June 27, 2006

これがクラブでかかってる その11:ジェリー・リベラ

20年も歌ってると、サルサも飽きるぜ。

 

「サルサ界のプリンス」「黄金の子供」

そしてそのまんま「童顔」

そのお顔のかわいらしさと父がミュージシャンという

サラブレッドぷりから、やっかみも含んだ様々な愛称を持つ

プエルトリカン・ボニート・・・Jerry Rivera


初レコーディングは14歳。

その後とんとん拍子にヒットを飛ばし、ラテン界の賞を

わっさわっさかっさらっていったジェリー。

歌はうまくない。声帯もか細い。

しかしラティーナの女心は、その未熟さにこそずっきゅ〜んと

射抜かれるのでした。

 

そして六本木のお姉さんたちは、少々頼りなげなジェリーの

この二曲に悶えております。

 

曲名をクリックするとアルバム情報が出てきます。

その中で目指す曲のPreviewをクリックすると

Windows Media Playerで再生されます。

 

曲名:Bailando アルバム名:Tributo a Frankie Ruiz

かかるでしょ〜〜〜これっ
名曲は一度聴いたら忘れない、の典型。
別に一句よんだわけではありません。

曲名:Mi Libertad アルバム名:Tributo a Frankie Ruiz

あわわわわ、これもほんっとにかかるよね????
はら、ひげ、胸毛の三点セットが欠かせないラテン界に
おいて、汗もこぶしも情念もいっさい感じさせない淡白
さがたまりません。きれい。きれいです。

さあ、あなたもセンター街を歩く高校生の気分で
いってみましょ〜

さん、はいっ
            わあ〜 い〜
                       い〜〜〜〜」
       
「か〜


(アクセント通りに表現してみました。なに、もう言わんて?)

ところでジェリーはポップス路線に転向することに
よって多くのサルサファンを失ったとされています。

しかし私は逆です。
2005年のアルバムを聴くことによって、ようやく彼が
本当にいい歌手だと思えるようになりました。

毎日毎日サルサ漬けの私が心から共感した、サルセーロ

じゃないジェリーの渾身の一曲がこれ。

曲名: Ay Mi Vida アルバム名:Ay Mi Vida

大人の深みが実によく出てます。
曲のムードは完全に80年代風。
それがかえって新鮮に響きます。
ポップスに胸しめつけられた10代の頃の純粋な
感覚を呼び覚ましてくれるのです。

かわいいの一言で片付けられることから逃れようとして

いかにもがいてきたか、このジャケ写真と声が切々と訴えて

いるようです。

 

これからが実りの季節でしょう。
ジェリー、長い長い子供時代、お疲れ様でした。

大人の階段上るジェリーとともに、こちらのほうも一歩一歩
歩んでいきたいと思います。

これからもよろしくね!(路線変更はしばらくないけど)




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索