December 25, 2010

感動の・・・

市ヶ谷「楽○」(Raku-en)がさきほど最終回をおえました。
いっぱい、いっぱいお集まりいただきました。
本当にびっくりするくらいに。


この数ヶ月の間に自分の中におっきな変化があって


それは言葉にすると恥ずかしくてありがちすぎてしょーも
ないものなんですけれども


端的にいえば


自分だけではなんにもできないことがホント、やっと、わかった。


ね。はずかしいっしょ。まじではずかしいす。


夜中じゃなかったら絶対書けないな、これ。


おいらはこれまでみんなにそれこそ膨大な質量のお祝いを
いっぱいいただいてます。特に誕生日に。


それ、どうやってうけとっていいのか、どうやっておかえしして
よいのか、これまでホントわかんなくて。


それが、市ヶ谷をクローズすることが決まって・・・それって
ほんの数週間の間に決めたことなのでそのあいだアタマ
完全にクルクルになってしまって、平常心維持するのが
まじできつかったんですけど


その間に内的にいろんなタタカイがありました。


しめる。しめない。しめる。しめない。
昔やった花びら恋占いみたいな毎日がずっと続いて。


まじできつかったんですけど


しめる、って決めてから今度は


あったかく、やわらかく、盛大にしめられるかなっていう
改たなタタカイがはじまりました。


この「心配」という怪物はインストラクターを始めて以来
おいらから一瞬たりともはなれたことがありません。


正直、つかれました。


で、この数週間の間に


自分は「楽しいことしか考えない」というまったく新しい
取り組みをはじめました。


ほんとうに、一刻一秒楽しいことばかり考えるというもの
です。


昨日、年末でクリスマス直前の祝日で、雨こそ降らなかった
ものの寒くて


なわけで自分は一人で楽しく踊る準備を山ほどして恵比寿に
いきました。でもそういう自分のココロの中は


「今日も楽しいことしかおこらない」


結果的にはいつものメンバーといつもはこれないけど今日は
これたメンバーとですごく濃い練習をしました。


音楽からインスピレーションをうけていくらでも振り付けが
できる自分に自分がものすごくびっくりしていました。


恵比寿がやたらハッピーに終了すると


翌日の「24日クリスマスイブの金曜日」という名のまたしても
例の怪物が自分にのっかろうとしたのですが


自分は簡単にそいつとバイバイしました。


「明日も楽しいことしかおこらない」



自分が市ヶ谷でレッスンを開催したのは4ヶ月です。


その、けして簡単ではなかった日々は、今日、日付だと昨日、
12月24日金曜日クリスマスイブに自分がみんなにできる
ことをするために存在したのだということを、今はっきりと
自覚してオル。


最後にひとつ奇跡みたいな話を紹介します。


タグチさんが真紅のバラの花を差し入れてくれました。


その数はご来場の女性の数と一本たがわずぴたりと合致
していました。


どうやらカミはいます。今回の場合、それはジーザス・タグチ・
クライストという名前をしているらしい。


さてと。明日おいらはアキバの会場で楽しいことばかりします。


ところでみんなも楽しいことばかりやってるの?


これ、忘年会でぜひきかせてください。


さてねるか。










salsaconsul at 04:39│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索