June 02, 2020

皆様:どうでしょう3

いただいたコメントを読んで、うまれかわったような厳粛な気持ちになっているところです。

現在、6/30火曜日のボンデージュ・ナイトを探り探り、やってみようかどうだろうかできるだろうかどうだろうか、という状況です。

人間とはなにか、ウィルスとはなにか、国家とはなにか、己とはなにか、生きるとはなにか、働くとはなにか、、、ぐるぐるぐるぐる思考が回転し、サルサとはなにかがその合間合間にうかんではふきとばされ。

また、かきます!



salsaconsul at 16:11│Comments(4)■SALSA FRESCA泣き笑い 

この記事へのコメント

4. Posted by RIO   June 06, 2020 23:10
やすやまさん バレエの先生の真摯な姿勢に心打たれます。生徒さんは一段と安心して、先生についていかれるだろうな、と読んでいるだけでほほ笑んでしまいました。

サルサのソーシャルはすでに東京で内々に開催されはじめていますが、そこに参加できるできないを決めるのは、その人の考え方というよりも、純粋にその人の立場であろうかな、と感じます。すなわち、高齢の方や子どもさんを抱えた方と、仕事上多くの人との絡みを持つ方は、このような事態においてけしてリスクある轍は踏めないというわけです。

一方で、自己の事故は自己の範囲内におさめられる方、現在直接的にだれかの命を抱えているわけではない方は、縛りの感覚は少なく行動できるでありましょう。

それぞれ一理あるわけですから、それぞれ、やれる人はやり、やれない人はやらなければよかろうと思っているところです。一番よくないのは、話題にもなった「警察」じみたことを言ったりやったりすることです、これは本当によくないと思いました。

やすやまさんからのコメントを見ながら、また頭をブラッシュアップさせているところです。本当にありがとうございます。
3. Posted by RIO   June 06, 2020 22:57
Nickさん ありがとうございます。きっと、生活面の苦労がつのって、私が子どもに虐待をはたらく恐れがある、というご心配もなされているのではないかと予測します。たしかに私のような、いろいろつらつら考えるタイプの人間は、考えた先に極端な行動に走る爆弾もかかえている、とは自覚しております。が、大丈夫です。私はすでに、生活の糧をえるべく行動にうつし、それが軌道にのっています。このような時代が、私が十分に成熟してからやってきたことはまだしも幸いでした。二十代の私であれば当然この事態に対処できていなかったでしょう。あのころの何も知らない自分のことを思うと、いまその状態にある二十代の人たちのことが切実に身近に、いたみをともなって感じられます。
2. Posted by やすやま まみ   June 06, 2020 16:59
5 Rio先生 こんにちは✨🙂✨

バレエのレッスンは再開しました。

ざっくり…🙄

人数制限
マスク着用です。

あとはまぁ、
登録してる人達の参加です😊

先生は合間にバーと床を掃除してくれるし、距離を保つ事に情熱をもっています。

安心感の中で踊れる事は幸せです✨

さて、コロナに関しては
人それぞれの価値観がありますので
先生は先生の価値観の中で
安心を提供出来たら良いですね。

それに賛同される方はいらっしゃるし
残念ながら、少し足りないと思う人もいる。

シンプルにそんな感じじゃないでしょうか?

パーティを仕切るのは先生です😊

たくさん悩んで、大切な時間を共有出来た時の幸せは感慨深いです☘️

そして、最後は
心が選択する事を優先してくださいね〜😊

私も心の優先順位を大事にしつつ…
Rioスマイルに会えることを楽しみにしております✨😊✨
1. Posted by Nick   June 02, 2020 17:05
難しいことを考えるのもよいが、まずは生き抜いて欲しい。たまたま見かけた2の内容が心配だったので毎日このブログをチェックしている。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索