August 31, 2007

プロフェッショナリスモみたいなものとキューバ系ダンスの思わぬ発見と

今日踊った相手の人は「普段は木曜にはこないんだけど

明日で夏もおわりだから」と言ってました。

そういう理由で踊りにくる人もいるんですね。


「夏」というものに対する執着というか愛着というものを

私はずいぶん長い間知らずにいました。

夏とは「ちょっと頭がおかしくなるあの状態」のことだという

ことを知ってから、この季節にかける日本人の思いがよく

わかるようになりつつあります。というか自分がようやく

日本人になってきた気がする。

自分はひょっとして何かぽっかりと知らないまま大人に

なってしまったのかもしれないと思うことってないですか?

 

この夏の間に、インストラクターとしてのプロフェッショナリズム

みたいなものがあるとしたらそれはなんだろ、みたいなことを

考えた時期がありました。こっぱずかしいねー。

でもしばらく続けてるとこういうベタなことも必要っちゃ必要で。

そんなときにふらっと入ったカフェで隣の人としゃべっていて、

「お仕事なにされてるんですか」といわれたので

「サルサの先生をしてます」って答えたらその方、地方に長期

出張されてた時期にサルサを習ってたっていうから驚きました。

そしてそのときの先生のまねをしてくれました。

 

「私は相手の女性がどんなに年上であろうと容赦しません

by男性インストラクター。声はもちろんバスでお願いします。

この台詞、生できくことがあまりないのでかなり興奮します。

 

「ダメ!ダーメ!腰!腰を、こう!!パッション!!」

by女性インストラクター。男子生徒の腰をぐいぐいっと。

彼は「は・・・はあ・・・・」と導かれるままに・・・

 

そのとき私は飲んだアルコールが脳を直撃するくらい

衝撃をうけました。

あってるとか間違ってるとか変とか変じゃないとかをとびこえて

そこには強烈なワールドがある。

立派!すごーい!!

その濃厚さにむせかえりそうになるもん。

それって関係ない人からみたら「・・・」な世界なんだろうけど

彼らはそんなのへーっちゃらなんだろうな。

 

そしてそれから、自分はどうあるべきだろ、みたいなことを

一段階掘り下げて考えさせられました。

私も「愛!真心!」と叫んでみたらどうなんだろ・・・

なんてとこまで考えたりしていきつもどりつした結果、

プロっていうのはどんなでもいいからとにかくそこにスタイルが

感じられるかどうかじゃないかなと思うようになりました。

 

今はまだ薄々ですが。

 

話はかわって、ある人の踊り方をよーく見せていただいてから

実際組んで踊ってみると「あのとき外側から見てたものが

中からだとこうなる」という感じがわかって勉強になります。

先週ルーティーンを見せていただいていた同じ方を見つけた

のでお願いして踊っていただきました。

彼のはカッシーノスタイル(ソンとかルンバを土台にしたキューバ

人のスタイル)の踊り方です。

そこで発見!彼は全部で5種類くらいのパターンしか使わない

のに、組んでみるとそれがわからない!もっとぶっちゃけると

「ばれない」のね。あ〜〜〜〜そっか〜〜〜〜〜ぐるぐる移動

しながら踊るって実はこういう役得もあったのね〜〜〜といまさら

気付きました。私なんて最近だと仕事がらやらしーくなっちゃって

男性の踊り方をときどき「勉強」とか「盗み」の目でみちゃうことが

ないとは言わない・・・やだねー大人にはなりたくないねー・・・けど

そのやらしいことをやるからこその理解ってのもあってね。

彼の持ちネタをあらかじめ全部おさえているからこそなおさら

「外」と「中」の落差に驚きもしたし、あらためてキューバ系の威力に

気付いたのでした。

 

というわけで明日の土曜のレッスンでは「前半LA後半キューバン」で

一曲踊る練習をしようと思います。つなぎはソン・ベーシックで決まり

でしょ。つわもの女子もこれなら絶対満足まちがいなしよ〜。

LAスタイルのほうでスタイリングいろいろつけますので、まっすぐ

すっきり踊る+らしさを出すってほうまで踏み込んでいきましょう。

行け行け行け池池池池○リベへGO!

 

15:00〜16:00の初心者さんクラスには新人の方、ちょうど月と

季節の変わり目ということもあるし、この機に思い切ってはじめて

みませんか?すでにはじめてサルサにチャレンジする方からの

お申し込みをいただいていますがまだまだお申し込みお待ちして

います。

 

では、はっぴ〜週末を!

 




トラックバックURL

この記事へのコメント

7. Posted by salsaconsulRIO   September 04, 2007 13:11
そう・け。

っていうのか〜〜〜〜〜????

とりあえず今の私は合宿でいっぱいいっぱいけ。
6. Posted by M   September 03, 2007 21:02
やっぱりカッシーノけ?
メリーゴーランドけ?
5. Posted by salsaconsulRIO   September 01, 2007 02:52
「かんかんかんか〜〜〜〜ん どんじゃんどんじゃ〜〜〜〜ん うううううっマンボ!!」

ああ、容赦されたくない。思う存分暴れたい・・・

そしてMA君よ、あのときはすまなかったねえ。君がどんだけ傷ついたか今さらよーくわかったよ。

「みんなさくさくしあがってるのにMA君一人だけできなかったあの技」で容赦しなかった私。

まあえーやん、今となってはあれまがりなりにも現場で使えてるの君一人だし。
4. Posted by ma   September 01, 2007 01:20
「そこ右足じゃない、ひ〜だ〜〜り〜〜!!私がそこで右足を出しなさいと言いましたか?ルールを守ってください、ルールを!!」あわわわ・・・RIO先生がそんな怖い先生じゃなくてよかった!?
3. Posted by    August 31, 2007 18:36
「ダメ!ダーメ!鍋!鍋を、こう!!パッション!!」

先生にはこのくらいやって頂かないと、私は容赦しません。

なんちて。

2. Posted by salsaconsulRIO   August 31, 2007 13:16
「続ける」っていうのがもしかすると一番難しいのかもしれないですね。私なんかいつも何かから逃げ出すことばっかりつい考えちゃうんですけれども・・・これではプロへの道は遠い

続けよっと
1. Posted by よしのぶ   August 31, 2007 10:19
プロってなんだろう?
僕も、ちょっと考えてみました。
いろんな定義付けが考えられると思いますが、
「あることについて研究をし続けている人」
なんてどうかな?
最初は、ヒトの物まねから入るんだろうけど、
いいとこ採りをして、工夫を重ねて、
自分のスタイルを築いていく・・・みたいな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索