May 27, 2008

誰も着ていない服


母には私と同様欠点がたくさんある。中でも洋服のセンスの

よろしくないことと料理の下手なことには何度泣かされたか

わからない。


もちろん長所もある。たとえばお客さんが来ても何もしてあげない

ので、来た人全員が思わず気が抜けてくつろいでしまうような

ところは素晴らしい才能だと思うし、和服となれば一転目の覚める

ようなコーディネートを披露したりもするのだった。


さて洋服の話。北海道では冬にスキーの授業があって、朝から貸切

バスにのって学年全員がスキー場に移動する。これが体育6時間分の

授業にあたる。このときに母が私に着せた上下のバランスがまったく

なってないスキーウェアのために、冬の私はものすごく不幸になった。

小学生のころは皆アノラックに毛がはえたような上下バラのスーツを

着ていたが、中学生になると「つなぎ」タイプのスキーウェアが

はやるようになった。そういう時代に母は私に宇宙戦艦ヤマトみたい

な肩パッドの入ったウェアを着せようとした。

私はあらゆる手でこれに抵抗したが母は絶対に流行のものを買って

くれはしなかった。そういうのを着てる人はいない、というホメ言葉で

押し通すのだからたまらない。そういうのを着てる人がいないのが

ほめられるのはそれがかっこよい場合に限られる。

だがそういう反論をきく人ではなかった。

この年齢の女子はもてるかどうかが一生の一大事。

ヤマトでは普段の不断の努力が水泡に帰す。

私にできる唯一の対抗措置はスキーそのものを休むことだった。


そんな私もめでたくオトナになって、好きなものを好きなように着る

贅沢をできる身になった。私ほどこのヨロコビを飽かず喜んでいる

女性もいまどきそれほどいないんじゃないだろうか。私は目が覚めると

今の自分のことをひとつひとつ確認する癖がある。これまであまりにも

様々な場所を転々とし、様々な職業をとっかえひっかえしてきたので

毎朝確認しないと自分が何者だか本当にわからなくなるのだ。

で、その一つ一つの中に「今日は何をする日だからこれを着る」が

加わるあたりになって、「ああ、そうか、服を選べるのだな」という思いが

大きな風船のような圧迫感をもって私を幸福にする。

私は服が好きだ。古くて「誰も着ていないような」服がとくに。

 


そんな私に生徒さんが『チープ・シック』という本を貸してくれた。

「センセイは絶対これが好きだから」との太鼓判つきで。

カテリーヌ・ミリネアとキャロル・トロイ共著、片岡義男訳で日本初版

第一刷が1977年。アメリカでは1975年に発行されたらしい。

貸し手の思惑通り私はこれに見事にはまった。なんつったってかっこ

いいのだ。中にはどうやって自分だけのスタイルを作り上げるかの

ノウハウがぎっしり詰まっている。ボクサーがはくようなペタンコで

足首まであるスニーカーは今でこそ珍しくないが、そのデザインが

すでにこの本の中に「スポーツウェアをファッションにとりこむには」と

いうようなセクションにとりあげられている。まったく、この一冊が日本

のファッション業界に与えたインパクトははかりしれなかっただろう。

 

この一ヶ月、ひたすら皆にサルサの基本ステップをシャインとして

教え続けている。私の中には物心ついたときから出所不明の青い炎が

燃えている。これがなんのためのものなのか私にはいまだに

わからないのだけれども、いつかわかるであろうその何かのために

私は手探りしながら皆にサルサを教えている。

そして先日、長いこと練習に通ってくれた生徒たちとともに一曲を

通してみたときに、「!」と感じる瞬間があった。

確実にうまくなってきてくれている。そのとき踊った全員が

「私の何かを表現する」とかいうような「念」がいっさいなくて、

ノーミスで踊りきろうというその一点に集中していた。

それがかえってものすごく美しかったのだ。

私もそのとき一緒に踊っていたが、自分の存在がほかのメンバーの

中にすっかり溶けてしまっていることがこんな快感をもたらすのだと

いうことに驚いていた。

あの3分は私の今後に大きな影響を与えるように思う。


このまま突き詰めていったらどこへいけるんだろう。どこまでいける

んだろう。私はここに集う生徒たちを文句なしに全員愛しているが

パフォーマンスとそれとはまた別の問題だ。

私は声をひっくりかえしたりむせたりしながら皆にボールを投げ続ける。

いつかこの服をこの日この場で一緒に着てくれという時がくるでしょう。

そのときはハンパなく高いのを買うよ。

 




salsaconsul at 00:21│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索