January 13, 2012

今年の教室に思うこと

火曜日に仕事が明けまして以降水木金土日とずっとダンスです。
こういう状態は「気付くとそうなっている」という感じで、やっぱり働きすぎの性なのかなあ、おかしいなあ。

火曜日は下北沢のシリーズがあります。Kzさんとの練習を水曜日にやります。木曜日にはles vanillesとみっちりです。金曜日はプライベートレッスンと自分の練習をこれまたみっちりです。土曜日はR10とべったりの予定です。そして日曜日は新宿でレッスンをします。どれも必然的にそうなってくるという感じです。

私が去年がっくり体調をわるくしたので生徒さんが随分シンパイしてくれているようです。元気が売りの商売でこういうのは自分としても不本意なので、この年末年始はぱっきり仕事を断ちました。ふっていただいた仕事をお断りするなど自分の大の苦手ジャンルですが、今回はとにかくやりました。NOということ。原因不明の体調不良から抜け出す第一歩はここにあるだろうと思います。口で言えないことは身体が痛みという形で表現しようとする、という考え方を今現在の自分はかなり深く信じております。

結果どうだったかというと、二週間仕事を断つうちに「身体のどこにも痛みがない」状態を何年かぶりに経験することができました。これは非常な驚きでした。昨今の自分はどこかここかがイタイという状態が常態化(めんどくさい表現ですみません)しており、イタさに耐えることがあたりまえとなっていたのです。家人によるとイタさというのは脳に対するノイズになるのだそうで、それにより脳が疲弊する(何もしていないときでも、ということですね)ということが自分の実感をもって間違いないと思われます。

そこから今度は痛みが発生する瞬間を確認することもできました。これもまたたいへん有効なことでした。総括すればどれも「ストレス」のひとことですが、それらを「逃げるべき(逃げていい)ストレス」「乗り越えて自分の成長につなげるストレス」「考え方を変えることによってストレスをストレスでなくする」などの脳内グループ箱に整理していくわけです。その判断がうまくできると痛みがすっと消えます。

こういった作業がうまくいっているようで、いきなりトップギアに入ったこの年明けをこれまでのところ順調にのりきっています。照準はまず第一に1/28の三組連続パフォーマンスにあてられています。各メンバーにもKzさんにも自分自身にも、それぞれに超えたい課題があります。私に関しては今回衣装を大幅に変えシューズも変更しますので、それに対応できるだけの筋力と柔軟性を強化するという大きな課題を持っています。特にフロアーをねっとりと捉えて離さない脚力が課題の筆頭となっています。

照準その二として、クリスマスパーティーや新年会で確認することのできたこの教室のらしさ、いうなれば「絆」のようなもの(・・・こっぱずかしいですねえ)を今年いかにつなぎ育てるかということです。イケイケドンドンと太鼓を打ち鳴らすやり方は今の自分にはあっていません。しかし私が思うよりも、メンバーが結婚したり出張で遠くに離れたりして一瞬ばらばらになりかけたこの教室の絆は、想像を超えて強い「より」とか「巻き」を持っているように感じられます。出会いはいまや、年代問わず多くの人々が祈念する何よりも強く激しい願望といってよいでしょう。この教室はそれを確かに手にすることのできる場でありえます。私はそれを目的に皆さんに集まってもらおうと思って教室をやっているわけではありませんが、結果的にはここでの出会いが爆発的な友情と喜び、恋、最後には結婚へとつながるシーンを何度も目の当たりにしてきました。そういう決定的な出来事をこの細腕でもってやれたということは、自分の人生として本当に数少ない小さなダイヤであると誇りたい。そういう理由で、今年の自分にはまだ気付いていない大事な仕事があるのではないかと感じています。

今度の日曜日が新宿レッスンの年明けになります。一本だけですがスパークリングワインを持っていきますので2コマ目と3コマ目の間に空けましょう。今年の新宿メンバーがよい人間関係を築き同期として長くサルサ友達・あるいはそこから恋愛へと発展することを祈念して乾杯しましょう。それから1月の下北沢レッスン生は1月の新宿レッスンを500円引きにするキャンペーンをおこないます。2500円→2000円、2000円→1500円という具合です。レッスン内容は下北沢を踏襲し、より深く確実に踊りこんでもらえるようにし、メンバー間の交流を促進し、何より大勢でわいわいと練習するあの楽しい雰囲気を盛り上げていきたいのです。ここ一年で2010年頃から加わったメンバーはほぼその前の世代の力に追い着きました。新宿レッスンはクリスマスパーティーで新しい可能性を見出しました。料理と酒があり、照明を落とし、参加者の交流がさかんにおこなわれる雰囲気。時間や曜日の変更もありうるでしょう。場所の変更も視野にいれてよいでしょう。より楽しく、より盛り上がり、より新規のメンバーが入ってきて人と人が網目模様を描いてつながっていくレッスン場所を作っていきたいと思っています。アイデアやご希望がありましたらぜひおきかせください。またこれらを可能にするのは参加するメンバーさんのキャラクターに大きくおっています。異性・同性ともに語らえる、おいしいものを発見したときには嬉々としてそれを皆に試食させる、得意ジャンルとコンプレックスが仲良く拮抗している。そのような皆さんに集まってもらえば今年も結婚ラッシュ間違いないでしょう。本年の大いなる盛り上がりを演出すべく全力投球でいきます。昨年までと違うのはそこにいかなる痛みも生じない形でやるのだということです。このブログは体調がすぐれない方にとっての情報源にもなっているようです。痛みに感謝し、軌道修正をするのです。私と似た痛みを感じているブログの向こうの皆さん、まず自分のために生きるのだということを確認してください。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索