September 28, 2007

いい大人


昨晩アップしたんですよ、ちゃんとちゃんとの味の素で!

うわっ ふるっ でもあの笑顔好きでした。

お名前なんだっけ、あの「TSUGUMI」やった女優さんは?
とにもかくにも夜中にアップしたんですってば。

それでお布団に入ったら、なんかもう思い出がいっぱいこみ上げて

きて、ああだめ、これはだめ、自分で自分のプレゼントにする〜

とかたまらなくなってせっかくアップしたものを消してしまった。

何人かには読んでもらっちゃいました。そだな、多分30人くらい

だと思う。今朝見て「あれ?」とか思ってるんだろうな。


あのね、昨日すごく久しぶりの人に会ったんですよ。

すごく会いたかったんだけどいろいろあってだめだったんです、

ずっと。昨日感動の再会をしたんです。

そしたらもういろんなことがいっぺんに溢れてきて、それを

一気に書き上げたんですけど、アップしてみてから気付いた。

あれは私を私にした本当に大切な出来事の一つだったんだって

ことに。

かつて私にはすごく強いコンプレックスと根強い不信感があった

んです。それを取り除いてくれた大切な人たちがいたんですよ。

片方は亡くなってしまいました。私が昨日会ったのは残された

もう一人の方です。お二人はすごく強い愛情で結ばれてました。

その絆は絶対になくならないと思えるくらいの強い強いもの。

私はそれまで、夫婦というものはつっけんどんでいつもケンカ

していて、せいぜい「元気で留守がいい」程度のものだと思って

いましたけど、そのお二人を見て男女がこんなに長い間変わる

ことなく愛し合えるものなんだなってことを知りました。

お二人は、血がつながっていなくても自分のことを完全肯定して

くれた最初の大人でした。私は切実に「いい大人」を必要として

いました。いい大人に会うことは本当に難しい。

大人はもうずいぶん長い間、子どもの目に憧れや尊敬を生じさせる

存在ではなくなってしまった。

子どもは「大人になったらあんなに醜く自己中心的になって

しまうんだ」という狭い思い込みで自分の命を絶ってしまったり

する。私は20代の半ばにそのご夫婦に出会うという幸運に

恵まれ、それによって自分が外の世界でも通用する、それこそ

「生きていてもいいんだ」という実感を得ることができたのでした。


私はたいがいのことをここにそのまんま書き綴ってきましたが、

とうとうここへきて書ききれない思いがあるということに

気付きました。それは多分幸せなことなんだろうね。

今私は川崎のコーヒーショップにいます。

正面に初老の男性と10歳くらい年下らしき中年の女性の

カップルがいます。彼のたたずまいは・・・そうですね、多分

建築などのクリエイティブな方面ですね。背広の仕立てもいいし、

髪のなでつけも髭の感じもヨーロッパのホテルで通用するレベル。

彼女のほうはごくごく地味な、どこの会社でもいるような堅実な

雰囲気の方ですけど、控えめに一生懸命よりそっている。

目立たぬように気をつかっていても愛がいっぱいに溢れてる。

いい大人がここにもいた。よかった。














トラックバックURL

この記事へのコメント

3. Posted by salsaconsulRIO   September 29, 2007 12:38
ええ、なんかいいことっていうのは歳とるとなんかいいことが増えるんだよ、っていう意味だったんです。

わたしはいい大人といい男・女がマッチしてるような方が好きですね。子どもは子どもでも10代の後半あたりの子どもはそういう色気と思いやりのある大人を心底求めているように思います。

よしのぶさんはいい大人でいい男ですよ。
2. Posted by よしのぶ   September 29, 2007 07:59
そうですね。
子供や若い人達の目標・モデルになるような大人になれたらいいですね。
そのためには、まず、自分が目標とする人間に、自分自身が一歩でも近づくことかな?

でも、悲しいことに
いい大人=いい男、いい女
じゃないからな〜。
よしっ、異性にモテなくても、ヨシとしましょう!

1. Posted by よしのぶ   September 29, 2007 07:47
う〜ん、残念!読みたかったな〜!
ラさんのコメントから察するに、
タイトルは「なんかいいこと」だったようだが・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索