February 20, 2011

飲むと肩が凝る人いませんか

困った、といえば昨日ちょっと困ったことをききました。


足のマッサージをうけたときにいわれたんです。


「肝臓の状態は頚・肩の硬さと関連しています。
お酒はどれくらい飲まれますか」


きた〜〜〜〜!!!(=くるな〜〜〜〜〜!!!)



そうです。それ、漠然と気付いてはいたんですが逃げ回って
いたんです。


体調が非常に悪化した一昨年〜二年前くらいのことですが、
レッスンの帰りにビールを飲んだところ帰り道に頚と肩が締め
あがるように痛むことが何度も続きました。

おかしいなおかしいな、さっきまでは大丈夫だったのにな、
電車のクーラーが効きすぎなのかな、などといろいろ考え
ました。レッスンのあとのビールは本当においしいので、
それをやめるのをどうしても受け入れたくなかったというの
もあったかもしれません。

でもあきらかにその関連性を認めざるをえないほどに痛く
なりまして、結果的にはどの曜日でも痛くてどうしようもなく
なったために全体的な生活の見直しをしました。

原因の第一は栄養失調です。新しい環境に生活が激変した
ときはタンパク質を大量にとる必要があったのですが、ワタシ
は緊張すると胃のはたらきがわるくなるので肉よりも菓子パン
をよく食べていました。これが非常にまずかったんです。
この春職場環境が変わる方にはぜひ知っておいていただきた
いです。肉・魚やタマゴ・ナチュラルチーズを十分にとってください。

次がアルコールです。内臓はじめ体の機能全体がよわって
いるときのアルコールは肝臓に過大な負担をかけてしまう
ようです。肝臓がアルコールの分解を順調にできないと首や
肩の冷えと硬化がおこり痛みが生ずるらしいのですね。

お心あたりのある方にはワインと黒ビールをおすすめします。
どちらも体をあたためる作用があって、血流がとどこおることが
少ない気がします。

ワタシは体を動かしたあとのビールが・・・もっといえば乾杯が・・・
すごく好きで、これがないとなるとどうにも一日がおわる気がしない
のです。だけど体をあたたかくやわらかく維持することもかかせませ
ん。

あったかいおつまみにビールは軽く、あとはあったかいお茶。
ちょっと味気ないけど体調にはかえられませんものね。

そうはいってもワタシャたとえちょっとであろうとお茶であろうと、
のみにはでますよ。みんなと一緒にいるときがすごく好きなん
です。一日めいっぱいやったあとの一番のご褒美はなんてっ
たって笑いですから。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索