December 25, 2011

応援ありがとうございました!

20111224R10 013R10の新作"Can't take my eyes off of you"をお披露目が無事終了しました。特別な夜を私たちとともに下北沢でお過ごしくださった皆様と発表の場をくださったバーサルサさん、ありがとうございました



今日は寒さとの闘いでした〜んもうほんっとに寒かった!!右から二人目のANNちゃんに風邪直撃。でもこの写真見 ると一日咳と鼻水だったとはにおわせないからエラい。それにしてもみんなめっちゃいい顔だわー表情最高だし髪も化粧 のりも完っ璧だあ。

ふりかえれば振付に入ったのは9月です。3分半、なーんにもないところから一歩一歩ステップを全部覚えてもらったのか思うと今更びっくりなり。R10は「明るいキャバレーガール」をテーマにしてこれが二曲目のトリ クミでありました。

12月に入ってから得意のシンパイ事とイベント参加券の乱発(自己責任)によりテンションの暴騰を招きまして脳の血管が切れそうになっていたワタシでし た。出かけるにしろネットにしろ買い物の時間がないっ!!!そんなとき巻物にするピンクフワフワを店先で見つけた瞬間、速攻その場で「これ買っていい?」 とメールを送ったら、ほぼ同時に左二番目のRUIちゃんから「いいですよ〜(ほわあ・・・)」、右一番サイドのERRIEちゃんからは「センセイはりきり すぎて写真の添付がありません!!」。ボケとツッコミの真っ只中に立った瞬間。いずれにせよその日のうちに5本、雁首そろえて 購入しました。

メンバーがほんとに力をつけたのは本番前二週間をきってからです。目の色がかわってきたというか、できないとほんまにやばいという雰囲気がでてきたのがこのころ。仕事もこの時期に一年でもっとも忙しくなるときで、このころがいろんな意味でみんなにとって一番しんどい時期だったかな。そんな中メンバー同士で自主練を組んで着々とがんばってくれて心がふるふるしました。

当日は一段と寒風がつのって、もう布団から抜けること自体ムリだぜよという感じまで差し迫っていた。けど午後1時にあらわれたメン バーの顔は明るかった。まったくもってなでしこそのもの。化粧と髪のベースを全員ちゃんとちゃんと やってきてくれて、その段階で全員めっちゃキレイでした。ああ・・・そっかーみんな早起きしたんだ、とひと目見ただけでわかった。そのとき大体成功が決まったかな。

本番は強い。それから始まった「踊る、撮る、見る、反省する、また踊る」の繰り返しで通常の倍倍ペースで仕上がっていったのでした。午後一の通しでは後半がぐーだーぐーだーに見えたのが本番ではそれが全然なかったーおどろき。何かな、最後は手だろうなあと思う。パフォーマンスで最後に立ちはだかる関門は手。手が全員キレイに揃っていればもうOK。手は人をあらわすというけど、こういうグループでもその言葉どおりかもしれない。五人で手の形と位置をそろえるって結局、五人が同じアクションをしてるのと同じことになりますでひょ。

今回いちばんあがったのが左一番サイドのRIEママ。前日に「センセイ、当日衣装は着ていきますか、それとも会場で着替えますか、着替えるとすればいつどこで」ってメールがきたときワタシは笑いました。共感の笑いです。RIEママにもそういうことってあるんですねえ・・・!!で もって今日控え室で本番が近づくにつれ「振付が思い出せなくなった(←三ヶ月ずっと踊ってる曲です)」とママが口にしたときは「きた」という感じでした。が、センセイも実はきてました。化粧と髪と衣装の準備が完全に間に合ってなかった。具体的には髪のセットと口紅と網ストッキングを履くのと シューズをはきかえて紐をしめるのとラインストーンを接着剤でつけるのと全部あわせて残り20分というのはもうダメだろう。まい上がっちゃったよコンテスト決勝戦はこの二人。

一方でウィメンオブザマッチはERRIEちゃん。この曲おわったら出番(やなんだこれが)という局面で私の顔と手にラインストーンをピンセットでさくさく貼ってくれた。この衝撃はいまふうにいう


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索