August 20, 2009

夏の一文字

ベランダから吹き込んでくる風の涼しくなったこと〜先週の今日あたり
あじーあじーよーと泡ふいていたのにこの急展開はどういうことでしょう。
この夏をはやくもまとめに入っているのかいないのか。
いや9月5日までは終わりたくとも終われないぞ。
そうそうこないだこの夏を象徴する出来事があったのよ。

先日書いた、「一穴ぶちっと刺される。それが一晩に何箇所もやられる。
草にあたったときのような強烈ないずがゆさ&腫れ。蚊ではない。」

んもうそりゃあまいりました。部屋しめきって殺虫剤たいても蚊取りを
あっちとこっちにたいて寝てもやっぱりやられるのね。
アメーリカ製の「クッションの中のダニまでたたきだします」っていう豪
快な掃除機も正体の見えない虫の前には歯がたたず。
こんなこと今までなかったよなあああああ。
眠れない夜が続きました。

刺され続けておよそ一週間。ついにヤツを見つけました。
衣類の前にたらしてある目隠し用の薄手のカーテンにしっかりとしが
みついている、なんというか「ナウシカに出てきそうな虫」とでも言えば
いいのか、とにかく先祖代々人の血を吸って生き延びてまいりました
的な三葉虫ちっくな外観の虫二匹!

いやあごめんねえ、読んだだけでかいーくなるでしょ。

これまで、刺す虫は飛ぶんじゃなければ床にいるもんだという先入観
があったんだなあ。その二匹はカーテンにいたんだ、だから見つから
なかったわけね。コロコロでがっちりキャッチ、その上にセロハンテー
プで「蓋」をして標本にした。

見れば見るほどキモチワルイぞ

以来、刺されるとすれば蚊、といういつもの夏を取り戻したのでした。
ああ、蚊なんてかわいいもんよお!!
ナウシカ虫のおかげで免疫ついて蚊くらいじゃ痒くなくなったぞ。

Kちゃんとこは家の中にコバエが大発生してさあ大変だったときいて
ます。この夏はいつもより二割り増し虫が活躍した気がします。
私にとって2009年の夏は「虫」。なんだっけ、年末か年始だかにどこ
かのお坊さんがこの一年を代表する一文字を筆で盛大に書く行事が
あったね。あの感じで、



   虫



ここまで書いて鳥肌がたったのは、涼しくなった風のせいだと思いたい。

さあさあ今日は恵比寿の日。
気分一新からっとさわやかに参りましょう!




トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by RIO   August 21, 2009 15:51
そうなのよ、みんなのランチタイムがすっごくさわやかになるだろうなと思いながら書いたのよ。すまないねえ・・・

ナウシカ虫ときいて「オーム?」と反応した方もいました。「そうそう、平たいオームみたいな感じ」と返信しました。

「見開き全部そんなんばっか」の虫図鑑をあえて見る気にもなれず、自分の中だけで「こいつだけは二度と許さん」という記憶を焼き付けるためにじっくりと観察したのでした。

コロコロ、大活躍です。
1. Posted by dosukoi   August 21, 2009 14:32
ナウシカ虫とは!すごい命名です。
しかも、“コロコロでがっちりキャッチ、その上にセロハンテープで「蓋」をして標本にした。”ですって?え〜って感じですってば。

少し遅めの昼食を摂りながら読みました。
想像力が人並みのわたしは食の進みが…

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索