September 29, 2018

こんばんは

豊洲で皆様から大きな声援を得たことがきっかけなのか、デリリオスは一段と元気を得てローレルとジャパコンに向けて更なる練習をはじめました。次のローレルでは躍りの質はもちろん、見た目印象を変えていきます。お楽しみに!素敵な場所で素敵な男性にたくさん会いたいわ。女性はいつも素敵だからどこでも会いたいです笑。そうそう、昨日フェイスブックにアップしたスリラーパーティー、けっこう反響いいんですよーーー!!これはなんか意外にすごいことになるんじゃなかろうかという、先の見えない期待にとらわれてしまいそうなくらい反応は早いです。でもって私はどれくらい真剣にスリラーの復習をしていけばよいのかね。中途半端だとサルサでこけるよりあとがこわいんだが。まあ、みとれ。リオ先生の意外なすごさをここらでちょいと発揮してやらぁ。

さて、昨日の出来事を聞いてください。いつものように、いつにもまして、私の激務は朝からトップスピードにのっておりました。6時台の起床、ごみだし、洗濯、朝御飯作り、布団やシーツの整頓、こどものご機嫌とり、保育園準備、待ち合わせのバス乗り場へぴいぴいたどり着き先生に引き渡し。そのままネットカフェに直行、写真合成二件、フェイスブックイベントページ二件作成、業務連絡多数、ここまでやってお昼。洗濯取り込み、フェイスブックチェック、山ほどの皿洗い。ダンス練習とわずかの読書。買い物、銀行通い。洗濯取り込みに夕食の仕込み。車で遠方まで迎えにいき、帰りは渋滞で一時間。車内では運転しながらずっとごっこ遊びです。それから夕飯を作りお風呂に入れて歯磨きさせて寝かしつけるのです。

その前日の木曜日のことです。家の者から「土曜日こどもを保育園に預けたいのだが」と急の申し出がありました。会社にでなくてはいけないというのです。先生に相談してみるけどどうなるかはわからない、土曜日はお弁当を持っていかないといけないから午後だけ預ける形で相談してみる、ということになりました。

前にもちらりと書いたかどうか、私はこどものお弁当はどうしても手が抜けないというくせがあります。お弁当の味はずっと脳の深いところに残るという観念に縛られているのです。これも書いたかどうか、ドイツのこどもの弁当は黒パンにチーズをはさんだのとリンゴです。プロの主婦といわれるドイツの母でさえ、弁当はそんなものなのです。それなのに私は。ああ私は。前日にたけのこやこんにゃくや買い込んで、朝の暗いうちから作るのです。でなければ前日の深夜に。

ですから、土曜日の午後から預けてかまいませんという連絡が保育園から入ったとき、どれ程安堵したかわかりません。これでデリリオスの指導にも集中できるというものです。衣装の改良、化粧のテクニック向上、スタジオ手配に指導内容の吟味、やらねばならぬことはきりがありません。

嵐のような一週間がようやく過ぎようとしています。金曜日の夜六時半、私はこどもを保育園からひきとって渋滞の中にいました。すると最近一週間が曜日でまわっているらしいと気づいたこどもが「今日は何曜日?」ときいてきました。「金曜日だよ。」すると「明日は何曜日?」「土曜日だよ。」私の私による私のための土曜日だよ。するとこどもは一番かわいい顔と知っているのかいないのか、元気いっぱい言いました。





「お弁当の日?」





がんばるおかあさんはまた自らがかけた愛情たっぷり手作り弁当の罠にはまって醤油地獄の中で朝からもがき続けるのでした。神様よ、ちょっとこっち来て里芋の皮でもむいてくれんかね。





salsaconsul at 22:52│Comments(0)■SALSA FRESCA泣き笑い 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索