June 13, 2013

昨日のソロレッスンのこと

今日も今日とて雨だねえ。マービン・ゲイのI want youなどリピート聴きして黄昏てます。みんな今日も元気にしてますか。おいらにはうっすら苔が生えてきたよ。

昨日はじとじとした中けっこういっぱいソロレッスンに集まってくれて嬉しかったす。八時スタートにしたらみんな来れるようになったん?わからないけどぜひとも続けてオクレ。はじめてソロレッスンに参加した人が必ず言うのは「ペアの練習とは全然違いますね」・・・って当たり前やないかーと言いたいとこだけど、でもホントにその通りだからうんうんと聞いてあげます。

ペアのレッスン=リード&フォローの練習。日曜日は前半は身体作り、後半はリード&フォローをやってますね。
で、水曜日のソロレッスン=表現力の練習。ステップとスタイリングをやりますが、それもこれもなんのためかといったら音楽を目に見える形にするためです。みんなのボディと表情が音楽を視覚化するんだよん。快感だと思わん?!すっごい快楽だよね?ワタシ、ソロ練習が好きじゃない人の気持ちは多分もう一生わからん(昔はわかったんだけどな)。

別に自分がナルシストだとは思わないけどね。逆にその反対で自分に自信なくてなくてこの仕事する人として資質ないんじゃないかと常々コンプレックスにしてるくらい自分を見るのやだったんだけど、そういう自分でもソロの練習はいずこからか好きになれた。何年か取り組んでるとあるときぽんと好きになれるんだよ。姿勢がよくなったなと思えたときからなのかな。

身体って変わるからね。ちゃんと取り扱えば本当に変わるものなんだよ。そしてどんなボディバランスの人でも、背中すっとさせてアタマ高く持ち上げてヒップをきちんと上に維持すればすごく素敵になるものなんだよ。そしたら鏡を見るのは前ほど憂鬱じゃなくなるものだよ。

昨日はトゥータッチ、メレンゲステップの変形、スキップ、キューバンステップなんかの使いやすい技を取り入れました。こんな基礎でも教えることめっちゃたくさんあるわーーー!!!コアのひねり方、姿勢のつくり方などなどね。みんなどんどん理解して変わっていくからおいらも楽しい。やっぱりレッスン一回につき必ず自分の変化を一つ二つは感じて帰ってもらいたいと思う。身体は進化するって信じてほしいんだよね。

スタイリングは男性には三の腕の使い方、女性にはバストサイドから手を横へ伸ばす方法を伝授しました。腕と手は最後の難関だよねえ。踊りの総仕上げがここです。足元とボディバランスがパーフェクトという前提条件があってその上ではじめて手がなんとかなってくるので、下ができてないと手はつかない、ということは手がちゃんとつけられるということが下がちゃんとできてるかどうかのチェッカーになるわけで。だから手の練習したらまたボディに戻る、それでもだめなら足に戻る、みたいな行き来を繰り返してうまくなっていきます。

曲はSNOWBOYっていう黒っぽいレーベルのCDを使いました。ワタシの選曲はなんかヘンなんだそうです。ワタシがソロ向けに好む曲は暗いというか黒いというか渋いというか、あんまり鼻歌歌えないんだけど踊らされてしまうというか、いやーーー人間てすごいですねってつくづく感服してしまうようなヤツが多いです。

その分日曜日はわかりやすいのでいくか、とか思ってまして。そういえば日曜日は今すごい人数膨れてるんで久しぶりの人もぜひのぞいてみてよね。かなり盛り上がってるよ。

明日は中野でパーティーです。中野はレベル高いよ。ワタシ、いよいよ表に遊びに行かなくなってきてて正直ホントやばいと思ってます。だって中野が良すぎるんだよ。宣伝したくないス。荒らされたくない(汗)。しかし立場上人を呼ばんといかん。悩む。ホント悩む。そんな悩めるオイラと皆さん夜をご一緒しませんか。ヒゴちゃんは会の前半でダンス・ミュージカル系のDVD流してくれてます。これがまたセンスがよくて勉強になるし感動するし、いやーもう、中野は問題です。大っ問題です。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索