January 31, 2007

1月30日(火)新宿スタジオビーンズレッスンレポート/気のお話

久々に「部活」のメンバーが復帰して実ににぎやかな

新宿レッスンでした。一回壊れて手入れをしたエアコンの

調子がよすぎて吐く息が白くなるのも迫力がありました。

スタジオの中は熱いです。


昨日のポイントは、はじめたばかりの方にも慣れた方にも

「気の大切さ」でした。

日の浅いグループには「『気』でパートナーをリードせよ」と

いうのを教えました。はじめるとき、ステップを変えるとき、立ち

位置を変えるときなど、なんらかの変化をおこすときにはまず

気を送ってから体を動かす。気のないところに手をがっと出すと

相手は痛がります。気がない、ということは、自分に「その気が

ない」、つまり「どうしようとしているか自分でもわかってない」と

いうことになります。自分がどうしたいのか、相手にどう動いて

もらいたいのか明確に意識することが大事です。

 

フォロアーの女性のほうは、男性のおくる気をキャッチして

あげるのが仕事です。タイミングがずれたり、あらぬところに

手が出る足が出るというのは、気をうまくうけとれていないの

ですね。私も油断すると失敗します。「気」を「つけないと」。

 

慣れた方には「気を下におろしてね」ということを言いました。

頭じゃなくておなかのあたりで考えるようにして踊ってください。

頭で考えると頸まわりが固くなってしまいます。そのへんに

神経が集中してるからですね。

私は固くなってきたなあと自覚すると、ベーシックを踏みながら

頭をゆらゆら振ってリラックスさせるようにしています。頚椎の

骨と骨の間を緩めるようなイメージでね。一気に力が抜けますよ。

 

そして、気を下ろすということは重心が下がって安定すると

いうことでもあります。腰骨あたりに重心がくると軸がぶれなく

なって踊りに貫禄がでてきます。まさにコマのイメージね。

だからといって、膝や腰を落とすというのではありませんよ。

体そのものは高くキープします。腿や背中の筋肉をしっかり

使って、かかとも浮かせ気味にして、頭も堂々と持ち上げて。

そして気だけ、おなかに落とすのです。記憶をおなかでする

感じといったらいいかな。首から上の部分は考えるためではなく

目から情報をキャッチしたり、パートナーやオーディエンスに

微笑みかけたり、かっこよく決めた髪型を見せるために使います。

魅力のあるダンサーはみんなそういう感じになってますね。

 

私が挨拶とか、新人さんへの声がけにうるさいのも「気」と大いに

関係があります。ダンスは心をダイレクトに映す繊細なものなので、

よい気に包まれていないとよいダンスは踊れないのです。

さっきすれ違ったとき何も言葉をかわさなかったあの人と

ペアを組んで踊るほど不自然なことはありません。

また、知らない人に大きな声を出すにはそれなりの勇「気」を

必要としますが、大勢の前でパフォーマンスをする際のとてもいい

訓練になります。何百人知らない人がいる前で微笑みながら自分を

アピールするなんて、当日いきなりできるわけがないでしょう。

普段から「ここに私がいますよ〜。よろしくね〜。見てね〜」って

いう雰囲気を持っている人じゃないとステージにはあがれないし

クラブで人から注目を集めることも難しいのね。

みんなそういう人になりたいでしょ?

私は人が思わず見つめちゃうようなダンスをみんなに踊ってほしいと

常々願っているので、その土台作りとして挨拶と声がけを徹底して

教えていきます。

ダンスと同様、皆が私の意図を充分に汲んでくれますように。

 

アフターでは例によって一週間で一番おいしい生ビール(水曜は

ワイン、日曜日はギネスかハイネケン)をやりながら合宿の話を

ちょっとしてみました。今は合宿の場所探しが私の隠れた趣味

みたいになってます。「ホントにうまくなるための合宿」がしたい

ですね。むろんごく快適なところで。楽しみにしてます。

これも詳細は少々お待ちを。

 

さあってとお。

今日は飯田橋ですねえ。

・・・・・・・・・

 

この「点々」のなかに私の複雑な思いと祈りを読んでやって

くださいな。

 

やるっきゃないでしょ〜〜〜〜〜!!!!

 

今日はトリのクリーム煮です。失敗したら記事アップします。

はははははは!!!←プレッシャー




この記事へのコメント

6. Posted by salsaconsulRIO   February 01, 2007 23:12
はーいこんばんは
笑顔も笑顔、にっこにこです。

私このあいだの「バー非常口」ではじめて新宿2丁目にふみこんだんですよ。駅で「あ〜んヤマちゃ〜ん」っておもいきり甘えた声をだした男にあいましたね。パーティーの企画なんかもガールズオンリーのがいっぱいあったりして、あそこにしか生息できない人々の存在を肌で感じてうれしかったです。

「同種のもの多数に囲まれる」っていうのはいついかなるときでもドキドキするものです。スリラーのマイケルジャクソンもゾンビに囲まれてドキドキしてましたよね。

私は春(夏)企画に胸ときめかせてます。それはそれでドキドキ。

新宿火曜は私のオアシスです。
5. Posted by micco ( mgr )   February 01, 2007 23:04
RIOせんせ、みなさん

こんにちはマネージャーです。
私たちを笑顔でうけいれてくださりほんとうにありがとうございます!

私はレッスンがひさびさだったので、ちょっと心配だったのですが、レベル別にしていただいたのでリラックスしてできました!

nabaさんたちの技はハードルたかいも〜んっ

夏(春?)の企画も楽しみしにしてまーす♪
4. Posted by Misterico   February 01, 2007 16:43
>nabaさん

最近の新宿レッスンはうまい女性がフル回転してます。同じ技を叩き込まれたいレディはぜひ…
(某新宿二丁目バーでオバサマに囲まれたワレ状態?w)
3. Posted by salsaconsulRIO   February 01, 2007 07:26
武道系やってる人ってサルサの上達はやいんですよ。相手と組むということに慣れてるせいだとおもってましたが、「気」の使い方を知っているということもものすごく大きいでしょうね。これからはレッスン中に「タンデン!」と叫ばせていただきましょうか。

職場仲間とサルサって本当に稀有です。うらやましい。

・・・4Pに私も加わりたいなあ・・・
2. Posted by naba   January 31, 2007 23:14
職場の人たちと部活、ステキですよね。しかも男女そろって!ってすごくないですか?

ネタ猫さん
たっぷり堪能、いえ、練習させて頂き、こちらこそ感謝ですまたよろしくお願いしますね。疲れてた?昼間ジムにも行ったからかな。

1. Posted by ネタ猫   January 31, 2007 15:39
お疲れぇ〜♪「気」をお腹に…の話で私の武道の先生思い出しました。武道では胆田(たんでん)に落とすと言います。場所はおへそとあそこの中間ですので少し違いますが息を吸い込んで吐く時に肩を落とす…。そっくりでしょ?私は上手く出来てないので姿勢悪いんですけどね。
ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
nabaちゃん、昨日は濃い男性三人相手に4Pありがとうございました。<m(__)m>帰り際お疲れの様子でちょい心配です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索