April 30, 2007

おまたせっ 合宿から帰りました。

RIOブログの 熱狂的ファンの皆様、大変長らく

三日間もお待たせいたしました。

昨晩書いてる途中に撃沈。

だって二晩で6時間くらいしか寝てなかったんだもん。

・・・おもしろくて。


さてと。朝だぞ。ここは・・・そうか、家か。

むうう・・・現実感がないようなありすぎるような。

 

中学生や高校生の修学旅行じゃあるまいし、12人もの

大所帯をどうやってまわしていけるのか。

私は部活もサークルもやらずに大学時代をすごして

きて、いわゆる集団生活のノウハウがいっさいない

人間なのにさ。

この私の経験のなさが今回の合宿の最大の難関だったけど、

結果的にこのハードル、またげるくらい低かった。

私がメンバーにたったひとこと注意らしきものをしたと

すれば「脱いだ靴はそろえましょうね」だけ。

あとはみんなが勝手にちゃんとしてくれたんだよね。

かといってみんなが四六時中こせこせ働いていたわけでも

ない。やるときゃ全員いっせいにやり、あとは練習か、

そうでなければひたすら飲んで食べて踊って音楽きいて

お風呂入ってしゃべっていた。

時間配分でいえば、一日目の夕食の準備はおよそ1時間。

二日目のバーベキューの準備もおよそ1時間。

三日目の片付けの時間もおよそ1時間。

この間だけは全員働く。

しかし手が24本もあれば、一人あたり一つか二つ仕事を

すればかなりのことが達成できるものなのだった。

特に退出直前の掃除のとき、あの巨大なログハウスを元の

状態に戻すのはえらいこっちゃなと思っていたけれども、

布団たたみとシーツ剥がし、床掃除、お風呂掃除、台所の

掃除(なんといってもこれが一番大変だった。お皿洗い隊

本当におつかれ!)というふうにうまく分担してくれて

(私はこのとき盲点中の盲点「ゴミ袋の買出し」に出ていた)、

私が帰ったころには来たときよりむしろ綺麗になっていたの

だった。

賢い生徒たちでこれ幸い、てなもんであった。

みんなよく働きました。えらいっ


私は自分がつい最近までダブルワークをしていたので、

料理と仕事の両立なんて普段絶対できないことをよく知って

いる。

今回の合宿でみんなにまともなものを食べてもらうことの

必要性は痛いほど感じていた。

とにかく我々が通常とっている食事は基本的にひどい。

パンとコーヒー、コンビニ弁当、ラーメン。

朝昼晩がこういう流れの日だって少なくないと思う。

体が「防腐剤で腐ってしまう」というおかしな事態になる。

だからもともと日本人が豊富にとっていたものをできるだけ

食事に取り入れるようにして、調味料も昔ながらのものを

選んで使うようにした。梅干、手作りの味噌、味噌大根、

海苔、油揚げ、黒米、金時豆、緑茶、ままかり(ダシ)。

それから外来のもので体によいものとしてチャンジャ、

オートミール、純正のチーズ、ナッツ、プルーン、レモンや

ライム。そしてどの食事にも大量の野菜を使った。

たんぱく質は夕食で。肉や魚介類は食べると満ち足りる感じ

がするのでやっぱり夜、それも早めの時間がいいように

思う。ごく新鮮なものにしたいから、取り寄せたりまめに

買出ししたり。食事は合宿でダンスと同等のウェイトを

しめてます。みんなのコンディションが悪いと教えても体が

「きょひる」からね。山ほど食べたけど、スナック類を一切

とっていないからカロリーは思うほど高くないです。

参加者は明日とあさっての体重に注目していてください。

 


レッスンで重視したのは、足じゃなくて胴体で踏むように

すること、肩落とし、脇をしめること、指の腹を使った

強めのテンション、体のねじれを利用したライトターン

でした。

ペアワークの練習の間中、「肩あげて、おろして」から

ベーシックを踏むようにし続けました。その回数30回を

越えたでしょうか。肩を常にやわらかくしておくにはこれ

くらいしないとね。そしてはじめの一歩にこだわって、

男性は体の左がわをおしだすようにはじめる。

それを女性が脇をしめた状態でうけるとフォローが素直に

できる。

最後のコンビネーションの仕上がりが実にきれいで

本当に来てもらってよかったと心から思えたのでした。

胴体の力を使って移動をしていく練習が丁寧にできたのは

この合宿最大のおみやげになったと思います。


合宿中の素晴らしいことを書こうとすると「全部」になって

しまうので、一つだけ印象に残ったシーンを書いときましょ。

夜、暖炉の火のぱちぱちいう音、木の匂い、川がさらさら

流れる音が窓から入ってくる。

そんな中でいいお酒とチーズですごしていると時を忘れる。

みんなおもしろくってしょうがないのでなかなか寝ようと

しない。踊って〜飲んで〜踊って〜飲んで〜とやっている。

二日目の夜、お風呂で席外して二階で化粧水などたたき

こんでいたときのことだ。

下からきこえてくる11人分の声が全員ドリフの大爆笑で、

しかもそれも長時間、ずっとずっと笑い続けていることに

気付いた。

なにをそんなに気が狂ったように笑っているんだろうと

思って上から様子を見ている(吹き抜けで、上の階から

下を見下ろせるようにベンチがある)と、みんなでY君の

メレンゲステップを夢中になって直しているのだ。

たしかに彼のメレンゲはすごく「個性的」だった。

それを11人がかりで修正しているのだ。大爆笑しながら。

Y君本人は大爆笑といってもいつも通りなんだけどね。

そしてどうなるのかなと思っていたら、30分くらいたった

ら本当になんとかなってきたのだ。

おお、おお、そうだ、いい感じになってきた〜と上から

うんうん頷きながら様子を見ていた。

そのうちみんなで輪になってぐるぐるこんがらがりながら

踊る遊びをはじめて、最後に輪が完全にひっくりかえって

背中あわせの輪になって「おおおおお〜〜〜」とみんなが

感動しているところで下に降りていった。

その間中私はびっくりしていたのだ。

ここに集まったのは全員もと他人なのだということに。

おとついまでは「見たことある、名前は半分くらいわかる」

状態だった人々が、こんなふうになるマジックにすっかり

魅せられてしまっていた。

中には自分をはじめとして、かわりもんもおとなしい子も

いるわけだけど、火とせせらぎの中では違いがあまり違いに

思えなくなってしまう。

もっとずっと大きいものの中にいるからなんだろうか。


二日目の夜は明け方までふるーいロックをきいていた。

部屋が緑色の光に包まれる中、大型の鳥が入れ替わり

立ち代り窓の前を悠々と横切っていく。

2時間でこんなところに来れてしまうんだなあ・・・


今晩は新宿のこの店でソウルミュージックをきいてます。

仕事があがったら一杯やりに寄ってってね。

さしあたって今日通常営業することは確認しました。

あとは行ってみてなんかあったらこのブログにすぐ

アップするので、お出かけ直前に念のためのぞいて

ちょうだいね。

都会には都会の夜を。 

 

私は今、いつになく(珍しく)オープンハートな気分なのだ。

では。後ほど。

 

 


 




この記事へのコメント

4. Posted by salsaconsulRIO   May 02, 2007 02:03
はい。いちばんわるがきだったM君ですねみんなの愛情に報いて次回は全員の背中を流してあげてください。

女の子たちのヘルプっぷりはまったく感動的でした。私からもありがとう!!

スダ後の新宿は無理ですってばー
それは今日のお話です。結婚式では新郎新婦のなかむつまじいのに珍しく素直さをとりもどしましたね。ああ、いいもんだと。
3. Posted by M   May 01, 2007 18:38
すんません寝坊→朝風呂で殆ど片づけをしてなかったMデス。次からは盛り上がる宴の最中でも風呂に入れる冷静さを持ちたいと思いマス

そして女性の皆さん、手際のいい手さばきで美味しい食事をご馳走様でした(現場で言いそびれてすみません)

Rioさん、巣だーだの後も新宿へ飲みに行かれたんですか? すんげえなぁ
2. Posted by salsaconsulRIO   May 01, 2007 18:16
じ・じ・じ・じこしょうかいっ

あの環境に「じこしょうかい」・・よせやーいって感じ?!うきゃうきゃでおっけ〜よ〜。
レッスンの間だけはみんな神妙にしてたけど、いいアクセントになったね。

miccoちゃんはお布団片付けですごい苦労かけたね。ホントにありがとう!

1. Posted by micco   May 01, 2007 17:49
RIOせんせ〜

こんにちはmiccoです。
合宿ではありがとうございました。ほんとに、たんのしくてうきゃうきゃ言ってるうちにあっという間に終わっちゃった〜。

そういえば自己紹介タイムみたいなのって特別なかったね〜。なんか不思議だぁ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索