January 29, 2012

一生に数回の一回

今まで起こったいろいろなことが今日のパフォーマンスのためにあったとさえ思われる。会場のみなさんの好意厚意期待の気持ちがこんなにダイレクトに信じられるとは、ワタシのビビりで晩生の性格からいってありえないことであります。
チャンスをくださったプラチナサルサさん、寒い中ご来場くださったサルサダンサーのみなさん、ワタシの振付を演じてくださるパフォーマー一同、自らの出番でなくとも会場を訪ねてくれる生徒たち、Kzさんはじめこれまで出会った全てのサルサ関係の方々に限り無き感謝を申し上げます。
ワタシはどうやらサルサを生涯に渡って続けることができるような気が今晩はいたします。同時に今夜のような晩はもう二度とないであろうという気もします。
芸事で何か「できた」という気持ちになれるのは一生で運がよくて数回でありましょう。幸福は自分の中をいくら掘っても見つかるものではなく、お会いした誰かの目の中笑顔の中にあると今夜わかりました。わあすごいすごい夢のようだ。みなさんありがとうありがとうありがとう!また会いましょう!



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索