February 24, 2010

踊る人類

こんばんは。オリンピックじゃないことがいかにたくさんあろうとも、
今はオリンピックに熱狂しておくのが一番気持ちよいですね。
日本中が固唾をのんで見守る女子フィギュアです。
キム選手と浅田選手の年や背格好の近さと、それに対する性格の
コントラスト・・・負けん気を隠そうともしないおきゃんなキム選手と
静謐で小さな王女様といった感じの浅田選手の対照性が、演技そ
のものを彩る高いエンターテインメント性を持っています。

メダルをとるために要求される三回転ジャンプや連続ジャンプの数
が過酷になっていけばいくほど、女子フィギアの優勝候補はどんど
ん若年齢化したように思います。体重が軽いほうが着地の衝撃が
少なく有利なのでしょう。

あの若さでこれほどの重圧に耐えられるのも、二人にスケートが大
好きだというシンプルな情熱が絶え間なくあるからだということは想
像できます。

フィギュア選手を襲う本番前の緊張はすさまじいようですね。
男子選手でも本番前に泣いてしまうほどだそうです。

それでも人は表現がしたい。音楽と体が一体化したときの喜び、し
かもそれを観客と共有できる喜びがいかに人間の根源的な要求
であるかということなんですね・・・。

アイスダンスで優勝したカナダのバーチュー・モイヤー組の完成度の
高さが世界の度肝を抜きました。

アイスダンスはジャンプの必要がない分だけ表現の豊かさを追求
しやすい競技です。まるで映画を見ているような気分で楽しめます
よね。今回の演技はバレエのクライマックスをそのまま氷上に持ち
込んだようなものでした。

現在のアイスダンスのスタイル・・・一つのテーマをつぎはぎしない
一曲の中でドラマティックに仕立てあげ、技術の問題を観客に一切
感知させることなく激情に巻き込んでしまう・・・原型になったのが
トービル・ディーン組のボレロだったろうと思います。

そして今年も伝説がまた生まれましたね!

人は踊る。どうしてかわからないけど、人は踊る生き物です。





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索