November 26, 2008

本日の飯田橋、開催します

ブログで皆さんにメッセージらしいメッセージを送ることもできず、

レッスンを成立させるのに無我夢中の日々がおよそ2ヶ月続きました。
通院、投薬、皆からの助力、励まし、差し入れ、その他数え切れない

ほどの助けをいただきながらここまできました。

書くか、踊るか。このどちらかが仕事になれば自分には生まれた意味

がある、と思うくらい書くことの好きだった私がこんなにもかけなくなって

しまいました。

教室が大きくなっていくにつれ、責任も重くなり、経済的な支払いも増え、

私はブログの中で自分を「いい子ちゃん」に仕立てていかざるをえません

でした。プライベートでもたくさんの出来事がおこって毎日ココロが

助けて!もうやめて!と叫んでいるのを全部封じ込めてきたのです。

心理療法士には様々なことを思いのままに話していますが、自分は

お金のことを口にするのも触れるのもイヤなのに、それができなければ

教室の運営はできない、どうしたらいいの・・・というようなことを言ったり

しています。相手はプロなのでだまってきくだけのときもあれば、あえて

こちらをかきみだすようなことをいってみたり、まったく正反対のつっこみ

をいれてみたり、というようなことをしてきます。何がどう変わる、というの

がすぐでてくるわけじゃないんですが、何がそんなにつらいのか、をじょ

じょに明らかにしていく・・・タマネギの皮をむくように・・・・そんな日々です。


ダンスに関しては・・・・苦しみながらも伸びている感覚がすごく強いです。

私はダンスをやるなら振り付けができるようになりたい、音楽を形に

おきかえたいという欲求がとても強いです。大好きな曲を決めて、それに

あわせたふりをつけていく作業はものすごくしんどくてふらふらになる

こともありますが、同時に「これこそが生きてるってことなんだ」って思いが

わきあがってもきます。とくに悩みぬいて「これだ!」ってアクションが

はまった瞬間ですね。あのときの嬉しさはメガトンクラスです。

そういう意味でON1のMAMBO GOZONの完成はこういう状態のとき

だからこそ自分にとっては意義が大きくて、MAMBO INFLUECIADOの

ときとはまた違った感慨があります。こんなときでも自分は踊れる、

作れる、という階段を上ることができたという意味で・・・。


もうひとつ。E.T.のNYON2レッスン直伝を三回シリーズで行いました。

自分がうけたときは、サンディエゴ在住の日本人女性から「NYのシャイン

レッスンはとにかくレベルがすごいときいている」との情報が入っていたの

で覚悟はしてました。そのあとみんなに教えるっていう「背水の陣」態勢を

しいたのには、そうでもしないと途中でやめたくなるだろうと思ったから

なんですね。今だからいえるってやつです。自分はこうみえて比較的

あきらめがはやいし体力もないんで、おいこまないと練習しないんですよ。

インストラクターになったのも、そうでもしないと自分は一生うまくならない

だろうなと思ったという理由が一番大きいです。

そんなわけで、レッスン前・中・後とすべて生徒さんからの助力も得ながら

「絶対丸暗記してやる」の気合でレッスンに臨みました。

内容はもう皆さんご存知のとおり、それはもうすっごい質量でしたよ。

みんなに三回にわけたものを一回でやっちゃってたわけですから。

頭おかしくなるかと思いました。

そして最終的に私が彼から学んだ一番おっきいことはなんだったかと

いうと「無理するな、力いれるな、楽をしろ」だったんです。

彼はそんなことはひとこともいってないですよ。

ただ、彼の動き、目の輝き、そういったものを総合すると結果的には

そういうことなんだとしか言いようがないんですね。

どんなに大きなムーブメントであっても、複雑怪奇なステップであっても、

あくまで軽やかに、楽に楽に楽にやっちまえと。

それが、E.T.の正体だというのが私の率直な感想です。


で、今度は私の大好きなJESSICAの曲にその振りつけをのせるという

作業があり、NYON2でもってリードフォローするコツを自分の言葉に

するという作業があり・・・


来年のスケジュールを考えたり・・・

NY行きの準備したり・・・


今の私は・・・やっぱりボンロボロに疲れてますね。

午後はレッスンまでしばらく休みます。


甘いもの食べて。夜、元気にお会いしましょう。

ポエトリーはすでに解体作業に入っているようで、いよいよカウントダウン

色に染まってまいりました。

早く会場入りできる方、レッスン前のテンパリがどうにもコントロールできない

私におつきあいくだされば嬉しいです。いてくださるだけで嬉しいんです。

18:30INのお申し出、お待ちしております。


今晩はSAWA−DのDJタイムと、もしかするとびっくり企画もあるミタイです

(お約束はしませんが)。彼もポエトリー古代人で、「遺跡の終焉」を誰より

惜しんでいるお一人であることには間違いないです。


では、後ほど!飯田橋で会いましょう。






salsaconsul at 11:42│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by coz   November 27, 2008 13:03
昨夜は、ありがとうございました!!
ポエトリーでのケーキ&バーサル初めてだったので、すごく嬉しかったです-、この気持ちを抱いて無事に一つ年を重ねることができました〜

運動不足?緊張のため?バーサルのリズムを崩しまくっていた本人ですが、みんなのパワーを頂いて本日快調です。

先生、昨夜参加の方々、本当にありがとうございました!!多謝!

>古代人様
豆・ソーセージうまうまでしたごちそうさまです
1. Posted by 古代人   November 26, 2008 15:39
ラムもいいけど、今夜はきっと赤ワインがいいカモ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索