわけだ。

三日ぶりに私を見つけたこどもは
「キャーーーーーッ」
と言った。三回ほど言っていた。
生まれてはじめて、こどもはなかなかに大きなことを達成したのだった。お帰りというよりも、わたし様はたいしたものであろうぞなもし、という満足の叫びであった。

私は本件をもって、こどもに圧倒される感覚を学び相応の謙虚を身につけることができたと思う。一人一人の人生にこのように見えない「たいしたもの」が散りばめられており、その記憶のなかにかけがえない絆が形成されていく。



salsaconsul at 10:26|この記事のURLComments(0)

October 13, 2018

明日は新宿レオンでオン2レッスン開催します

こんにちは!昨日、iPadを買い替えました。
旧モデルを七年使いました。担当者がほんっとにびっくりしていましたね。3Ḡですから通信が郵便物なみにゆっくりなんですが、iTuneをいじりたくない、メール設定をいじりたくない、契約解除が二年に一回しかできないなどなど有象無象のハードルを超えられなかったのです。はあはあ超えてみたら別の世界に跳んだくらいの衝撃。設定はほとんどいじることなく移行できるものなのでした。スマホも合わせて買い替えて、月々の料金も下がり、あー晴れ晴れ。所要時間は中に休みをはさんで実質三時間。この点をスマートフォンなみに早くしてくれたらいいのに。終わったときはふらっとしました。もちろん、担当者もでしょう。

さて、明日は新宿レオンで14時からレッスンと16時からアフターパーティーです。オン2で、テーマは「意外性から優雅さを引き出す」。こっちにいきそうで軽く逆をつくペアワーク、いいですよね!そういうのを取り上げます。滑らかに軽やかにリードフォローを行いましょう。レオンはすごく盛り上がっていますので、キャリア長い方、はじめたばかりの方、どちらの方もご期待くださいね!!たくさん踊りましょう!!



salsaconsul at 10:23|この記事のURLComments(0)

October 06, 2018

明日はKzとのレッスンプラス渋谷ローレルでのパフォーマンスです

準備に全力でした。かつ風邪にもやられてけっこうめちゃくちゃだった今週です。かずきっちとの六本木ゾナリブレレッスンは、あ、これできるとかっこいいわ、こなれてるわ、という私の趣味嗜好に基づいたペアワークになっています。体作りもしっかりやりますよ。スピニングに久しぶりの「切る」練習をしますから、キメキメの雰囲気を動きでだす方法を知りたいかたはぜひ。
そのあと私はデリリオスのパフォーマンスのため渋谷ローレルにご出勤である。出番は21時すぎです。いらしていらしてーーー!!!しかもちょいとドレスアップしていらして!!ローレルはがちでゴージャスです。仕事でなく行きたいんですが😭精一杯仕事であることを忘れるようにつとめます。パフォーマンスは今回見た目にかなり変化を加えていきますので、デリリオスマニア(いるんかいっ)はそこのとこ要チェックでがんすよ!!!
恩師もとかさんのバースデーパーティーでもある。いろんな意味であと1日がんばれ自分!!



salsaconsul at 23:03|この記事のURLComments(0)
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索