August 28, 2007

自分的祝日

586d6ae2.JPG

私が「落ちる」のを楽しみに

している読者のみなさんには

申し訳ないが今日はえらく

 

ご機嫌だ。だってだって、ついにカーテンができたのだ!

わーいわーい!!


これまでの流れからしてこの平和な日々が長く続くわけが

ないことはわかっている。

こういうときこそ細胞のすみずみまで栄養を補填しておかねば。

すーはーすーはー。


カーテンというのは、引越して以来どうも部屋が江戸間っぽく

なるのがいやでとりはずしていた押入れの引き戸、のかわりに

かけるものです。

この場合天井から吊ることになるので既成のカーテンでは長さ

が足りず、オーダーか手作りかということになる。

たとえ既成のがあったしてもまず買わないか買えないかだろう。

そのへんで売ってるカーテンのセンスはどうかしているとしか

思えない。なんだあの「小鳥」とか「森」とかの柄は?

あんなの本気で部屋においときたいと誰が思うんだ・・・

しかも面積すっごく広いのに。

でなければ「オレンジのチェック柄・色違いで水色もあります」

とかさー、暑苦しいって・・・

ちょっとでもセンスいいのを探しにいくとこれが数万円。

たかが布じゃん・・・しかも四角に縫っただけ・・・。

カーテン界の法則は「上か下か」。そこに安価な小気味よさは

ない。


というわけで、もう何年も使っていないミシンをひっぱりだす

ことになった。そこで気付く。引越しのどさくさで電源コード

がなくなっている。取り扱い説明書もないので糸をかけることも

できない。これらを有料でとりよせる。IT WORKS事件の

どさくさの合間にほこりや錆をとりのぞく。糸をかける。

ボビンに糸をまく(ミシンの中身みたことない人へ→ミシンには

上糸と下糸の二本が必要です。ボビンは下糸を巻く芯のこと)。

セットする。


がこーん。


機械が音をたてて止まる。

まわした瞬間ボビンをいれたケースがとびだしてくる。

カマ(ボビンをセットする部分)がゆるゆるになっている。

何度トライしてもダメ。

ボビンケースの新しいのをユザワヤからとりよせる。

セットしなおす。


がこーん。


おちこむ。本当にいやになる。

私は布を四角に縫いたいだけなのに。なんだよ・・・・


ここまでで数ヶ月かかっている。

みんなもわかってくれるだろう、仕事をしながら何かを完遂

するというのはこういうことなのだというのは。

今朝目が覚めた。そして寝ぼけたままもう何度も電話している

福岡のミシン会社に電話をする。

動かすとカマが外れてしまいます。

この会社は電話するたびに違うおじさんが出てくる変な会社だ。

そのたびに印象が違う。

今日のおじさんはよかった。

カマの取り付け方を丁寧に説明してくれた。

そして。


私はカマを前後逆にとりつけていたことが発覚。


どんだけ=========(最近生徒に習った)


こうしてミシンは愉快に歌いだした。

私はかなりハイになって、寝起きの男物のランニング姿(すっごく

気持ちいいので何年もパジャマ代わりにしている。出所は

きかぬが花ってことで)のまま、電話の傍らにひきずってきた

ミシンに準備万端の布をかけた。

布は渋谷で麻のシャリシャリしたのを購入して、カットして

縫いやすいように折り目をつけてアイロンまでかけてある

(ある意味そこまでやって最後の最後でミシンが動かないのが

どれほどいらいらしたことか)。

上下四本を縫う。ヒダはかかっている図をイメージして、いい

感じで陰影がつくように適当に布をたたんでそこもミシンで押える

ように縫う。左右対称でなくていい。私はそういうとこで端から

何センチ・・・とか測ったりしない。イメージでいい。

そして。寝ぼすけ電話から1時間の後にはカーテンが完成。

私はうっとりとそれを見上げる。すごーい。

『私の部屋』みたいだあああああ!


というわけで今日の気分は俗・俗です。

あ。今日レッスンだね?

こっちも快調にいくといいなあ。

がこーんするなよ自分・・・

 




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索