August 30, 2011

深い森をカヌーで

一進一退の中に気付きと希望が見えるようです。

二つのイベントで無事に役を果たすことができました。
また、あえて残した通常レッスンではいつもと変わらぬ
内容レベルを維持することができました。
まずはこの二つにほっとしています。

たくさんのメッセージや励ましのことばをいただきました。
気にかけていただけること、心からありがとう。

今回新しくよい薬を処方され、痛みの少しもない朝を
久々に体験することができました。痛みがあるのが当たり
前で、さらに先週は激痛に悶えてきたので、このウソみた
いな状態が信じられず、一方で本来はこれが本当なんだ、
これを機に「こちら基準で生きていくにはどんな工夫が
必要だろう」というような考えに変わりました。

今週はle vanillesの初舞台を控えています。

これまでの経緯からいうと「かなしげでちょっとエキセン
トリックな振り付け」の流れに位置します。四回の練習で
すでに振りは全てついて、今週は踊りこみと表現に踏み込
んでいきます。

二人の実力・集中力ともに素晴らしく、みるみる仕上がっ
ていきました。この時期にこのレベルで作品が作れるのは
二人のおかげです。ありがたいことだと思っています。
まだここに力が残っていたか・・・と安堵と感謝の念で
いっぱいです。

こういう状態だと己だの意志うんぬんというのは役にたたず、
ただカミなるものの采配に従うのみです。

また、これを機にこの教室というスペースに贅沢に詰め込
んできた様々な宝のうち、何をもっとも輝かせ何を手放すか
を真剣に吟味せよというメッセージも感じています。

肉体の状態は暗がりにあるといえども、素晴らしい出会いや
発見がこの日々の中にも確かに存在し、人生というワンダー
ランドの中に配置された深い森をカヌーで旅しているような
感があります。

作品を作るにあたり激しい消耗がおこりますが、つくるとは
それだけのことなのだという覚悟でもってやっていきます。
消耗したら補充すればよいのだから。

その補充の方法についてはより真摯にとり組まなくてはいけ
ません。

ワタシとともにサルサを続けてくださる方の存在が必要です。
これからもよろしくお願いいたします。






salsaconsul at 10:23│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索