February 07, 2010

本日のメニュー

さんむいさんむい。昨日今日の風はなんだかすごいね!
カイロが手放せません。
そうはいっても日差しが明るくて嬉しい日曜日。
では今日のメニュー参りましょう。

テクニカルサポート、今日のテーマはオープンシャインです。

フックステップとスージーQを題材に足をしっかりフックORクロスさせる
ことを目標にします。

うまく踏むには膝の調整が必要です。また内腿が体を持ち上げる力を
引き出さなければ足がもつれてみっともないことになってしまいますの
で、鍛えるという観点も大事です。

スージーQは「なんだかくねくねしているように見える」といって嫌な
印象をもたれがちですが、何も体をくねらせるのがスージーではあり
ません。

一歩一歩よい場所に足をおくこと、膝をうまく使うこと、骨盤の向きを
正しく調整することが大事です。そのうえで上半身をリラックスさせて
腰にのっけておけばOK。肩や胸があっちこっちにぐにゃぐにゃ見え
るのは足元が緩いせいなので、まずは足元から固めましょう。

最後にシンプルでまとまったステップルーティーンに仕上げます。

アイソレーション、今日は頚と骨盤です。部屋を十分にあっためて
行います。

バチャータ、今日は足幅をとって片方ずつに重心を置く感覚を確認
してから、女性とゆったり回転し続ける練習がメインです。

女性は胴体の動きを相手にあわせることによって、不規則なステップ
もすんなりうけ入れることができます。

そのためには男性の胴体の動きが足もとと矛盾ないようにしておく
準備がいります。どすこい歩きだと一緒にひっくり返りそうになります。

双方そのへんの確認を中心にみっちりやりましょう。
その他、ステップや腰を柔らかく使う練習は基礎ですからいつもどおり
やりましょう。

サルサペアワークはラキアでレッスン後に質問があいついだ「女性を
バタフライから羽交い絞め型」をより詳細に解説します。

特に男性の足元やふさわしいテンション、女性の対応の仕方をブラッ
シュアップさせます。

ON2系をON1にアレンジした技もさらにパターンを充実させていきま
す。新しいからだの動きや目線の使い方で柔軟性が増し、「ここのとこ
技がマンネリになってるなあ」という方ほど手ごたえが大きいと思います。

ご参加の方、今日もわいわい愉快にやりましょう!
合間の雑談推奨。スタジオレッスンはみんな緊張しがちなのでおしゃべ
りしながら楽しくね。





トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by RIO   February 09, 2010 01:29
ども!昨日はご参加ありがとうございました〜シャインはちょこっとでもきっちり踏めると見た目もいいし、何より自分に自信が持てます。これからも続けていってね。

ワークマンといえば「つなぎ」もかっこいいよね!あれをエプロンがわりに着るっていいよなあと思ったりします。

工務店企画よかったなあ・・・ぜひともドンしたいもんだと思います。
1. Posted by たまま   February 08, 2010 01:00
急に行くことにしたら、急に決めんなよと突っ込み入れられた、たままです。
今日もありがとうございました

フリーで今日のシャインをとりあえずノリで使わさせて頂きまして、同じレッスン受けていた人から
()イイ!
たままじゃなくて振りが!と言われました
お前も同じの習っただろ〜と突っ込みましたが(笑)

比較的易しい完成度の高いことを続けるほうがよい結果に繋がるなあと感じています。

あ、某工務店トリオはやはり経費でドン!ですかね。アメ横じゃなくてワークマンあたりでアリクイしてたりして。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
これまでの記事
記事検索