February 24, 2006

理詰めでものを考える

まずは荒川静香さんにおめでとう!
みんなの溜飲が下がったね。

大事なときに集中とリラックスの両方ができたことが
すごい。
どんな人が金メダルにふさわしいのか、あらためて実感
できました

若いときの挫折を自分でちゃんと花にして咲かせる
意志の強さ。
いつものことだけど、私もがんばろうっと。

昨日、私の所属する志魂塾という交流会で東京都議会
議員の早坂義弘(はやさか よしひろ)さんのお話を
うかがってきました。

肩書きから「うわ、えらい方がお越しになるんだ。緊張する・・・」
というのは昔の話。早坂さん(あえてセンセイではなく、
このように呼ばせていただきます。きっとそれを喜んで
くださる方だと思いますので)は昭和43年生まれの37歳。
とてもお若くて瞳の澄んだ、これまでの「議員さん」の
イメージからはかけはなれた方でした。

ご専門は防災対策。
新潟中越地震を例にとって次のようなお話をされました。

「地震のあと、被災者の方々の間をまわって『今何が必要ですか』
とうかがうと、家に帰りたい、とかお風呂に入りたい、などと
おっしゃる。それをひとつひとつくみとって実現してさしあげれば
次の選挙には有利でしょう。
しかし、一番聞いてあげなければならないのは、亡くなった方の
声だと思うんですよ。もし、さっきごらんいただいた(スライド
にて、お亡くなりになった方のご遺体を見せていただきました)
方に『今何が言いたいですか』とうかがったら、絶対に
『強い建物をつくってほしい』とおっしゃるに違いない。

倒壊した家屋に対する補償金として事故後に400万円ずつ
お支払いするのと、今ある家が倒れないようにするために
事故の前に200万円お支払いするのと。お金の使い道として
どちらが有効でしょうか。

新潟中越地震の際、95パーセントの方は即死されています。
地震のあと、時間がたって衰弱してなくなられる方はわずかで、
ほとんどの方がそのとき、その場でお亡くなりになっているわけです。
つまり、ぐらぐらっときた瞬間にどれだけ強い建物にいたかが
命運を分けるのです。」

このお話をうかがって、私はやっぱりこの方は「えらい人だ」
と思わずにいられませんでした。

理詰めで物事を考え抜くことを、早速、今日から実践しようと思います。

追記:早坂さんのお話は順番のみ変えさせていただいております





salsaconsul at 13:17│Comments(0)■SALSA FRESCA泣き笑い 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索