August 19, 2009

湘南で夕日を拝むのだっ

ども!息絶えたアブラゼミがさかんに降り注ぐ今日この頃、
皆さまいかがおすごしでしょうか(サイドステップで華麗に
回避しましょう)。

なしくずし的に夕日DE SALSAへの参加が決まりました。
MOTOKAさんの怒涛の勢いの前には検討の余地もなす
術もありません。にしてもM’Sはどうやって次々にスケジュ
ールをたて、次々に新しい会場を掘り出してくるのでしょう?
のってる人々は「そうしている」というよりは「そうなってしまう」
ように見えますが、台風の目にいる人はそりゃもう大騒ぎ
なのに違いありません。

大騒ぎといえばおいらもそりゃもうこの週末から大騒ぎでした
とも。レオン30人突破記念に浮かれながらも「さー今度は何
しよう?」とひとりタコ踊り。
そもそも湘南は大好きです。あすこの海も大好きです。
何度いったかわからないくらい行ってます。
そもそも総武線快速の駅を選んで住んでいるのも、鎌倉に
昼寝しながら一本でいけるという理由が大きいのです。
おいらの好きなストレス解消方法が「仕事のない日に電車に
乗ってこころゆくまで昼寝する、着いた先で海岸を歩くか
山登りをする」なんです。これ効くんですよね〜。
不眠も腰痛も一挙解消です。
その鎌倉に人生初・仕事で向かいます。

夕日 DE SALSAを当初企画されたときのイメージは、ZA
ZOU(市川)でサルサをやろうと思うのと発想が極めて近い
ように思われます。景色とか空気感のいいカフェでみんなが
気ままに遊んでる・踊ってる感じが出せないかな、という着想
だよね。「がんばらない」というかね。海外でもこういうとこ多い
し、それが定着してやがて曜日限定でばしっと人の集まる
会場に発展していったりする。広々してて空気の良い踊り
場所をみんな求めてるんだねえ。

こちら側(関東東部)の皆さま、先に行って昼間から晩夏の海
で遊んでてください。夕方からピーターズにきてください。
そちら側(関東西部)の皆さま、「夕日」への初参加になります。
どうぞよろしくお願いします。

スケジュールにお知らせ事項が増えました。
夕日のこと、9月3日(木)恵比寿お休みのこと、それから今度
のレオンの内容なんかですね。
いま一度のご一読をよろしくお願いします。
すわあ〜練習練習




トラックバックURL

この記事へのコメント

3. Posted by RIO   August 25, 2009 10:09
まあ!私どっちにしよっかな〜迷っちゃうな〜

てぃや!!

本気でうらやましいです。ぐわあああ
2. Posted by MDR   August 24, 2009 13:00

■江ノ島コース
 江ノ島名物シラス丼でランチ(シラス嫌いな人は、なんでも適当に)
 島の中ほどをハイキング(エスカー乗ったり、展望台行ったり)
 ヨットハーバーあたりでお茶

(歩くのが嫌いな人は、江ノ島の温泉(えのすぱ)でお風呂)
 えのスパ  http://www.enospa.jp/

 
■鎌倉コース
 小町通を冷やかしながら、美味しそうなものを見繕って買い食い、そぞろ歩き。
 そのまま鶴岡八幡宮を参拝
 報国寺でお抹茶+和菓子 → 旧華頂宮邸をお散歩
  もしくは、長谷、極楽寺あたりのお寺散策


どちらも4時くらいに稲村ガ崎に集まって、ビーチで残り行く夏を惜しみながら
ビールなど飲みつつ談笑。(できればちょっとサルサ)

会場には5時入りでバンバン踊ります。

神奈川出身ながら、江ノ島に足を踏み入れたことなく、また鎌倉にも疎いので、より詳しい人からのお勧めプランを募集中。

そのほか、ハイキングコースなども充実しているので、適当にそちらを検索してもらって、それぞれが楽しんだ後、4時ごろビーチ集合というのもOKです。
1. Posted by MDR   August 24, 2009 13:00
本来が出不精のわたくし、いくら先生のパフォがあるとは言え、稲村ヶ崎はなお遠い・・・。
しかも、どうせ行くなら色々楽しまないともったいないという貧乏性。

考えたのは、せっかくだからお昼頃にあの辺に行って、軽く旅気分を味わってからサルサに行こう・・・というプラン。

この話を恵比寿のレッスンあとに餃子を食べながら話していたら、案外賛同者が多かったので、一人じゃなくて希望者募ってツアーで行こうかと思います。

希望者が多いほうのツアーを実施します!
(引率ボランティアさえいれば、両コース実施)

※RIO先生・完全非公認、自主参加、自己責任のツアーでございます。

つづきます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索