August 11, 2022

飛行機に乗れない話

帰省したり締切に追われたりでなかなかここにこれなくてすみません。

コロナの第七波でレッスンどうしようか私は迷っていたんですが、Kzは全然迷ってません。このへんの感性の違いはいまだに謎です。

結論としては予定通りやります。8/21日曜日17-19時 原宿ワークル、ご参加費用は2500円です。ぜひご参加ください。

昨日のことですが、空港に向かう特急列車が大雨の影響で遅れてきたうえに、乗り換えの駅に到着する直前に鹿に接触して急停車し、結局予約していた飛行機に乗れませんでした。

私にとって人生二回目の、飛行機に乗れなかった事件でした。あのときの、あの気分!!

一回目はアメリカで、たしかロサンゼルスからノースカロライナに向かう便でした。

ちゃんと空港に行ったのですが、行列に並んでいる間にチェックイン時刻を過ぎちゃった、というやつでした。やっとたどり着いたカウンターでそれ言われたときはこの世の終わりかと思いました。

そのときは、無料で次の便に乗せてくれました。やれやれでした。

今回は手数料はかかりましたが次の便に乗れました。遅延証明書っていうのが決め手になることを今回はじめて知りました。それがないとチケットは完全に無効になるところでした。

乗り換えのときはこうしよう、そこでだめならこうしよう、空港についたらこうしよう、そのとき荷物はどうしよう、こどもはどうしよう、みたいな感じで一度に五つくらいシミュレーションしなくちゃいけなくて、なんかもう、大変ですねやっばり飛行機は。

次の便に乗れるかどうかの「判定待ち」のときには、サウナでもここまでなるかなくらいの汗をかいてしまいました。もうかなり夜でしたので、体力的にちょっと不安になってきて。

「しにゃあしない」とずっと言い聞かせてましたね。トラブルにあったときはいつもこれです。

しにゃあしない。うん。

というわけで、今日もちゃんと生きてます。よかったよかった!


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
これまでの記事
記事検索