September 21, 2006

9月19日(火)個人レッスン・9月20日(水)本八幡レッスンレポート

すばらしいお天気!素敵!

今週もあとわずかだよ。がんばっていきまっしょ〜〜〜!!!

 

私、最近燃えてます。

ここのとこ、人が踊るコンビがスローモーションでみえるように

なってきたんです。バッターの調子がいいときは球がとまって

みえるっていう、あれです。

うっそ〜またまたあ、と思っていたけど嘘じゃないらしい。

これまで何十回も見ないと「解読」できなかったコンビが、最近

やけにシンプルに頭に入る。

よってみんなにも相当すごいこと普通に教えちゃってます。

遊ばせてもらっちゃう。楽しいんだもん♪

 

「巨大ホテル翠鳳の間」は本日夜のアップです。

こちらもお楽しみに!

(母が「はやくはやく」って怒るんですよ。何も怒らなくてもねえ・・・)

 

以降はレッスン参加者のための覚書です。


Sさんのための覚書:今週のメインは男性の周囲を歩いていって

からCBLに入るコンビ、一度二人でサイド方向をみてから左一

回転半で背中をストップ、すぐに右ニ回転半に続けるコンビ、

歩くときの体重移動の仕方の3点でした。

左一回転半のときは足の置き方が変則的になります。

また、背中のストップがかかったときのポージングですが

やや左に体重をかけ右足を自然に伸ばした形を作りましょう。

忙しいコンビなので、一瞬で鮮やかにキメルのは大変ですが、

そのぶんここに気をつかえるかどうかに力量の差がでます。

 

本八幡レッスンの覚書:今回は、ハンドチェンジつきのWターン、

男性の右半回転、4で女性の頭上に右手を通し、5で自分の

左手の上に女性の左手をのせて右サイドから前へフリースピン、

そして360度(スリースィクスティ)でした。

360度はCBLのとき二人の立ち位置を1・2・3で180度、

5・6・7でさらに180度いれかえていく技で、今回初挑戦でした。

男性の足の置き場が決め手です。

1で女性のほうへ左足をおいたら、2,3もさらに同じライン上を

進むように右、左と足をおいていきます。

4でくんと背中を押すときに、その方角が通常のCBLとは正反対、

女性がはじめにたっていたポジションの方向になります。

女性は3と4の間に急激な方向転換がはいりますので

ふらつかないように脚の筋肉をきたえることが大事です。

男女とも特に前半、歩き遅れないようにしましょう。

中級より上級に近い技で、フロアでは非常によく使われます。

パーフェクトなCBLとセットにしてぜひともマスターしましょう。

 




この記事へのコメント

2. Posted by salsaconsulRIO   September 21, 2006 10:15
HI!
あの左一回転半がめっちゃ高度ですね。私も猛練習したものです。涼しい顔でできるようにがんばっていきましょうね〜〜〜次回はインサイドのダブルターンいきます。ファイトファイト!
1. Posted by サマンサ   September 21, 2006 10:02

先生、覚書ありがとうございます!
Sさんことサマンサです。
あの動きが文字になるとこうなるのか〜という感じです。
家中の色々な場所、色々なシチュエーションで1回転半練習中です。(汗)

頑張ります♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索