January 2012

January 29, 2012

一生に数回の一回

今まで起こったいろいろなことが今日のパフォーマンスのためにあったとさえ思われる。会場のみなさんの好意厚意期待の気持ちがこんなにダイレクトに信じられるとは、ワタシのビビりで晩生の性格からいってありえないことであります。
チャンスをくださったプラチナサルサさん、寒い中ご来場くださったサルサダンサーのみなさん、ワタシの振付を演じてくださるパフォーマー一同、自らの出番でなくとも会場を訪ねてくれる生徒たち、Kzさんはじめこれまで出会った全てのサルサ関係の方々に限り無き感謝を申し上げます。
ワタシはどうやらサルサを生涯に渡って続けることができるような気が今晩はいたします。同時に今夜のような晩はもう二度とないであろうという気もします。
芸事で何か「できた」という気持ちになれるのは一生で運がよくて数回でありましょう。幸福は自分の中をいくら掘っても見つかるものではなく、お会いした誰かの目の中笑顔の中にあると今夜わかりました。わあすごいすごい夢のようだ。みなさんありがとうありがとうありがとう!また会いましょう!



January 27, 2012

レ・バニラに期待して!!

les vanillesと本番前最後の合わせをやってきました。物憂げな
チャチャ:Carta Anonimaの発表はこれで三回目。今回は私抜きのKai&Giulliettaの二人で踊ってもらいます。楽なパフォーマンスというのは存在しないもんですが、この作品はステップ・フォーメーション・表現のうち特に「表現」の面が非常に難しい曲です。今回は自分が観る側に専念することで、この曲をどう料理したいのかはっきり見えた気がします。二人の身体から出来上がる絵の隅々・どんな顔してどこを見るかまで細々と注文を出すことができました。今回les vanillesは一気に垢抜けますよ「ワタシが抜けて垢抜ける」というのは無念なのではありますが、外からの目に徹することも演じるのと同様に学ぶところ多しと実感しています。今日の練習の最後のダンスを皆さんに見せたかった!そもそも曲自体が泣きたいような雰囲気してるところへ、目頭が湿っぽくなるほどの出来だったのです。複雑なステップと思い切ったポージング。動と静の連続で踊る二人は当日どれほど緊張するかと思いますが、皆さんの深いところに必ずや届く一作になると確信しました。ぜひとも応援にきてください。そして感想をうかがいたいですねえ・・・!!!ほんとに楽しみです。

トップバッターを飾るR10によるCan't take my eyes off of youは今回が二度目の発表です。こちらも私抜きでは初めてで、前回と一部振り付けやフォーメーションが変わることもあってメンバーは苦労しています。あーるてんは「そのまんまわかりやすいかわいさ」がテーマです。どんなテーマであっても結果的には「どれだけメンバーが一致団結して同じタイミングで同じアクションをとれるか」で勝負が決まります。堂々と大見得をきるくらいの勢いでスタートを飾ってほしい。祈るような思いで送り出すR10です。

最後はKz&RIO、つまりおいらたちのMe gusta Boogalooです。今回で三度目、衣装をがらっと変えます。これまでは兄貴と弟分みたいなイメージでやってきましたが、今回はおいらが「女性の役」をやります。わはははは。勝負はボディムーブメントと脚力です。特に、脚!超スピードのシャインが2セットありますが、これを今回はパンツスタイルではなく思い切ったミニスカとハイヒールで踏み抜きます。練習はもうやるだけのことはやったという感じで、あとは当日元気いっぱいの状態で皆さんの前に飛び出せるか、純粋なエネルギーの量の問題だろうと。ばばんと皆さんに向かって投げかけるような踊りを踊りたいですね。
さあ今年最初の大一番まで秒読みです。



January 22, 2012

灯りを消して

昔ミドリちゃんに「持ってていいですよ〜」と貸してもらったINDIAのUNICA。そのとき彼女に「これでもかっていう感じのロマンティカばかりです(言外に『あまり期待しないでくださいね』)」と保障(?!)されてありがたく本当にお借りしたまんまになっているんですが、これが噛めば噛むほど味のでるロマンティカで「やっぱり自分もここなのか」という恥ずかしい戸惑いを禁じえないほど聴き込んでしまう。特にTurn off the lightはタイトルも歌詞も曲調も何もかもが清々しいほど恥ずかしい。「ワタシ今夜はロマンチックな気分なの。一緒にシャワーを浴びましょ」と野太い声でインディアが誘えば「灯りを消して灯りを消して(apaga la luz)」とコーラス隊が応じるのだった。

これを読んでしまったあなたはもう真顔でこの曲を踊ることは難しいでしょう。しかし突然笑い出したら相手が怒ります。だから灯りを消して目を閉じて、一生懸命集中して踊りましょう。もちろん私もそうします。うまくなるよ。



January 21, 2012

理由はわからないけど食べておくとよい

二ヶ月の間カラッカラだった空のどこにこんなに水が貯まっていたんだろ。絶対人前で泣かない人がいざ泣いたときにゃあこういう感じになるのかなあ。雪の降った昨日は三組合同リハーサルをやりました。喉枯れる枯れる。でもこの「トリクム」っていう感じがいいな。トリクミって相撲か。お正月明けてからはほぼ毎日練習なんですが体調はすごくいいです。ちょっとびっくりです。随分体重を増やしたのとトリヒキでもするように頚のイタイのがなくなったんです。これにはずいぶん驚きました。だってもう二年くらい毎日イタイのが突如なくなるんですよ。びっくりしますよ。万人にそうだとはいえないのかもしれませんが、「これまでと比べて体重が急に減ってそれと同時期に頚がイタクなった」という方がいたら参考にしてください。山ほど休んでちょっとツライくらい食べると治るかもしれない。カラダは人知を超えた領域でチクタク動いており、それはものすごく複雑怪奇でありながらもしかすると最後はすごくシンプルな結論に落ち着く場合があるのかもしれない。イタクないというのはそれだけで天国で、肉や魚やチーズをたくさん食べさせてくれた友人知人には心から感謝している。便利になった昨今ではもう理由のわからない「お正月にはたくさん食べる習慣」という井戸は、見た目より深い可能性がある。おかげで毎日楽しいです。



salsaconsul at 22:34|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

January 17, 2012

「コン朗」と「よカッパ」

以前、サルサイベントの「踊らナイト☆」的なネーミングはいかがなものかという話題でコメント欄が小火をおこしたことがあったんだけれども、今日近所を歩いているとなんとなしに「カセットボンベ・コン朗(キツネのキャラクターが描かれている)」とか「探してよカッパ(引越し屋の宣伝でカッパが荷物を運んでいる絵が描かれているが、よく晴れて暑い日にも働いてくれるのかどうかという点で不安がある)」とかいうのがやけに目にとびこんでくるのはどういうことなんだろうか。この手のダジャレ系広告の「うまいなあ」と「やれやれ」の境目がどこにあるのかわかるように解説してくれる人はいないだろうか。また、「網戸虫来ない」のようなネーミングにはたとえば「直球系」とかいうような方法論が名付けられているのか、そのへんも教えてくれる人がいるとハレバレする。

さて、日曜日の年明けレッスンが異常に楽しかったという話。この日は前日246号線沿いを15分歩いただけで喉に粉塵が突き刺さって絶好調から絶不調に転落した日だったにも関わらず、レッスンは燃えに燃えた。常連さんたちが新春おおいに顔を出してくれたのと、新しく加わってくれたメンバーがすごく「心根のやさしい人たち」ということがわかってなんだかワタシがうれしくなったんだと思う。教えることもいっぱいあったしクラブにおりてからも随分踊った。こういう感じを表現するうまいネーミングがあるといいんだけれども。日曜日の16:30−17:30のコマはサルサ基礎という時間なんだけれども、私の教えキャパがまだ十分余っているので、一曲余裕持って踊れるようになりたい人+クロスボディリードインサイドターンとかダブルターンとかバタフライの類をもっと極めたいという方も一月中ぜひご参加ください。そして2月か3月のどこかで「サルサ入門」のコマを設定したいと思っております(このネーミングがつくコマははじめての方専用の時間です)。

お正月をはさんで街を歩く人の顔が明るくなったように見える、と家人が言っております。そういえばワタシもそうかもしれません。いっぱい遊んで食べて随分元気になりました。みんなとともにいい時間と笑いを作り出していきたいものですな。今晩もシモキタでよろしくなのである。



January 13, 2012

今年の教室に思うこと

火曜日に仕事が明けまして以降水木金土日とずっとダンスです。
こういう状態は「気付くとそうなっている」という感じで、やっぱり働きすぎの性なのかなあ、おかしいなあ。

火曜日は下北沢のシリーズがあります。Kzさんとの練習を水曜日にやります。木曜日にはles vanillesとみっちりです。金曜日はプライベートレッスンと自分の練習をこれまたみっちりです。土曜日はR10とべったりの予定です。そして日曜日は新宿でレッスンをします。どれも必然的にそうなってくるという感じです。

私が去年がっくり体調をわるくしたので生徒さんが随分シンパイしてくれているようです。元気が売りの商売でこういうのは自分としても不本意なので、この年末年始はぱっきり仕事を断ちました。ふっていただいた仕事をお断りするなど自分の大の苦手ジャンルですが、今回はとにかくやりました。NOということ。原因不明の体調不良から抜け出す第一歩はここにあるだろうと思います。口で言えないことは身体が痛みという形で表現しようとする、という考え方を今現在の自分はかなり深く信じております。

結果どうだったかというと、二週間仕事を断つうちに「身体のどこにも痛みがない」状態を何年かぶりに経験することができました。これは非常な驚きでした。昨今の自分はどこかここかがイタイという状態が常態化(めんどくさい表現ですみません)しており、イタさに耐えることがあたりまえとなっていたのです。家人によるとイタさというのは脳に対するノイズになるのだそうで、それにより脳が疲弊する(何もしていないときでも、ということですね)ということが自分の実感をもって間違いないと思われます。

そこから今度は痛みが発生する瞬間を確認することもできました。これもまたたいへん有効なことでした。総括すればどれも「ストレス」のひとことですが、それらを「逃げるべき(逃げていい)ストレス」「乗り越えて自分の成長につなげるストレス」「考え方を変えることによってストレスをストレスでなくする」などの脳内グループ箱に整理していくわけです。その判断がうまくできると痛みがすっと消えます。

こういった作業がうまくいっているようで、いきなりトップギアに入ったこの年明けをこれまでのところ順調にのりきっています。照準はまず第一に1/28の三組連続パフォーマンスにあてられています。各メンバーにもKzさんにも自分自身にも、それぞれに超えたい課題があります。私に関しては今回衣装を大幅に変えシューズも変更しますので、それに対応できるだけの筋力と柔軟性を強化するという大きな課題を持っています。特にフロアーをねっとりと捉えて離さない脚力が課題の筆頭となっています。

照準その二として、クリスマスパーティーや新年会で確認することのできたこの教室のらしさ、いうなれば「絆」のようなもの(・・・こっぱずかしいですねえ)を今年いかにつなぎ育てるかということです。イケイケドンドンと太鼓を打ち鳴らすやり方は今の自分にはあっていません。しかし私が思うよりも、メンバーが結婚したり出張で遠くに離れたりして一瞬ばらばらになりかけたこの教室の絆は、想像を超えて強い「より」とか「巻き」を持っているように感じられます。出会いはいまや、年代問わず多くの人々が祈念する何よりも強く激しい願望といってよいでしょう。この教室はそれを確かに手にすることのできる場でありえます。私はそれを目的に皆さんに集まってもらおうと思って教室をやっているわけではありませんが、結果的にはここでの出会いが爆発的な友情と喜び、恋、最後には結婚へとつながるシーンを何度も目の当たりにしてきました。そういう決定的な出来事をこの細腕でもってやれたということは、自分の人生として本当に数少ない小さなダイヤであると誇りたい。そういう理由で、今年の自分にはまだ気付いていない大事な仕事があるのではないかと感じています。

今度の日曜日が新宿レッスンの年明けになります。一本だけですがスパークリングワインを持っていきますので2コマ目と3コマ目の間に空けましょう。今年の新宿メンバーがよい人間関係を築き同期として長くサルサ友達・あるいはそこから恋愛へと発展することを祈念して乾杯しましょう。それから1月の下北沢レッスン生は1月の新宿レッスンを500円引きにするキャンペーンをおこないます。2500円→2000円、2000円→1500円という具合です。レッスン内容は下北沢を踏襲し、より深く確実に踊りこんでもらえるようにし、メンバー間の交流を促進し、何より大勢でわいわいと練習するあの楽しい雰囲気を盛り上げていきたいのです。ここ一年で2010年頃から加わったメンバーはほぼその前の世代の力に追い着きました。新宿レッスンはクリスマスパーティーで新しい可能性を見出しました。料理と酒があり、照明を落とし、参加者の交流がさかんにおこなわれる雰囲気。時間や曜日の変更もありうるでしょう。場所の変更も視野にいれてよいでしょう。より楽しく、より盛り上がり、より新規のメンバーが入ってきて人と人が網目模様を描いてつながっていくレッスン場所を作っていきたいと思っています。アイデアやご希望がありましたらぜひおきかせください。またこれらを可能にするのは参加するメンバーさんのキャラクターに大きくおっています。異性・同性ともに語らえる、おいしいものを発見したときには嬉々としてそれを皆に試食させる、得意ジャンルとコンプレックスが仲良く拮抗している。そのような皆さんに集まってもらえば今年も結婚ラッシュ間違いないでしょう。本年の大いなる盛り上がりを演出すべく全力投球でいきます。昨年までと違うのはそこにいかなる痛みも生じない形でやるのだということです。このブログは体調がすぐれない方にとっての情報源にもなっているようです。痛みに感謝し、軌道修正をするのです。私と似た痛みを感じているブログの向こうの皆さん、まず自分のために生きるのだということを確認してください。



January 10, 2012

年明けです。

丸二週間ぶりのレッスンを前にどきどきです。

久しぶりなんてもんじゃありません。
サルサが新鮮に感じられたくらい曲に心動かされました。
ゆすぶってきたのはLatin Jiants od JazzのTengo que Conformarme。今月のテーマ曲にしようと思います。セクションごとにスポットがあたるようにいろんな見せ場が作ってあってアドレナリンがばしばしすごいよ。
バチャータは女性の両手をくぐりぬけるように男性がアウトサイドでまわってくるトリッキーな技が今日のテーマです。

20120109下北沢ボデギータ新年会 017


掲載の写真は昨日の新年会のものです。童心にかえってわいわい遊びました。下北沢ボデギータさんのお料理は最高にうんまいです。ぜひお運びあれ。

仕事に復帰するとパソコンの前に座れる時間が短くなるのがもどかしいですが。とにもかくにも教室の新年は今日からスタートです。ご参加の方は後ほど!



January 08, 2012

年末年始の話

この年末年始は随分あちこちでご馳走になりました。
続きを読む



salsaconsul at 15:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

January 07, 2012

新年おめでとうございます

皆さま

寒波の中にあっても日々あたたかい陽差しに恵まれる今年の年明けです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

1/9(月・祝)4pm-7pm 下北沢ボデギータで新年会を開催します。

2500円のバイキング。ドリンクは各自カウンターで別途注文ください。

うんまい食事ですからお乗り遅れのないように!

会場にはダンススペースを作ります。

小さいお子さんのご参加も歓迎します。

ご参加希望の方は前日までにメールでご連絡ください。
十分な食事をいただくためには人数派握が要です。
ご協力どうぞよろしくね。

ではでは会場でぱあっとやりましょう!








salsaconsul at 13:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
携帯にブログ更新を通知
出張・出演のお問い合わせ
RIO presentsSALSA FRESCA TOP
これまでの記事
記事検索