April 28, 2010

なくしちゃった腕時計

最近あんまり個人的なことをブログに書かなくなりました。

書けなくなりました。書きにくくなりました。あたりさわりない書き手
になってきてます。おそろしいざます。

そう、いい子ちゃんにまるくおさまろうとしてるのです。つまらん。

前だって好きなことばかり言いたいように言わないようにはしてきた
のですが、昨今になってより「優しいこと・よきこと」を書かなきゃい
かんなみたいな気持ちに傾くことが多くて。それは国として今全員が
疲れているのであんまりとんがったことを言うと「悪いかな」みたいに
思っちゃうんだなこれが。

あと、私にあったことない方がこのブログを読んでおっかない人だと
思う、というのがなんかちょっと寂しくなってもきてしまった。
ああ・・・トシだ。守りに入ってる。まずい。

なんかこう、時代のしんどさにつられて自分がいい人になる、という
流れがつまらない。やだ。反抗するぞ。

勢いのない生き方はやだ。つまらない。不景気だからって勢いを失う
ってのは弱くないか。それは景気がいいからって調子にのるのと同じ
くらいかっこわるいような気がする。景気がどうだろうが、自分の貫き
たいことは関係ない。そこは影響されたくないな。

今日下北沢の3回シリーズが無事終了しました。ご参加くださった14
名のみなさまアリガトウ!それからちょっと心配してレッスンのあとに
様子を見によってくれた方々、マジで嬉しかったす。こういうときに
なんかほんのり恋心的なありがたさを感じる。家族でもなんでもない
けど、そういう控えめな優しさがオイラにはすごくこたえる。ほんとに。

知名度ゼロだった自分がほのかに「顔は知らないけど話はきいてま
す」程度にぼちぼちなってきてちょこちょこ出番もいただいたりして。
そうずると多分皆さん・・・生徒さんね・・・のほうがどっかつまんない
な〜というか、薄くなってしまうというか、そういう現象がおこるわけ
ですよね。自分が変わってなくても状況的にいたし方なく。
それを仕方ないものとわりきらなくちゃいけないと思ってる自分と、
なんかこれって薄いよな〜と思ってる自分とが両方います。

ラキアにきてくれてもとうとう最初から最後まで一回もしゃべらないで
終わっちゃう方もいるしね。それってかつてはありえなかったことで、
どうもヘンな感じがするんだよな・・・。こういうのもしょうがないことな
んかな?

これは「メールくだせえ」とかそういうことをいってるわけじゃ〜あ〜り
ません。メール打つのって疲れるじゃん。こまいから。これまで通り
おつきあい続けてくれればいいんであります。ただその「ああ状
況がかわったんだよなああかわったさかわったともさ」っていう今の
気分について書いてみたくなったのです。

まあ、とにかく、とにもかくにもいいじゃん今晩はお祝いだ!
はじめての場所でいい仕事をやり遂げるっていうのはとても嬉しい
ことなのだ。最初からたくさんの方にご参加いただけて嬉しかった。
そして5月のシリーズ開催もめでたく決まりました。10人の方が
すぱっとご参加表明してくださるってのは特別なことだと思ってます。
私にとって下北沢は仕事場になるはずない場所だったけど、こう
してまた新しい出会いをいただけたことに感謝します。

サルサを仕事にしたからには昔と同じにサルサと肩組んで歩くわけ
にはいかない。今夜は嬉しくて、だからこそ何かなくしちゃったかも
しれないお気に入りの腕時計への執着を捨てきれないみたいな、
そういう時間をひっそりすごしています。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索