March 30, 2008

幸福の決め手

この一週間にご参加の全ての皆様にお礼を申し上げます。

ありがとうございました。



春になりまして気分一新、仕事も人間関係も様々な面で変化の

多かった週じゃないかと思います。

それに桜も加わりましていろいろな意味であわただしい週に

なりましたけれども、そんな中数ある選択肢の中から私とこを

選んでおこしくださったことに心から感謝を申し上げます。

疲れたからだにムチ打って、という方も多かったようです。

今夜はゆっくりお休みください。


今晩はあいにくの雨でしたが大勢の方に花見散策におつきあい

いただきました。私も今日はじめて知ったのですけど市川は

「千葉の京都」と呼ばれる街なんだとか。へええ〜〜〜〜

6年も暮らしてちいとも知りませんでした。ただ、ひょんな縁から

ここに暮らし始めてなぜかここから離れられない大きな理由は

そこここにはっとするような文化のレベルの高さを感じる瞬間が

多いからであることは間違いないのです。今日皆さんをご案内した

道筋は私がこのへんが特に市川らしいなと思っている一帯で、

競争競争の都心から戻ってきて心癒される私の日々をちょっとでも

おすそわけできたらなと思いながらのコースでした。

しだれ桜、本当に見事で嬉しかったです。実は私はこちら(関東)に

来てから、ちゃんとした花見や花火を楽しむ機会はほとんどない

ような状況でした。もともと年中行事に疎いうえに、やっぱりなんと

いっても精神的にゆとりがなかったのでしょうね。だから今晩の

ひとときは私にとってなんとも記念すべき時間でした。

来年は誰か大事な人にあの桜を教えてあげてください。

 

それからワインバーに行きました。あの店も市川を市川たらしめて

いるキーになる一軒です。ザズーももちろんそうだし、ほかにも

都会的なセンスと地方ならではのゆるさを兼ね備えた店が市川には

けっこう多いです。実に暮らしやすいところなんですよ。

暮らしやすいって、スーパーだとか図書館だとかはもちろんはずせ

ないですが、いい飲みどころが多いっていうのも実に大事です。

私はサービス業のプロが大好きなんですね。

空気を読むとか気をきかせるとかそういった目に見えないものを

形にしていくすごい知と技を、いいカフェや飲み屋やホテルで見る

瞬間にほとんどエクスタシーに近い興奮を感じてしまう。

そういうとき、ありませんか?だから私がみんなを店とかレッスン

とか合宿とかに誘うときはなんらかの形でそういうくわあやられたあ

っていう感動と刺激を感じてもらえたらいいなといつも思っています。

 

「やられたあっ」ていう感動を味わうと自分の仕事のレベルも

あげられるっていう実感がすごく強くあるんですね。

仕事しているとほとほとバカバカしい瞬間がおこります。

それはもう、私は今でもあの「なにもかも放り出して地球の反対側

にいってしまいたい」気持ちをよくわかっているつもりです。

しょーがないことだったら救いようがありますが、避けようと思えば
避けられるのになんでこーなるの?って叫びたい瞬間て多いですよね
え・・・ちょっと前に「モンスター」って言葉が流通しましたけど、
全体がモンスター化しているからもう大変です。私は世の中が気を

きかせられる人間とまったくきかせられない人間に二分化してきて

いる印象を持っています。だからいい店とよくない店もぱっきりと

分かれてきてますね。

私も緊張感を失うことなくやっていかねば、と思います。

まだまだそんな余裕ないですけどね。

緊張失えるものなら失ってみたいな、とかね。

踊りだってまだまだわからないことたくさんありますし。

 

さて・・・・最後に。昨晩クラブに行きまして、ここのとこしんど

くて二週に一回くらいになってますが、そこで常連さんたちと

技バトルをしながら魂の底のほうまでめろめろになる感覚を味わい

ました。そこにあるのは信頼関係以外ゼロなわけですね。

この人なら何をやっても大丈夫、という確信がないとサルサって

駄目なんですよ。ミスしてあああああっっってなる瞬間て笑っては

いますけどやっぱり本音としてはつらい。できれば最後までノー

ミスで、そしてところどころ思ってもみなかったような展開に

なって咄嗟の技が決まってっていうのが続いたときに、すごい感覚

に体中が包まれる。

目の前の人とこれまでの自分の人生とカミサマと、すべてのものに

感謝の気持ちで一杯になります。

帰り際にはこれまで他人だった人がハグにきてくれる。

「ここまでお互いホントによくがんばった。ボクも練習した。

君も練習した。そして今夜グッジョブだった。すばらしい!」

っていうハグです。トロフィーなんかなくてもこの瞬間があるから

厳しい練習にも耐えられるんだよね・・・。


私はこうして書いてきたような「なんとなくの感覚」が日々を

幸福にする決め手のような気がしています。

今晩はこれで。おやすみなさい。

 




salsaconsul at 22:06│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by RIO   April 10, 2008 18:22
どもども〜うん、私ほんとにサービス業にほれてるね。最近知ったんだけど、今の日本のサーブの一つの原型はフランスのカフェのギャルソンだってこと。そうそう、いいカフェの店員はたしかにあの頃合の距離感をもってますね。究極の垢抜けを感じる。好きだなあああ
1. Posted by jun-ji   April 02, 2008 15:17
このエントリーよいね!
サービス業、、、ていうかサーブする業の、
(そのまんまsalsaと相通ずる)あの「知と技」が人生を豊かにしてくれると思う。だからsalsaを惹かれているんだと思う。(といいつつ最近ご無沙汰で申し訳!)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索