August 26, 2012

カレンダーにはまってさあ大変、など

いやいやいやいや この夏が終わらないよ。
これからお盆かって感じだもんね。
八月になると夕方にどっぱーんってスコールがくるはずでしょ。
それが今年は全然だものね。
そのへんの消火栓からぶわああああって水噴出させたら最高
だろうな〜〜〜。
勇んでパンツで飛び出すよ。

さて、久しぶりの「泣き笑い」です。
このブログ上、つれづれにあたるカテゴリーです。

こないだ中野にちょいとばかし早めに出かけまして、街歩きを
したんですね。ブラリオです。
いやー中野ってのは面白い街ですな!ファンが多いのも納得です。
適当に道がくねくねしててうまいこと坂もあったりして、この先に何が
あるんだろって気持ちになる。
そこがうまいというのかずるいというのか、魅力的。
面白そうな店もいっぱいあるのね!
カレースバの裏手には「DJブースのあるラーメン屋」があったよ。

ヘイ ヨオ チャーシュー インダハウス

あんまり不思議なんでべったり覗き込んでしまった。

「それってあり?」ってことを躊躇なくやっちまう人にはびっくりするでしょ。
こないだはKOSSY。中野に来てくれたんだけど、若々しい(なんだそりゃ)
ゲストがテーブルにわちゃわちゃしてるところをみて

「自己紹介したくないですか」


KOSSY、それはワタシよりいい人だよ。

この自己紹介ってやつは実はこの教室のルーツなんだよね。
新人さんがくると飲み会で「この人は何をしてる人でしょうか」って
いうコーナーを作るわけ。
物腰とか服装から想像するの。
新人さんて居場所とか会話の糸口とか開拓するのが大変だから
こっちから振る。
こちらもシャーロック・ホームズになれるし。

最近ワタシが気取った人になったのか、慎み深い人になったのか
(なってねーよ)、いや、遠慮して(誰にだよ)、通り一遍の会話に
とどめていたんだけど(守り入ってるな)、そこへもってきてKOSSY
いきなりブレイク。
実際のとこ、彼女は初対面の人の心を開かせる天賜の才を持って
るんだよね。
はじめての人がワタシをスルーしてKOSSYのところに行くところを
何回も見た。
それから横浜サルサコンテストで大活躍したRICCHANがキラッキラ。
おかげさまでこないだの「はじめてのサルサ」では皆さんに「楽しい
楽しい」って何回も言われました。HIGOちゃん、やったね。
JIROさんとYASSANがまったく席をあっためる暇がなくてずっと女性
たちに請われてだくだくになっていた。壊れてないといいんだけど。

とにかくなんだろ、今年は女性たちが動き出したよ。
これはこの夏が始まるころから感じていたことなんだけどね。
この仕事は世の中の空気を如実に反映しマス。
一つのメール、一つの言葉や表情が今の気分をピンポイントで
伝えてくるのよ。
昨年は多くの人たちが心神喪失状態に陥ってた。
これまでできたことができなくなった人と、人生感が変わったからと
いう理由で何かを見直した人に分かれたんではないかなと感じるのね。
それが今年はね、新しいことをしよう!もう一度チャレンジしよう!
って空気が戻ってきた。
心に希望の灯がともるって本当に素晴らしいことよね。
どのみち生きることは前へ進むことよ。休みながらもね。

さて、個人的なお話。
夏休みの最後の企画なのかな、今テレビで映画「赤毛のアン」を
シリーズで放映してます。これが秀逸で!!
キャストが素晴らしい、ロケーションが素晴らしい、衣装が素晴らしい、
ストーリーが素晴らしいのは当たり前、それが延々と続くわけ。
そもそもあのお話はなんであんなに完成度が高いかな。
いろんな種類の「人間」がどっちゃりでてきて、それぞれにものすごい
説得力があるのね。
場所はカナダで時代設定は100年前かな、だけど「人間」て切り口で
見れば現代の日本と何一つ変わらない。
愛、信頼、不安、絶望、偏見、競争、コンプレックス、期待、別れと
再会、それに戦争。人類誕生以来何一つ変わらない営みなのよ。
カナダの映画シリーズ「赤毛のアン」は普遍的という意味で傑作。
マイッタナー。仕事しなきゃ。

仕事といえば。今、レッスンカレンダーを作ってます。
今さら?!この教室って始まって何年たってるんだっけか?
それを、今なぜに「カレンダー」なのか。
レッスンのカレンダーがほしいって最初に言われたのは思い起こせば
6年くらい前のことでした。
なるほどと思ったけど、当時は実行できなかったんですね。
必要な条件を満たした手頃な機能が当時はなかったんです。
カレンダーをアップしても、書換が自由にできなければ意味がない。
外にお願いすると時差がでてしまいます。
決定とアップに時差があるとだめなんですよね。
そこをクリアするのが非常に難しかった。
なおかつ無視できないのがレッスンとの両立です。
レッスンってかなり繊細で、開催の時間は夜であっても実は丸一日
準備しているんですよ。
それからレッスンをまわすためには会場や人間関係の維持が必要で、
それにはなおのこと手間暇がかかります。
本当はカレンダーの管理に一人雇いたいくらいなのデス。

カレンダーにほしいのは「スケジュールの繰り返し機能」で、これに
加えて簡単に書換ができることが大事。
その二つがクリアされたのがGOOGLEカレンダーで、ホントにさすがっ
て感じだったですが、個人で使用する分にはいいんだけど「ひとめで
わかる」って感じではないんです。
今、ブログ上でGOOGLEカレンダーを使っていますが、わかりやすさっ
ていう意味でまだ手書きの一覧表のほうがガツーンとしてるんですよね。
皆さんにとってほしい情報がピンポイントで届くのはやっぱり
手書きの一覧表のほうなんです。

そこで、カレンダーの月日の表示と手書きの一覧表の良さ、両方を
兼ね備えた画面はできないのか、という取り組みをしています。
外がけ内がけで何度も転がされてますがあきらめるわけには
いかんのです。

その前にはレッスン内容やシステムの変更をやってましたし、連日
アタマに氷を巻いてカタチを維持してる感じ。
この夏はよりどりみどり暑いよ。

最近、レオンのすぐそばにcotoっていうステキなカフェがオープン
しました。フルーツを酢漬けにしてサイダーで割ったヤツがめっちゃ
美味しいんです。
今日はレッスンあとのこの一杯を夢見てがんばろうと思います。

とりゃー











トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索