October 25, 2007

今晩もありがとうございました

今夜も非常な賑わいをみせました飯田橋です。

皆さんありがとうございます。


今日はコンビネーションを通す練習を徹底しました。

体に入ることが大切ということと、女性が上達するには男性に

何度も技をかけてもらうのが一番だという自分の経験に基づいた

ものです。

今日のようなインサイドのダブルターンといった高度な技の場合、

体と三半規管に記憶をすりこむ必要があります。

恐怖感がなくなるまで何度も繰り返す必要があります。

通常はなかなかこの時間がとれないのですが、今日は男女双方の

ためになると思いましたのでひたすら繰り返していただきました。

 

このあいだヒールの細いダンスシューズで男性役をしたところ、

CBLの3の足が後ろに流れるということを発見しました。

そう、ふんばりがきかないと3の足をサイドに出すことができなく

なるのです。これによって、3の足がサイドにしっかり出るという

ことは重心移動と床へのふんばりがうまくいっているのと同義

だということに気付きました。

CBLは女性をうまくリードできるかどうかの要にあたります。

男性は3の足の位置をよくよく研究して、力がうまく女性に伝わる

ようにしてくださいね。

女性は男性の体をうまく利用することが大事です。

指先に神経を通し、そこから男性の体が発するパワーをうけとって

回転や移動をします。

待て、とよくいわれますが、男性がパワーを送ってくるまで待て、と

いうことなんですよ。そしたら自分は苦労せずともうまくやれてしまう

からです。

うまくやると一曲踊ったあと汗だくにならずにすみます。

 

初挑戦のラテン・パラパラいかがでしたでしょうか。

出演陣は本当にお疲れ様でした。

慣れないステップで心配していましたが結果的にはばっちり

キメテくれました。こっちのほうが簡単、とはKINちゃんの言。

そう、パラパラはステップがすごく単純なので手だけがんばれば

踊れてしまいます。サルサは足運びが非常に難しいし、シャイン

でもさほど手技にはこらない。これが今回の決定的な収穫でした。

慣れない振り付けで苦労はしましたが結果的にこれが一番!

という振りにおちついて私も勉強になりました。

 

よかったです。ありがとう!




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索