September 27, 2014

サルサのスタイルに関して現在思うこと(中編)

フォロアーである女性はいかに多様な技に対応するかが
求められるので、フロアに出れば出るほど両方のスタイル
を踊りこなしたいと思うようになりますよね。
だから男性とは異なり、On1とOn2両方をバランスよく練
習していけばいいと思います。東京はどちらのスタイルで
も素晴らしいリードを受けることができる世界有数の街だ
と思います。たとえば十年前と比較してもリーダーの層
の厚みは格段に増しているし、個性も様々で、女性にとっ
て天国のような場所です、東京は。

一方で、私が女性にとって課題になると感じるのはスタ
イルの問題よりもむしろライフステージの変化によって踊
れなくなる時期がくることです。女性は多忙化する、担当
が変わる、転職するといった仕事絡みの理由、パートナー
との関係や子育て、介護といった家族や人間関係上の
理由から、あるときぱったりとサルサから足が遠のいてしま
うことがあります。そうするとこれまでのサルサ友達とも疎
遠になって、復帰の際気後れしたり体力筋力に自信が
なくなったりして、そのままサルサからはなれてしまう。

私は20代の比較的早い段階で幸運にもサルサに出
会ったのですが、その後の歩みの中では熱狂的に週に
四回五回と汗みどろになってサルサを練習していたとき
もあれば、数年間全くサルサから離れていた時期もあ
ります。サルサは音楽的にも環境的にもとてもハイに
なりますし、意外に狭い世界でもあるので遊びこなすに
はある意味年期がいるというか、ある程度歳くったほうが
有利という側面も確かにあるように思います。人とダイ
レクトに触れ合う世界ですから、自分のペースだけで
ことが進まないのがサルサの魅力でもあり、またちょっと
したきっかけでもう二度と踊るもんかというくらい落ち込
むこともあります。

生徒さんには様々な個性の女性がいらっしゃいますが、
これまでお付き合いした中で感じたことは、ご自分の希
望をはっきり自覚してらっしゃる方がサルサを長く楽しん
でいけるようであるということです。好みのタイプのリーダ
ーが直感的にわかって素直にリードのお願いができる
とか、私にはこのスタイルがあうとかあわないとか、何かト
ラブルがあったときにすぐ周囲に助けを求めたり相談し
たりしてぱっと発散できる、そういうタイプの方ですね。

私はちょっと八方美人の気があって30代の半ばまでは
あれもいいこれもいいといって、なんとなくそのときどきの
空気に自分を合わせてしまっていたようなところがありま
した。だから素直で、自分の趣味や個性をよく把握して
いらっしゃる生徒さんに会うとうらやましいなあと思います。
逆に私のようになんだか自分というものがよくわからない
という方には、焦らなくていい、自分のペースで練習して
いけばいいですよ、とお伝えしたいです。


On1、On2に関して言えば、やはりシャインが好きでは
ないという女性がOn2を楽しみきることは難しいかも
しれません。On1でももちろんシャインは行いますが、
特にOn2で好まれるラテン&アフロキューバンジャズ
にはパーカッションのインプロビゼーション(即興)の部
分があって、そこでシャインの技をぶつけ合うという踊り
方が不可欠なのですね。男性は一曲をどのように踊
りきるかを自分の趣味で決めることができますが、女
性は男性の判断で必要なことを繰り出していかなけ
ればいけませんから、シャインがいやといって逃れること
はできません。
ベーシックステップを踏みながら相手のシャインを見
守る「聞き上手」という究極の技もありますけれど、こ
れはある意味シャインを踊るよりも難しい円熟の境地
ともいえます。逆にそれができるビッグママタイプの方
はもうこの手でいっちゃってください。

「私は本当はこういうの得意なんだけど
あなたのシャイン魅力的だから
ちょっとよく見せていただきたいのよ、うふふ

的な嫣然たる微笑みの練習をしましょう。


---------------------------------------------------------------
日時:2014年10月5日(日) 15:00-17:00
場所:新宿マイスタジオ6B 地図はこちら
On1初中級レッスン 参加費:1800円



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索