December 05, 2009

どうせ私が悪いのよ

どうせという言葉は運気を下げるワード筆頭らしい。

それがどうした、私はいつでもどこでもよく「DOSE」。
生きてるととにかくいろんなことがある。
そんなとき「HAIHAIHAIHAI、DOSE OIRAGA 
WARUINOYO」とつぶやいてみるとあんまり運命を
うらまないですむ。
けっこう使える言葉だと思うんだけどね。

おいらのうちのまんまえにはお金持ちのおうちがたっている。
うわー古典だな・・・セレブでも勝ち組でもない「お金持ち」。

総レンガ張り、それも画一化されたつるつるのレンガでは
なく、イタリアで手焼きで作られた一個一個微妙に色合い
が違います的なレンガなのです。

でもってさかんにネコが出入りしてるあたりもまた、いい
感じにお金持ちチックな味を出すのだった。

私はそこの大奥様がキライである。

ときはさかのぼって二年半前、ロスに出かけるときのことだった。
すごい荷物だった。もうほんとにすごい荷物だった。
多分20キロか30キロかあったトランクを階段でよっこいしょ
よっこいしょおろした。

例によって時刻がぎりぎりで・・・そう、時間に余裕をもって
旅行に出かける人の気持ちが私にはわからない・・・いや、
すごくがんばったのだ、すごくがんばって荷造りしていたのだ
前の晩から。

まあいいや、とにかく荷物をおろしました、と。
駅まで巨大かつ重量たっぷりのトランクをどんがらどんがら
転がしかけてふと気づきました、決定的な忘れ物に。

ありがちすぎて書くこともはばかられる状況なんですが

とにかく。忘れ物をとりに戻るためにそのトランクをもう一回
上階に運び上げる、と。

なわけないだろう。


よくあることだが一瞬頭の中がホワイトアウトした。

でこれまたよくあることだが、私はホワイトアウトすると
ちょっと考えられない行動に出るのだ。

そのときは路上にトランクを置き去りにして駆け出したので
ある。

要は時間がなかったというただそれだけのことなんですが

そのときに、マンホールの中に隠れて全てを見張っていた
らしい大奥様が地中からぬっと登場したのだ。

「なに、これ?」

と鼻の上に30本くらい皺をよせてケガらわしげな顔を全面
的に強調してみせた。

ホワイトアウトの真っ只中の自分は

「すぐ戻りますから!」

とかなんとか叫んだと思う。

大奥様は

「やめて!」

といって、トランクの中身は死体だろうとでもいう顔をあそば
された。そればかりかしっしっと手で払う仕草までなさった。

以来私は執念深く大奥様を嫌っている。
なんかこう遊び心のないヤツだと思うのだ。

どっちが悪いかといえば、そりゃもう私が悪いに決まっている。
1000パーセントまごうかたなき、私が悪いんです。

こういうときに「DOSE OIRAGA WARUINOYO〜♪」
の登場である。

今日お昼を食べに出かけたら、ちょうど私がトランクを置き
去りにしかけて果たせなかったポイントにアロエの鉢植えが
並べてあった。丸々太ってなかなかいい枝ぶりをしている。

あれ夜中に全部もぎとって私のビタミンC源にしたらどうだ
ろう。

なんて考えながらBLTサンドをほお張っていました。



おまけ:以来なんでもはやめに準備するように変わってきました。
落ち着いて行動する人のほうがやっぱりいいもんだと思います。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索