August 25, 2007

昨日帰宅したときは明かりからセミが落ちてきた。

今日帰宅したら明かりからトンボがとびたった。

また一つ季節がめぐろうとしてる。


外国にいって「日本のよさはなんですか」ときかれ

「四季があることです」と答えたら「で?」といわれた、という

話がある。そうそう私たちは「四季」の中に無意識に

「セミ→トンボ」みたいな感覚を含ませているのよね。

そこのとこ説明はじめたらきりがないから言葉につまる。

 

秋が近いせいなのかなんなのか、今日はなんだか「めらん

こりっく」な気分につつまれています。

PEOPLE COME,  PEOPLE GO みたいなね。

今日帰り道にいろいろなことを思い出していました。

はじめて○リベに行ったときのこと。私は先生に「そんなに

腰をふるんじゃない!」とひっぱたかれました。

今はそれもいい思い出。腰をふりすぎるのは実際よくない。

はじめて○ダに行ったときのこと。信じられないくらいベーシックの

かっこいい人がいた。二度と会えないんだけど日本人の男の

ベーシックの一つの理想像として今でも目に焼きついている。

そうして痛いように感じるのは、ああ、あのとき自分は「踊れる」と

思っていたけど全然だったんだな、ということ。

知らないことがありすぎた。知らないということを知らなかった。

ただ幸せに酔っていた。そういう時代がたしかにあったのだ。

 

そして今。先生に機械の調整のように一個一個修正してもらう

自分がいる。左回転で顔の切り替えしの角度が足りない、という

指摘に必死になる。タイミングも違う、足運びも違う、まだまだ

よくできると思う。練習しさえすれば。

 

ひとしきり練習したらクラブにいって見ず知らずの人を相手に

チェックをする。

相手が何を望んでいるのかを解読できる喜びはたとえようがない。

その一瞬があるから厳しい練習も楽しめる。

 

さ、明日をいい時間に。

します。めらんこりっくなまま今日は寝てしまいます。

 

 

 




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索