July 21, 2006

たとえばsakuraがmissyを通してサルサに出会ったように

限りない偶然のおかげでつながった出会いの果てにある

「サルサっておもしろいな」っていうシンプルな気持ちを

無駄にしたくない。

男性だけのクラスにしても、女性だけのクラスにしても、

誰かの思いの半分をうけとめられなくなってしまう。

それがずっとひっかかってる。

 

ほかの教室?

あるよ。

あるけど、ないんだ。

 

みんなにとっての段階と課題はそれぞれ全部違っていて、

それを一緒の時間に一挙解決しようとすることは無謀だ。

今週、市川・新宿・本八幡ときてはっきりそう思った。

 

分ければ分けるほど能率はあがる。

でも、ここに来てくれた人に優劣つけるようなことは自分には

とてもできない。

「人にじゃなくて技術と段階に順番をつけるんだ」ってのはキレイ

ごとだ。

人間てそんなにわりきれるもんじゃない。

そのうちやらなきゃいけないときはくるんだろうけれど、

今の自分はやりたくない。

やるときは断固やるけど、今はやだ。

そんな時期でも場でもない。

第一時間がない。

 

男女別クラスは公平だし、それぞれに必要なことを徹底

できるという意味で理にかなってるとは思う。

ちょっと不自然じゃなかろうか、という部分で悶々として

いたけど、Kさんのメッセージのおかげで少し希望の光も

さしてきた。

男性が女性の事情を、女性が男性の事情を知ってると

すごくいいことがある、ってことをみんながそれとなく知って

いてくれるなら。

男性のリードを教える日に女性が、女性のリードの受け方を

教える日に男性が、ごく普通に、和やかに、逆さまの性を演じる

のをワクワクワクワク楽しんでくれるなら。

 

一方で、男性の日に女性が混ざるのはまったく問題ない

けれど、女性の日は女性だけにしたほうがいいのだろうか、

とも思う。

女性の日に混ざれる男性には一種の素質みたいなものが

いるんじゃないかと。

底抜けの明るさか、十分な経験か、そういうような。

おかまさんみたいな人が両方あって一番むいてるわな。

 

そのまた一方で、そういうことをひとつひとつ検証する自分こそ

病気なのかとも思う(多くの人がWEBの向こうで大きく頷く図が

見える)。

やっかいだ。

 

迷ってる。

本当に迷ってる。

 

「ある雰囲気」に近付くための道は想像以上に険しく、

今晩も道半ばで倒れようとしてる。

 

だめだ。

明日も長考は続く。

今日応援してくれたみんなに感謝!

 

一晩寝たらすべてすっきり解決ってわけには

いかんのかのう???のう、のう???

 

がんばれ脳味噌!!!

 

 

 

 




salsaconsul at 00:34│Comments(0)■SALSA FRESCA泣き笑い 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索