September 21, 2006

巨大ホテル・ニューオータニ「翠鳳の間」でRIOが活躍するお話 その9

このブログの読者には将来ダンスの先生をしたいと

思っている方もいるかもしれない

(おすすめできるのは「走るのが大好きな人」だけ)

し、そうでなくとも

友人の結婚式などでダンスタイム担当に指名されるなんて

不幸もあるかもしれない。

というわけで、ショウタイムレポートに先立ちまして

出ます出します勝たせます

パーティーでのダンス指導のコツを伝授するコーナー!!

じゃじゃんっ


★22日日中限定公開の動画

”社長とダ〜ンス♪” はいよいよ明日・最終回と

同時に正式UPします。

おっ楽しみにいっ




RIOは別にここでじらしテクを駆使してるわけではなくて

ですね、今回自分の脳におこったことをあますことなく

みんなに伝えたいと真剣に願ってるだけでありまして、

でもこのままだと母が原稿を見に北海道からエアー・ドゥで

飛んできかねないのが心配ではありますが、しかしですね、

私、このブログで一銭も原稿料もらってないのに、なんで

「早く続きを出せ」ってしかられるのおお???

 

ぐすっ ぐすっ

 

.好拭璽箸了惻┐蓮屬気鵝Δ呂ぁ」とか「せ〜の!」の

ような聞き慣れた表現がいいよ。 ひくっ

特にご年配の方がいらっしゃる場合はなおさら、和風の

声がけが効果的。

曲は洋風でも中身は醤油味にしましょう。


動きはオーバーアクション気味に、くっきりとした明快な

振りをしよう。 

自分の中に迷いがあってはならないのはもちろん、お客さんが

予測をつけやすいよう、一人で踊る場合よりも前振りを大目に

とってね。


7茲瓮檗璽困魯戰好肇織ぅ潺鵐阿茲蠅錣困に早めに決める。

それに続くお客さんがポーズをとったときにどんぴしゃりに

はまるように。

 

だ爾けは常に早め早めに、それこそルエダの要領で

前のセットの最中に次のセットの指示を出す。

そのためには曲の展開を完全丸暗記しておかなければ

いけないよね。

自分で歌えるくらいになっておくと本番であがることなく

リーダーができます。


MCも振りのうち。しゃべりの練習もお忘れなく!

「空白の時間」があるとみんなが不安になります。

(これ、レッスンの最中もそうでしょ、RIOが10秒だまってると

「センセイ大丈夫??」って感じでみんなこっち見るじゃん。

わははは)

曲の内容、ヒットした年、グループの情報、その頃の

日本の流行などなど、DJ気分で語れる話題をもって

おくと最高です。たとえ使わなくても、「カードを持って

いる」ということはとても大きな安心感につながるんだよ。


せっかく参加してくれたお客さんに「しまった間違えた、

恥かいた」という思いをさせちゃいけないからね。

ダンス船長は常に音楽の波を先取りして安全に船を

航行しよう!

 

明日こそ本番の情景を書きます。

ええ、書きますともさ

 

・・・続く 




この記事へのコメント

2. Posted by salsaconsulRIO   September 22, 2006 11:56
わははは 素敵なプレッシャー!!!
わはははははははははははははははは

いつもありがとね、miyaさんっ
1. Posted by MIYA   September 22, 2006 08:00
がんばってますね!
楽しみ♪楽しみ♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索