February 16, 2017

みんなおはよう

元気?おいらは全然元気じゃないす。
きらいや。確定申告きらいや。
発狂しそうになるわ。
思うに、この世で会社員するのと公務員するのと
自営業するのと、まったく違う世界に暮らしてると
考えて間違いない。
おいらのおうちはばっきばきの公務員家庭だったゆえ
ノウハウの蓄積がないねん、自営業の。
それはそれで自分で勉強してきたからいいんだけど、
今になって思うに、本当のノウハウってのは「心」に
ある。
どういう構えで世の中をフローしてくか、世間と渡り
合っていくか、そのスピリットの部分なんだね、一番
習得が難しいのが。
それをマスターする「自営業初代」にあたるんよ、私は。
こーれーは正直いってむずいっす、おもいっす。
今になって「家訓」てのが存在する意味が、なんだか
ひじょうによくわかってきたよ。
子どもができて、そうすると「社会とのつながり」って
のができて、それも一気に濃厚にできて、世間様と
無縁ではいられなくなってくる。
子どもいないときは世間様なんていうなればどーでも
いいんよね。
だけど、子どもできると世間だの社会だのがいやでも
がっちがちにまとわりついてくる。
お世話にならないと生きていけんくなってくる。
その「お世話様」との対話にあたるんよ、毎日が。
それがおもい、めんどい。
でも、それなしだと一日も生きていけん。
ましてダンスなんてやってけん。
その重みだね、今しょってるのは。
ダンサーさんは子どもできたら、子ども連れで
ママクラスを日中ひらく、って流れにならざるを
得ない。
でもおいらはどーしてもそれをする気にならん。
多分、おいらの生き方がどっちかいうと男だからだと
思う。
ほんとはそんなのどっちでもいいんだけど、この国って
なんか無条件に女にうまれたら母になったらこういう
ふうにせんといけん風にシステムががっちがちに
できてて、あらがうのに異常に体力消耗する国でさ。
ママたちは偉大で、保育園の帰りとかお話するとみんな
めっちゃ立派で、しかもきれい。
さすがって思う人ばっかり。
でも私は自分がママになったからといって何か根本の
性根にあたる部分が変わるわけじゃないので、今まで
どおりの性格今までどおりの人間関係の趣味みたいな
ままがいいんよね。
この「ママになったらこういうふうにせんといかん」
風なののストレスが、この季節爆発しそうになる。
えんえんとパソコンにデータ打ち込んだり、クレジット
カードの請求書一年分そろえてみたいのやってるうちに
ふつふつとそのいらいらが沸き上がってくんの。
私は妊娠してから内職をはじめた。
保育園いかせるためだよ。
産んで一週間たたないうちにまた内職再開。
これもまた深夜1時とか3時とか、おきて内職してた。
3時間おきに起きる新生児抱えてこういう生活してたんよ。
なんでって人は言うけどさ。
そうしないと、保育園いれられないんだよ。
めちゃくちゃだろ?
でもダンスしながらこの国で生きて、子ども産むって
そういうめちゃくちゃを乗り越えないとできないって
ことなんだよ。
で、このめちゃくちゃさが人にはわかってもらえない。
説明してもわかってもらえない。
誰もそんなん、興味ないよな。
子どもを持つって、ものすごく私的なことだもんな。
普遍的なことだけど、一個一個本当に個別の事情と
背景があるもんな。
 この理不尽この不条理この鬱屈。
今日もまたデータとの格闘が始まる。
てかもう、この国とたたかってる気持ちになってくる。
ぜんぜん、ぜんぜん楽しくないねん、この国で子育て
するのわーーーーー!!!!!!!!! 


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索