July 23, 2006

利他と1トップ

は〜い!(←英語の時間の挨拶の練習風)

復活しました。

これからまた楽しく踊ります。

幸せです。

えっと、今日は最近すごく不思議だったことを書きます。

イタリアの王(子)様、トッティが面白いこと言ってるのさ。


トッティと自分は誕生日が同じ。

「トッティよ、今日は最低だよ。

君も今日は運勢が悪いのかい?」

などと空想上やつあたりする存在である。

もちろん小学校のときの担任だったM先生にも、R君にも、

頭ん中でぐちぐちねちねちからむ。


6月23日の記事を書いたとき、トッティいいなあ、

大人になったなあ、とすごく感心していた。

自分の仕事をきっちりやってると同時に、周囲に愛されてる、

任されてる、頼られてる、って空気がひしひし感じられたのね。


前に紹介したドーガッチに、彼がシリーズで記事を寄せてる。

これをちょっと読んでね。


どう思った?

私は思いきりひっかかたんだよ。

この組み合わせに・・・↓


 「僕は他人を愛する利他主義者だから、チームメイトの

ゴールを演出することが好きなんだ。」

 

            VS

 

「あと、僕の前に2人のFWが配置されているよりも、1人の

方がやり易い。」

 

トッティよ、言ってることがさらっと真逆

さすが天秤座。

これを八方美人と呼ばずしてなんと呼ぶ・・・


と同時にものすっごく感心した。

彼のなかでこの二つは矛盾しないのだ。


そう、「ヤツら」にとって

利他と自分の1トップは両立可能 らしい。


この境地を知ることは必ず自分を強くする。

最近ずっと頭の中にある、だてに王子じゃない王子の言葉

なのだ。




salsaconsul at 23:39│Comments(0)■SALSA FRESCA泣き笑い 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索