July 16, 2022

おいおいどうなってんだよ

国葬?びっくりだね。民主主義を断固として守り抜くため?およそ民主主義とは正反対のことばかりやってきた人を民主主義のために国葬?これは二億円をかけた壮大なギャグなのか?

母。息子が大変なことをして申し訳ない?おいおい。それを言うならまず息子に謝れ。その間違った土下座の方向も三千万円也の教典に書いてあったのかい?

こんな見当違いの話を聞いてると、自分のアタマのほうがおかしくなったのかと一瞬わからなくなるね。

誰かを裁かないと落とし前がつけられないっていうんなら、警備態勢について好きなだけ議論されたらよろしいし。議論討論は民主主義の礎だものね。

親がおかしくなったら子どもももろとも不幸になるのは家族主義。それが、よくない。今回の事件の意味はそういうことでしょう。それ、もうやめましょうよってことでしょう。

話を民主主義の危機とやらにすり替えるの、やめましょうよ。そういうことじゃないでしょう、彼が我々に突きつけたものは。家族主義は、功罪の罪のほうが大きいってことにいい加減向き合いましょう、制度と文化を変えましょうってことでしょう。核心はそっちですよ。

彼は民主主義の転覆なんてひとかけらも考えてないし、誰もこの事件で民主主義は終わったなんて思ってないし。政治家だけですよ、全然違うステージで間違ったステップ踏んでいるのは。

彼は赦されていい。そのかわり、自らのことを書いたら同じ境遇にある二世を救えるかもしれない。大体、一体誰が彼のことを裁くなんてことができるのか。

政治家よ。どの口が民主主義と言う。



salsaconsul at 23:52│Comments(0)■SALSA FRESCA泣き笑い 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
これまでの記事
記事検索