June 21, 2007

御礼御礼御礼・・・御礼っ!

猫がケンカする(または愛を語る?)ぎゃあぎゃあいう声で

目が覚めました。

全開のベランダから朝風が吹き込み、ドアもしっとり

開いている。おいおい・・・

 


昨晩、メンバー全員がブログを読んでから会場に集まって

いることが見事証明されました。

すごいなー

みんな毎回メニューチェックしてる

 

てのは冗談として、情報が完璧に行き渡っているとは

正直思ってなかったよー。

きれ〜に「今日は立ち飲みなのね。ほいほーい」だった。

すごいなー・・・

先進国だなーここ!!!

 

そして、毎度のことですが・・・

みんな素晴らしいよっ!ありがとう!!!

言葉にするとありきたりですが、サルサは一人では

踊れない。踊れない。踊れない。

 

昨日のお昼から私のとこにメールが一件も来なかった

んですよ。ブログに「今日立ち飲みします」ってアップした

そのあとから。

夕方くらいになるとどんどん落ち込んできて、

「あ・・・そっか・・・21:30〜がみんなのメインなんだ・・・」

ってすっごく痛い感じになってきて、いや、でも真実をありの

ままうけとめることは大切なことだなどとぶつぶつ言ってたら

自分のケータイのサーバーがいっぱいでメールうけとれ

なかっただけだった。

ったく先進国はめんどくさいなーもう。

それより自分てあほだなー・・・

あの数時間に及ぶ独り言タイムの恥ずかしさをいったい

どうしてくれよう。

というわけでした。

昨日はお返事できなくてすみませんでした!!!

 

さて・・・っと。

昨日は渾身のスタンドスティル講座でした。

あれは「等身大の自分」てのがもろ出るのでちょっとした

こわさを感じる。

オリジナルでプログラムを組まなくちゃいけないわけ

ですけど、総合力がほかのどんな技よりもばれる。

なにしろ「立つ力」がものすごく問われるよねええええ

地面に張り付くように立てないと何やってもふわふわ浮いた

感じになっちゃうし、がんばるほど肩が上にあがってくる。

なんていうか、こう、男性の手のひらを床に押し付けるような

立ち方っていったらいいのかな。した〜に〜したにっ。

うまーく使わせてもらう感じです。

そして太ももと背筋の強さがいります。

低い位置で攻めの姿勢を保つ体力ですね。

重心は例によって前ですよ、前。

一人で踊れるように練習しておくと二人のときずっと

楽に踊れます。

 

スタンドスティルにはシャインで使うステップの多くが

もちこめます。

コツは、簡単だけどベーシックステップとは違う踏み方を

探してつないでいくことです。コソ練推奨スタンドスティル。

 

スタンドスティルについての基本的な考えかたというか

とらえかたというか、それを知っとくのは技そのものと同じか

それ以上に大事だというのが自分の実感です。

はじめてのときってやっぱりびっくりしたもん!

そもそも「この部屋に入るべきなのかどうか」の判断をちゃんと

しないで入っちゃうことがよくないような気がしてならない。

サルサ界でありがちな「自分が知ってることは相手も知ってると

かってに思い込む病」の典型的症例よね・・・。

あと、男性は入るんなら出方も知っといてくれないと困ってしまう。

止まりかたしらないでスキーはじめたら怪我するじゃない。

スタンドスティルにはいって女の子が困ってるのにいつまでも

仁王立ちして「なにやってるの」みたいなのはねえ・・・。

↑これが多いのよ!!!!んもうっ!!!!!

すぐ察してきりあげればいいのに8カウント×4も6も立ってる男

何度もみたことある。んもうっ!!!!!

その子はやめ方がわからなくて困ってるんだから、すきっと

CBLにもちこんでやめればいいのよ。

そういう、どう考えるかというか、どうとらえるかというか、

そのへんを共有しとくのが一番大事な気がしてならない。

 

と同時にあれは決まれば問答無用でかっこいい。

それはそうじゃん、「おんな〜っ」って感じするもんね。

最近シャインに力を入れてるのは実はそういう事情も

あります。いざというときに体がうごく状況をできるだけ

作っておきたいのね。あとはやめ方さえわかっていれば

女の子はずいぶん助かるんじゃないかと。

 

というわけで「スタンドスティルをつかってよさそうな相手の

見極め方」講座とあいなりました。

 

キューバンスタイルとLA・NYスタイルではものの教わり方が

違う。だから女性の踊り方である程度判断できるよ、という

内容でした。

ベーシック、ライトターン、グアペア、ハンマーロックの四つで

実演をしました。

この人はキューバンスタイルが好きな人だな、と思ったら

さしあたって相当仲良しになるまでスタンドスティルは

よしましょう。

パンダに最高級の牛肉与えてもあんまり喜ばれない。

多分「これはなんだろう?」って顔になる。

肉は私のとこにもってきてください。うしししし

いや、旅行から帰ってから逼迫のあまり食卓に肉がなくてさ。

昨日なんて脂身をソースでこってり煮たやつ一番嬉しそうに

・・・なんの話だ、それたぞ。

 

キューバンスタイルの魅力はゆらゆらとしたダイナミックな

グルーブと、小技に走らず体そのものの素材を生かすところ

にあります。そっちを生かすのが筋です。

キューバンスタイルのソロムーブメントではシントゥーラという

腰をぐるんぐるんまわす動きをよく使うんですけど、これを

さりげなく決める難しさはスタンドスティルと同等です。

優劣はない。作法というか歴史が違うのです。

 

私はいろいろな振りをミックスしながら自分のスタイルに

とりこんでいくのが好きなんですけど、それぞれのスタイルの

得意・不得意をちゃんと知っとくとクラブで身を助けるのは

確かです。

そのうえでですよ、私は三つのスタイルだけで人を語るのは

いやなんです。

一人に一つのスタイル。二人でまた新しいスタイルの発見。

ベーシックは鍛え、自分の個性を伸ばす。

相性のあう人とあわない人はいるけれどもめげない、責めない。

そのために仲間がいるんだからね。

 

またいつか、特別の日にやりましょう。

 

立ち飲み楽しかった!あれはいい店でしたね。

「ビール28コ」とか普段あんまり言うチャンスないので

ちょっとびっくりした。なんで飯田橋はレッスンよりアフターの

ほうが人数が多いかな?!

あそこにはともだちはもちろん、同僚や上司を誘っても

きっと喜ばれるでしょう。スタッフも感じいいよね。

新人さんも参加してくれてとても嬉しかったです。

今回いけなかった人も機会つくってぜひいきましょう。

夏だぜええええええええって感じなんですよ、ホント!

 

それから火曜の新宿レッスンの人数もどんどん増えてきて

いてそれもとても喜んでいます。濃い二時間になってますね。

新宿ってシャインのときの体の形の注意が丁寧にできるので

それがなんといっても強みです。

ダンスってはじめは敷居が高い世界じゃないですか。

みんなそう思ってはじめは参加するんだけど、もう一回

行こうって思ってもらえるような空気を作るのが私の一番

大事な仕事だと思ってます。

予想外の展開になって笑顔が消えることもたまにあるんです

けど、あれは不機嫌とかじゃなくてどうやって挽回しようかって

必死なときなんです。

自分の中で「あ〜○○さん(ちゃん)に悪いことしちゃったな〜

今度はもととらせてあげよう」みたいの相当あるんですよ、実は。

そう思ってた方が次のレッスンに来てくれたときっていうのは

これはもうめちゃがんばります。ただそのがんばりがばれると

面白くないので、ばれないように裏でがんばるわけです。

あと、男性と女性では私のがんばり方はまたちょっと違って

います。

男性はペアダンスに対する不安というか恐怖感というか

そういうのがものすごく強いので、心理的にサポートするのが

大事で、女性にはシンプルにうまくなってもらうのが一番、という

のが私の考え方です。うまくなってフロアで咲いてもらうわけです。

そういう形の「ゆがんだ愛」なんですね〜

 

というわけで、みんなが思うよりレッスンて個人ベースで成り立って

いるものなんですよ。

 

実は私が今、生徒さんが増えることによって一番救われて

いるのは、何か困ったことがあったときに相談するとほとんど

100パーセント誰かが答えを知っているってことです。

私はまだセンセイとして駆け出しでいろいろな部分に目が

行き届かないのを痛感してるし、ご存知の通り悲しいほどの

失敗コレクターなんです。

だからこれだけの母集団が回答者席にいてくれるっていうのは

こりゃあすげーや、役得だって思います。

みんなにとってここにいるサルサファンに今晩会える、飲める、

バカ話ができるって気持ちが、仕事やトラブルやストレスから

みんなを守ってくれる盾になることを祈りつつ。

 

ところで今日も雨降らないのかな。

 

 

 

 

 

 




トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by salsaconsulRIO   June 22, 2007 04:03
そうそう、あの「あるもん出しちまえ」には笑いました。こっちが言うならともかく聞こえるとこでスタッフが言うんだもん。ははははは!
電話で「いっぱいいきます」っていっといてよかったよー。
これから月一であそこっていうのもいいかもしんないね?

ビール業界の方にはこたえられない6月と思われますが、そろそろ水が心配になってきた私です。
1. Posted by ma   June 22, 2007 00:09
「ビール28コ」にさっさか対応するスタッフの人たちも爽やかでしたねえ。「あるもん出せ出せ!」的なノリもよかったし、美味いし。
今日も雨は降りませんでしたね。ビールが美味い日が続きます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索