February 28, 2007

2月27日(火)新宿スタジオビーンズレッスンレポート&まわるかどうかのお話←今回重要!メンバー全員要熟読

アフターで泣きながら笑ってきました。

新宿には毎度「新宿ネタ」が。

私も素にかえって大騒ぎです。

あすこのビールはうんまいです。


さてえ・・・とレッスンでは最近のコンビネーションを

容赦なく続けてもらいました。

それぞれ今かかえてる課題が違いますので順々に

教えながら。

男性は自分が女性の軸になる、という感覚をおさえて

もらえるといいですね。

肝心なときに軸がずれると女性がすっぽぬけます。

自分や自分の腕が支点になって女性が動くとうまく

いく振りはとてもたくさんありますので、重心をどーんと

下げて曲にのりながらも自分はどっしり動かない

シーンを混ぜ込んでいくとかっこいいです。

二人が同じだけ動く振り、彼女は動かなくて彼が

移動する振り、そして彼が動かなくて彼女が移動する

振り。

デモのときに「どのタイプかな〜〜」と思って観察して

みてね。

女性は回転のときにどこでまわるとよいのか、という

のがポイントでした。

インサイドターンはスタート地点から男性を中心軸として

135度の位置で足をつけてまわる。

これ、絶対の極意です。

私が決めた「RIOルール」ですが、クラブで踊ってこれを

外すことはまずありません。

実験済みの太鼓判つきです。

内腿を内側へぐっと締めることと、視点を前方からパートナー

へチェンジすること。

この二つで成功します。

がんばろう!

 

ダンスには「口では教えられない」と思われてることが

無数にあります。

でもそうなのかなあ、じっくり分析すればわかることも

多いと思う。

特にわたしはサルサと数学の相性のよさに気づいて

からコンビを覚えるのが格段に早くなった。

CBLやインサイドターンは「図形」だし、オープンとクロス

の手の関係は「場合の数」を使うとすっきりする。

クラブでは「統計」を使ってよく使われるコンビをカウント

したり、ファッションや雰囲気と「誘われる回数」の関係を

データにして遊んだりもする。

サルサを音楽とダンスだけじゃなくて数学、統計学、

社会学、文化人類学、人間関係学、語学などと組み合わ

せることによって面白さは何倍にも増幅するんだよ〜。

 

さて、日曜よりお待ちかねの

「女性にまわってほしくないのにまわられちゃう

場合はどうすればいいのだあ?」

という男性の悩みにお答えするコーナー。

これは「ヘッドループ」、つまり頭に手をかける動きと

「ターン」の違いを男女双方が理解していることが必要に

なってきます。

ポイントは肩関節についての正当な理解です。

実験ターイム!

 

右腕をシュワッチの形にしてください。

つまり前方でL字におります。

この状態で右横にひじをもっていくと体の真横に

いったところでそれ以上後ろへはまわらなくなりますね。

それをさらに右へすすめるためには体ごとまわさなけ

ればいけません。

これがライトターンのときに女性の体におこっている

状況です。

この状態を女性の肩におこせば絶対にまわって

しまいます。

 

次にL字の手を真上に伸ばしていってください。

頭上にまっすぐのばしきると耳の横で肘がぴんと

伸びますね。

そのまま手をすとんと頭のうしろに落としてみてください。

まわりたいと思いますか?

ぜんぜん思わないでしょ?

これがヘッドループのときの肩の状態です。

 

これをふまえて、男性は女性の肩の状態をイメージして

リードの軌道を描くようにします。

ターンのときは横のイメージ、ヘッドループのときは

上のイメージを大事にするとうまく伝わります。

 

女性は肩の関節を通常ははずしておきます。

いつも言ってますね。

肩を思い切り上にひきあげてがしゃんと後ろに落とすと

関節がゆるくなります。

これがニュートラルの状態。

そしてターンのときは男性のリードによって関節を

いれてもらっているのだと思ってください。

「関節が入った」という武道用語がありますね。

関節を入れたほうが勝ちです。つまり、それ以上

押されると骨折・脱臼する状態のこと。

幸いサルサではそれを解除するために回転して

よいことになっている。よかったよかった。

 

・・・というわけで

はじめから肩が固くて関節が入りっぱなしの

人はヘッドループのときも勝手にまわってしまう

当然の摂理なのです。

だってまわらないとその女性は脱臼しちゃうからね。

 

「男女双方がわかっていないといけない」という意味、

わかってもらえたかな。

 

これについてはまたいい思い出があるので、チャンスが

到来したら書きましょっか。

 

その前にまずは今日の飯田橋だ。

KIKUさんによると飯田橋は

「RIOセンセ〜の『勝手に飲めや』的なとこがいい」

んだそうです。

 

・・・あのさ、

 

みんなのほうが勝手に飲んでると

思ってたよ。

 




この記事へのコメント

3. Posted by salsaconsulRIO   March 02, 2007 00:57
ダリさんのシュワッチ姿を想像してにこにこしてます。なんでもすぐやってみる子は上達がはやい。あ、大人も。

KIKUさん初登場ありがとうございます。
最近の上達っぷりはすごいですねえ。
こちらのブログを過去までさかのぼって読んでいただけると、私のレッスンがどういう意図で行われているか三倍よくわかるようになってます。

こちらもぜひ楽しんでいってください。
2. Posted by kiku   March 01, 2007 17:56
力の入ったアドバイスありがとうございます。
文化人類学のくだりは感動しますた。
週末にゆっくり読み、次につなげたいと思います。
それではボディクロスリードの練習がありますので失礼します。
1. Posted by ダリ   February 28, 2007 22:13
女性に回られてしまう張本人です(笑)いつもながらのわかり易い解説ありがとうございます。ショワッチと実験して、1人で「おお!!!!」と感激しました。ありがとうございます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索