December 30, 2012

暮れのご挨拶

もうすぐ一年が終わろうとしています。

今年の後半、仕事をスリムにして内容の吟味と時代情勢の把握にしっかりと時間をかけたいと考えながらすごしてきました。

やはり、というか想像以上の気付きがありました。

サルサの世界では、特にDJさんたちのコラボレーションが盛んになったと思います。

クラブダンスのレベルは急激にあがっており、パフォーマンス作品の質もあがっていよいよサルサ文化が成熟してきたことを感じます。

経済的にも政治的にも厳しい情勢の中、海外からのゲストも盛んに来日しました。日本のサルサ業界には相当の底力があるのですね。

さて、今年どうしても避けて通れない風営法の大問題。

11月になって、警察庁はとうとうペアダンスを取り締まる方向性をはっきりと打ち出しました。

日本がここまでしょぼくれた警察組織を有した国であったか、ということに皆がショックを受けています。

警察庁が間接的に取り締まろうとしているのが麻薬なのか騒音なのか、あるいは彼らが本当にペアダンスが国家を崩壊させるとでも考えているのか、それは私たちには知りようもないことです。

しかしいずれにしても「人々がダンス(11月からターゲットはペアダンスに絞られました。少なくとも名目上は。これまでペアでないダンスも取り締まられてきてましたから、ますますわけがわかりません)を自由に踊ることを警察が組織的に取り締まる」などという事態は狂喜の沙汰としかいいようがありません。

私たちは「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」という憲法を有しております。この問題の向かう最終的な結論は最初からはっきりしています。

レッツダンス署名運動、風営法とサルサのフォーラムに続き、サルサのインストラクターたちは今、全国的規模でこの問題に向き合おうとしています。どうやってあまねく公平に情報を知らしめるかというところで様々なアイディアが持ち寄られ、感動的なシーンを見せていただいています。不幸中の幸い。

絶対に権力に引き渡してはならない「自由」というものについて、私たちがこれほど切迫した現実問題として向き合ったのはおそらく今回がはじめてのことだろうと思います。「ダンスパーティーが自由に開催できない国」・・・これは北朝鮮でもなく少し前のミャンマーでもなく、私たちの日本で今起こっている悪夢のような現実です。

もともとサルサって抵抗とか反骨の音楽だから、こういう状況にむしろぴったりなのが皮肉といえば皮肉。

というわけで来年から立ち上げるカフェ・サルサが、こんな状況下ではなんだかプロテストめいた色合いを帯びてしまうのが、本意なのか不本意なのか・・・自分でもなんだかよくわからなくなってしまったんだけれども。

本来ワタシはサルサをもっと当たり前で普通のことにしたいと思ってきただけです。音楽が素晴らしいから。それと、手をとりあって踊るのは人間なら自然なことだから。

だからこの教室の始まりはカフェだったし、みんなで思い出を作ってきた場所もカフェみたいなところが多かった。ちょっとコーヒーを飲むときの喜びとサルサをマッチングさせたいというすごく単純な動機です。

ネーミングは普遍的なのがいいなと思って「東京カフェ・サルサ」に決めてあるんですけれど、その名前が普遍的すぎて「東京はアンタのもんじゃねーだろ」みたいに思われたらツライな(笑)。ただ覚えやすいのにしたかっただけなんで許してください。

初回が1/12(土)午後2時から小伝馬町ワンドロップカフェです。神田、馬喰町からも同じ距離です。その後、市川ZAZOUもまたやりたいですし、本拠地の新宿ラバンデリアでももちろんやりたい。

東京カフェ・サルサはこれからフェイスブックでファンページを立ち上げてみようと思ってます。あれって「いいね」がでかでかと表示されるのがいいとこでもあるけどすごいプレッシャーにもなるから、自分の細い神経がそんなものに耐えられるのか?というところが非常に不安だったりします。だけどカフェで普通に踊れたらいいなって思ってる方はワタシだけじゃないはずなので、月に一回程度のこの企画を楽しみにしてくれる方にきちんと情報を伝えるため、勇気出してやってみようと思います。

私たちは憲法を信じて普通の生活をしこれまで通りダンスを踊りましょう。

カフェ・サルサの企画を将来もしとりやめることがあるとすれば、それはサルサ音楽とダンスを愛してやまない人たちに支持されないという理由によるものであって、絶対に権力に屈したからではありません。

時折くじけそうになる自分がいるので、こんな宣言をここでしてしまって、未来の自分を支えることにしようと思います。

来年のサルサレッスンに関しては、私の想いももちろんありますが生徒さんから半年ぶりに夢を聞きたいと思います。今年後半、スタジオレッスンに移行するにあたってたくさんお話を聞かせていただきました。それ以来です。

自分の身体を愛することができれば生きることは随分楽になるし、刻一刻が輝かしくもなります。ダンスは夢だ、とワタシはどうしても思ってしまいます。

今日は年賀状を一通り書き終わったし、ブログも言いにくいことをきちんと書けたようなのでほっとしました。

それじゃ、おやすみなさい。














トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索