June 03, 2006

これがクラブでかかってる その6 : アドレセンテス オルケスタ(2013年改訂版)

 アドレセンテス オルケスタ(Adolescentes Orquesta)

・・・訳して「青年のバンド」

名前の普通さと言いにくさ、一級品。

飛ばしたメガヒットもこれまた一級品。

買えるものはマスターカードで。


まずはこちらをきいてください。

曲名:Hoy Aprendi アルバム名:Reclamando Nuestro Espacio


 

↑ホーンセクションのメロディーライン作りがうまいんですね。聞いた瞬間みんなが「あっ」てわかる。青年の主張がダイレクトに伝わってくる。この独特の曲作りを行っているのが「サルサ界のベートーベン」の異名をとるリーダーPorfi Baloa。彼の鮮やかなピアノさばきはこちら




 

さてこの曲はどうですか?聞き覚え、あるでしょう。

曲名:Anhelo アルバム名: Reclamando Nuestro Espacio


 

↑最近はクラブではあまりかかっていない気がしますが、これぞ彼らのメジャーへの「熱望」を実現した曲。

 

そしてとどめはこれ。

曲名:Arrepentida アルバム名:Millenium Hits




↑きたきたきたきた〜〜〜〜〜


イントロが流れた瞬間に「あ。やば。パートナー探さなきゃ」ってみんなの腰が浮き目が泳ぐ曲があります。

アレペンティーダはまさにそんな曲。フロアの人口密度は一挙3倍、気分は北海名物番屋漬。


番屋漬








しかと抱き合って踊ってください。


2013年に入った今も愛されるアドレセンテスの代表曲"Persona Ideal"




もうちょっといまどきのお洋服を着せてあげたいデビューまもない青年たち


アドレセンツ2006









記事アップ当時はいかにもレコード会社のお仕着せ的な「親御さんに怒られなさそうなジャケット」を着用していたアドレセンテスは今では街のちょいワル青年風に垢抜けました。メンバーも一新されているんですね。


現在のアドレセンテス

アドレセンテス2012


 




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索