August 16, 2007

サヨナラ札幌

「帰りたくなくなりませんか」なんていわれると

どきっとする。んなわけはない。でもそだな、みんなを

こっちに呼びたくはなるね、まちがいなく。


札幌は美しい。整然と区画された路地に青々とした街路樹、

すすきの(夜遊びとグルメの町)の数え切れないほどの

旨いもの屋、力の抜けたファッション、ことこと走る市電、

昔ながらの建物をぎりぎり残した実に小じゃれた店の数々。

ここを歩くとき私のベースはたしかにここで育ったのだと

心から思う。そしてそれをべたべたとみんなに押し売り

したいと思うよ。

 


実は私の実家はすでに札幌にない。

札幌ではいとこたちとぎゃあぎゃあ遊んで満腹中枢が破壊

されたネコのように限りなくものを食べていた。

母方のいとこたちとは幼いころから強い絆で結ばれている。

「どうしてオレはこんな目にあわねばならんのだ」という

青春まっさかりの不満を共有できるのはいとこ同士

ならでは。

私の母方の一族はかなりアクの強いというか気が強いと

いうか・・・・むにゃむにゃ・・・・な人々で、そのために

私をふくむいとこ8名はそれぞれに非常にシビア〜な10代を

送ってきた。全員が25を過ぎた現在になっても「やれやれ

お互いご苦労だったね」というねぎらいの気持ちが絶える

ことはない。勉強一直線の者も荒れに荒れた青春をおくった

者もその苦労はおんなじ。

言うまでもないことだが、それぞれの親たちもまたそれぞれ

理由があっていつもいい親だけではいられなかった。

親子関係には限りない正解と不正解があり、それには突如

逆転現象がおこることもあるし、不慮の事故で何もかもが

ひっくりかえることもある。

親はおやで、子はこで、必死なのだ。

そんな中ときどき「あのさ、うちの話きいてくれる」といえる

いとこがいたことは私にとって至極幸運なことであった。

そして数年に一度会えば、トランプしたりビールをちょぼちょぼ

飲んだりしては愉快にすごす。

これはきょうだいと過ごすのとはまたちょっと違ったトキメキの

時間だったりしますね。みんなはどうですか。


さて、札幌は今日急激に気温が下がり、今日のうちに

売っちまわないと大変なことになるぞおと踏んだ店店が

夏服の投げ売りをして非常にお買い得でした。

このあと半年分のTシャツが揃った感じです。

明日も雨模様になるようですが、田舎のほうのまたこっちは

こっちで味のある写真をとりたいですね。

みんなからのコメントとメール、大変嬉しくよませてもらって

います。ありがとう。

もうすぐ会おー。

 

 

 

 

 

 

 

 


 




トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by salsaconsulRIO   August 17, 2007 12:53
ええまあそんなとこで・・・あれっ?あれれっ??・・ぷつっ つー つー つー
1. Posted by Yuji@ラテン番長   August 17, 2007 01:09
みんなからのコメントとメール、大変嬉しくよませてもらっています。ありがとう。

同時にイトコ呑みの肴になっ


通信エラーです

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
これまでの記事
記事検索