December 20, 2009

そこで一句・再び

ども!すんばらしいお天気でございます。
寒さなんかぶっとばせ〜っ 
こないだナンバーディスプレイを投入した話は書きました。
早速登録しておいたらば、電話回線交換の営業担当から
見事に電話がかかってきました。
ディスプレイに点滅する「お断り・お断り」の文字が残虐的
に嬉しくてここで一句。


電話にお断りされる電話会社


ちなみにたまたま昨日読んだ話ですが、アメリカでのこの
電話回線関係の営業電話が相当すさまじいらしいですね。
うちの場合は光回線にせいせい、せいせいせい、せいせい
せいせいせいせいという電話ですが、アメリカでは長距離
電話回線はうちでどう、どうどうどう、どうどうどうどうと言う
んだそうです。
交換するとクーポンがもらえるので変えまくる人も多数とか。
やれやれ・・・

年末はお付き合いお付き合いお付き合いの連続でござい
ます。こないだ私の好きなグルーブライン(J−WAVE)で
またいいネタやってましたよ。テーマは「酔っ払い列伝」。

「酔っ払うと喉渇いちゃうのよね〜ぐびぐびぐび」といって


ネコよけの ペットボトルを 飲む女



皆さま、よき友とよき酒を。

かくいう私も12月の週末は存在しないも同然です。
ようやくひといきつけるのが深夜26時くらいでしょうか。
まあこの時節は皆さんそうでしょうけれどもね。

そんな時刻にふと耳にしたお話です。
ひさしぶりに小林克也さんのトークをきいてましたら、
こんな事実があるんだそうです。


バリー・マニロウがきらいな
フィル・コリンズ



これは見た瞬間笑える人とまったくわからない人にきっぱり
分かれるんでしょう。
わかる人には味のしみた筑前煮くらい好んでいただけると
信じます。

バリー・マニロウは往年のロマンティック・ポップ歌手でして
雰囲気はヒデキの体に石田○一さんの頭をのせたような
感じというんでしょうか。白いスーツをきて「こ・ぱ・か・
ば〜〜〜な〜〜〜」と軽やかにサイドステップ&クロスを
決めるところを想像いただければ。

フィル・コリンズは歌って叩けるドラマー兼歌手で、ブルース・
ウィリスよりも先に「この人はかっこいいか」を世に問うた先駆
者です。歌は非常にうまいですね。

このフィル・コリンズが小林克也さんとのインタビューで
キライな歌は何かときかれたときの答えが「バリー・マニロウ
のバラード」だったそうなんですが、いくらここが東京とはいえ
グラミー賞の授賞式とかで顔あわせたときに気まずくない
んだろうか、などと考えてしまう自分は小さいんでしょうかね。

フィル・コリンズは意外に社会派らしくて、バラードの歌詞が
世の不正を問う系の内容だったりするのだそうです。
そういうこと考えてるから髪にも影響が出るのかもしれません。

さ、本日は新宿にてレッスン開催です。
テクニカルサポートはアパッチです。
先週はオープンブレイクで完全にはまりました。
アパッチもブレイクから入るので再びみっちり練習を積みま
しょう。
バチャータはあのエロシリーズをなんとかして使えるところ
まで落とし込みたいですね。
今日の自分はサルサよりもバチャのことを考えなくてはいけ
ません。男性が女性の体を意のままに操るとはどういうこと
なのか、真に問われるところです。
ここだけ読むとあまりよくないサイトですね。
サルサはラキアでやりたくて時間切れになっちゃった、肩を
抱いて歩く技はいれたいですね。こういうなんてことないのが
モテだろうと思います。

さ、二日酔いと食べすぎの体をひっぱたいて寒風の中出かけ
ましょう。皆さま後ほど!


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 実は   December 21, 2009 00:11
このインタビューでフィルコリンズは「バリーマニローが嫌い」とインタビューで答えたわけではないのでは。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索