June 12, 2006

これがクラブでかかってる その9:モンキー&アレッサンドラ

バチャータ。

うんとこどっしょい、すんとこどっしょい、と

四拍子でひたすら左〜右〜左〜右〜と揺れるダンス。

技?必要ない。

リード?しっかりと胸にかき抱けばよ〜し!

「おばあちゃん、バチャータはどうしてそんなに
シンプルなの?」

 「赤頭巾や、それはね、な〜んにも悩まずお前を口説く
ことに集中するためさ」

 

 


Monchy & Alexandra。
ラテン界のペドロ&カブリシャス
カブリシャスってなんだよ、などとつっこんでいる場合
ではない。

今、クラブのバチャータタイムは、この二人のシベリア
のようなデュエットでもっていると言っても
過言ではない。


まずはバチャータのリズムとは何ぞやというところから。
クラバーの方は「はいはいはいはい」とにこにこ
うなずいて待っててください。

曲名をクリックするとアルバム情報が出てきます。
その中で目指す曲のPreviewをクリックすると
Windows Media Playerで再生されます。

曲名:Dos Locos  アルバム名:Exitos y Mas

↑これがバチャータです。
あなたならどうしますか、この時間を。
どうもたせますか。
何を語りますか。
パートナーをしっかりと胸にかき抱く以外、なす術もあり
ません。

曲名:Te Quiero Igual Que Ayer  アルバム名:Exitos y Mas

↑このハモリ、聞き覚えありすぎですね。
しかしまだまだ糖分は控えめ。

お待たせしました!
鼻血必須のとどめはこちら。
曲名:Poerdidos  アルバム名:Exitos y Mas

↑きましたね、げき混みのフロアで完全に二人きりに
なってるペアの映像が。
いいんです。ラテンですから。

一度聴いたら忘れられない強烈な甘さ。
飲み物は紅茶でもコーヒーでもなく牛乳を。
友達ならそこのところ、うまく〜〜〜すすめて〜♪

そしてこちらへの伝言もどうぞよろしくお願いいたします。

p.s.そんなバチャータも凝ろうと思えばいくらでも凝る
ことができます。O先生のお膝のうえでロデオされた
Nちゃん、極意はいかがなものでしょうか。




この記事へのコメント

6. Posted by Kaz   October 04, 2007 02:26
シンガポールじんです!
バチャータが大好きなんです!
4. Posted by salsaconsulRIO   June 14, 2006 11:02
RUMIKOさんみたいな人がきっといるだろうな〜〜〜と思ってせっせとお馬鹿な曲紹介を続けてきた私にとってはうれしすぎるコメントです。さっそくアルバムを入手して自宅でも恋の気分を存分に味わってくださいね
3. Posted by Rumiko   June 14, 2006 03:15
Te Quiero Igual Que Ayer この曲大好きだったんですー。でもずっとタイトルがわからなくて探してた。だからとてもうれしいです。ありがとうございました。私はサルサ始めて1年も経っていませんが、始めてから3ヶ月くらいでバチャタの存在を知りやみつき!バチャタを聞くと恋をしたくなる。。曲紹介いつも楽しみにしています。
2. Posted by salsaconsulRIO   June 13, 2006 00:47
挟む!そうきますか。挟む。むうう・・・
そう、実は脚の圧力って相当効果的なんだよね。上手に使っておとしましょう。いただきましょう。バチャータが楽しく思えるようになるのは相当年期いるよ〜。熟成といおうか老成といおうか・・・私もようやく老成組に片足つっこみかけたような。いや、老成したら左右前後は無理か。がんばりまっす。
そしてNちゃん、ブラジルで熱狂していることでしょう。お元気で〜〜〜
1. Posted by naba   June 12, 2006 02:28
5 ハイハイハイハイー。
持ってます。アルバムHasta El FIN。
昔はバチャータというものを知らず、
DLGのアルバムにも入ってたのに、なんだ
この踊れない曲は!と思ってましたが、
今は大好き。クラブでも一休みにいいよね。
そう!O先生は激しい踊り方でしたねーー。
まるでソンのように左右前後に踏み出し
踏み出し!て感じ。あせりました。
最近はN子がエルカフェスタッフののボニートに伝授されたという、4拍目で相手の片足を
自分の両足で挟むのが気に入って私ら女2人
でやってましたー(笑)N子はもうブラジル
帰っちゃって寂しい。誰か一緒に踊って!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索