October 21, 2010

よっく見なさい

ども!こんにちは〜!
昨日はスカートの丈伸ばしで一日キレイに消滅してしまいました。
夏のパフォーマンスに続いて今年二度目の縫い物地獄です。

大体到着したときのスカートを装着してみたらどう見ても裾がパン
ツの上になってるのね。もとの持ち主が身長1メートルの女子高生
じゃないとあわない。

腰まわりにたっぷり織り込んだ予備分があって、これを引き出すこ
とにしました。「そのままで」という意見も出るんだろうとは思いまし
たが、おいらももう相当大人だし、あの短さが喜ばれるよりも顰蹙
を買うだけになるところを想像しただけでカナシイので。

はじめは「な〜に〜こちとら真夏に6メートルのスカート作ったんじゃ
い、なめんなよ」くらいの強気でしたが

いったん腰ベルトを外して伸ばしてもう一度縫い直すだけかと思い

さくさくと縫いこんでいったら


腰ベルトと折りたたんだスカートの幅があわないよ


ぬあ〜〜〜に〜〜〜〜〜!!!



北斗の拳の顔で叫んだよおいらは。午後からやりたかったあんな
ことこんなことが頭をよぎる。


しかもちょっとやそっとの狂いじゃない。ひだ二つ分もずれちゃうな
んてあんまりだよな。


「時間ない時間ない時間ないよー・・・」目をつぶってそのままはいて
みたんだけど


あまった布のところがばふばふしてすごくやなんだこれが!


この「やだ」という気持ちがなければ、一生で三つくらい大事業を大成
できるはずなんだが・・・。



こだわっちゃうんだよなあああ・・・!!!



いったん縫ったもの全部外して

新しくヒダを作り直して

霧ふいてアイロンでプレスして

ベルトにいれこんでしつけして

ダダダダダとミシンで縫ったら


曲がるんだこれが


縫ったものを二度全部外して

ベルトにアイロンかけなおして幅を均一にして

ひっくり返してしつけして

ダダダダダとミシンで縫って

表にかえして手縫いでまつって

さあホックをつけようと思ったら


裾の長さがサイドであってないんだこれが


まつったところを三度外して

長いところを上に引っ張りあげて腰ベルトにいれこみ

ミシンで縫い直して手縫いでまつりなおして

ホックつけて脇にスナップつけて


さあどうだ




(はいてみる)



うっとりだまるで買ったときレベル!!






ここで恐ろしいことに気付いた。




私はすでにこの制服に
愛着を感じ始めているのである。

(森瑶子風)


というわけでハロウィーンは「どうどう、見て〜」なんかじゃなくて
(それはそれでふざけた話だけど)




「見ろ」





くらいの気持ちなのだ。



この私をよっく見なさい。

(再度森瑶子風)




特にベルトのところをね。何度でも見せてあげるよ。



話はかわって、こないだシモキタ組と飲んでたら「恵比寿にイクラを
ストップというまで盛ってくれる店がある」という話をきいてしまい

以来アタマの中が常時イクラ丼に支配されてるんだ。

さっきその店を見つけて、ずっと写真眺めてるんだけど


・・・たまりません


いやあ今日ってこれ、恵比寿のレッスンの前に一人で(居酒屋)
食べてったら申し訳ないのかかっこ悪いのかどっちなんだ?
レッスンのあとって店でいえばピークになっちゃうのかなあああ、入れ
ないのかなあああ・・・


どうも何かと練習に集中しにくい、そんなおいらの週明けであります。












トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by RIO   October 22, 2010 12:48
ははは、すみません、自分でもそう思っているんです。はははは・・・・
1. Posted by DJ Higo   October 21, 2010 23:11
やれやれ。
(村上春樹風)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索