April 23, 2006

4月23日(日)市川ZAZOU:サルサレッスンレポート/「脚を折れ♪」

本日も大勢の方にご参加いただき本当に感謝感謝感謝!!

ここのところ遠くからわざわざお見えになる方が増えて

います。本当にありがたいことです。

私も毎回、みなさんに「おみやげ」・・・つまり、来てよかった、

役にたったと思っていただける「何か」を提供すべく、日々

考えています。

女性の場合、クラブでかけられる様々な技に対応できる力を

つけることがもっとも大切でしょう。

男性は、簡単な技でも「うまいなあ」と思わせるグルーブ感を

身につけることがまず大事で、次に自信をもって繰り出せる

技をひとつでも多く持つこと、でしょうね。

今日は、LAスタイルでよく使われる「首かけ」をやってみました。

レッスンではあまりうるさく言いませんでしたが、「首かけ」は

手や指でかける技ではありません。

カラダ全体がぐいぐいゆれながらごく自然に男性が女性の手を

女性の頭にかけていくことによって、いやらしくない技として

機能します。

音楽をほったらかして、立ち止まってかけたりしては本末転倒。

とにかくカラダをいじめぬくことです。

女性はレッスンで見せたように、堂々とセクシーさを前面に

押し出してください。

中途半端はいけません。

サルサでは、貞淑な感じはなんの魅力にもならないのですよ。

 

さて、レッスンのあと、非常にいいものを見ました。


映画「プロデューサーズ」です。

 

すっかり落ち目になったプロデューサーが、一攫千金を夢見て

ダメダメ会計士と組んで「絶対こけるブロードウェイミュージカル」

を作り上げるお話。そうすれば、老婦人たちからかきあつめた

200万ドルがそっくり手元に残るから、というからくりです。

 

これがすさまじかった!!

何がすごいって、出てくる役者 出てくる役者 他に絶対

取替えのきかない存在感、表情、声、歌、ダンスの力を備えている。

まったくもってどの一人をとっても主役にできる。

圧巻はゲイぞろいの演出家ファミリー。

次から次へと才能豊かなオカマが登場するシーンでは劇場が

爆笑に包まれた。

 

映画自体の演出もすごい。

会社の事務用引き出しがブロードウェイのステージの階段に

なっていくシーンや、鍵十字をかたづくったダンサーたちを

鏡で観客に見せるシーンなど、いったいこのアイデアはどこから

あふれてくるのかと感動を通り越して怒りすらわいてくる。

 

友の裏切りにあい、独房で一人、これまでの回想を歌いきる

シーンもあった。今まで見せてきた代表的なシーンを、物真似を

まじえながらフルスピードで再現するネイサン・レイン。

音楽の展開と、彼の集中力には思わず拍手してしまった。

役者人生の集大成と言っても過言ではないだろう。

 

どのシーンをとっても、人生とは、人間とは何かを雄弁すぎる

ほどに語りかけながら、常に笑いを忘れない。

 

その中で、ワレが一番動かされてしまった言葉はこれです。

 

「レオ・ブルームだって、人生に花を咲かせたい」

 

単調な仕事と横暴な上司に耐える冴えない会計士が

夢のために悪事に手を貸すことを決意した瞬間の言葉です。

 

この切実な思いによって、人生を切り開く人もあれば

人生を棒に振る人もいるに違いありません。

 

成功も失敗も紙一重であるからこそ、この一言は重い。

それを笑いの中に見せる「プロデューサー・メル・ブルックス」は

いったいどんな頭脳の持ち主なのか。

眠れない日々を生きているに違いありません。

そこから永遠に残る名作が生まれる。

 

すごい、すごかった、本当にすごかった・・・

もうすぐ転職する友への最高のプレゼントができました。

Rと、ジェントリーズに向けて、最後に一言。

 

「脚を折れ!」

 




この記事へのコメント

5. Posted by salsaconsulRIO   April 24, 2006 23:53
でた、RYUちゃんのぜんぜんわからないのになぜかハートずっきゅんの「擬声語」。うん、まさに。ケラケラガビョーン。みんなうまいことひとり遊びしてるんじゃ〜ん♪
4. Posted by RYU   April 24, 2006 23:01
(^O^)後ね、俺の最近読んだお薦め本!
〔作者いしい しんじ〕
〔タイトル。トリツカレ男☆〕主人公ジュゼッペは興味を持った事に、とりつかれてしまってるかの如く夢中になってしまう青年。
そんなジュゼッペがある日の晴れた昼下がり。公園で一人の風船売りの少女に恋をしてしまう「彼女にとりついてしまう」。一途で真っすぐなジュゼッペの行動や言葉に感動する事間違いなしo(^-^)o新潮文庫より出版されてるので読んでみて★
3. Posted by ryu   April 24, 2006 22:49
いやぁ!プロデューサーズo(^-^)o良い映画過ぎました!!
うまく言えないけど観てる間ずっとね、ウキウキワクワクケラケラガビョーンって感じだったよ☆
幸せすぎる映画だったなぁ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
2. Posted by salsaconsulRIO   April 24, 2006 14:45
みんなの力を合わせて駄作ができちゃうこともあるから映画ってこわいね。おすすめ一覧ありがとう!サルサレッスンとあわせて上映会もやりたいねえ。飲みながら。
1. Posted by kaoru   April 24, 2006 08:49
映画と言えばホント感動するものもあれば、「あ〜駄作だ!」っていうものもあって。
 プロデューサーズ自分まだ見ていないけど、是非見てみたいです。
 自分として、映画でお勧めできるのは、「ゲーム」とか「最後の恋のはじめ方」とか「コンスタンティン」などたくさんあります。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索