January 21, 2012

理由はわからないけど食べておくとよい

二ヶ月の間カラッカラだった空のどこにこんなに水が貯まっていたんだろ。絶対人前で泣かない人がいざ泣いたときにゃあこういう感じになるのかなあ。雪の降った昨日は三組合同リハーサルをやりました。喉枯れる枯れる。でもこの「トリクム」っていう感じがいいな。トリクミって相撲か。お正月明けてからはほぼ毎日練習なんですが体調はすごくいいです。ちょっとびっくりです。随分体重を増やしたのとトリヒキでもするように頚のイタイのがなくなったんです。これにはずいぶん驚きました。だってもう二年くらい毎日イタイのが突如なくなるんですよ。びっくりしますよ。万人にそうだとはいえないのかもしれませんが、「これまでと比べて体重が急に減ってそれと同時期に頚がイタクなった」という方がいたら参考にしてください。山ほど休んでちょっとツライくらい食べると治るかもしれない。カラダは人知を超えた領域でチクタク動いており、それはものすごく複雑怪奇でありながらもしかすると最後はすごくシンプルな結論に落ち着く場合があるのかもしれない。イタクないというのはそれだけで天国で、肉や魚やチーズをたくさん食べさせてくれた友人知人には心から感謝している。便利になった昨今ではもう理由のわからない「お正月にはたくさん食べる習慣」という井戸は、見た目より深い可能性がある。おかげで毎日楽しいです。


salsaconsul at 22:34│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索